歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.04.21[土] 四国遍路をプランした

先週の「サライ」が「四国遍路 サライは、こう歩く」という特集だった。
要点を抑えた編集で、入門編としては充分だった。

行程およそ 1,200km。
1日平均24kmで歩いて50日、自動車で回っても8日はかかるとのこと。

徳島県:発心の道場(01霊山寺~23薬王寺)
高知県:修行の道場(24最御崎寺~36延光寺)
愛媛県:菩提の道場(40観自在寺~65三角寺)
香川県:涅槃の道場(66雲辺寺~88大窪寺)

「発心」の徳島は…
十番・切幡寺まで札所が密集し、巡拝の作法を身につけるのに最適な区間。
十二番・焼山寺の「遍路ころがし」をはじめとした難所が続き、海に出て高知へ向かう。

「修行」の高知は…
4つの道場で最も距離が長いが、札所の数は16と一番少ない。
ひたすら空と海の間を進む姿は、己を試す修行に他ならない。

「菩提」の愛媛は…
内陸に入り、山岳信仰の聖地、石鎚山を遙拝したあと瀬戸内海に入る。
荒々しい高知の海と違い、瀬戸内海は穏やかで、ありのままの自分を知るという菩提の静けさがある。

「涅槃」の香川は…
弘法大師生誕地の七十五番・善通寺を巡り、盾のように立ちはだかる女体山を越えて、八十八番・大窪寺で悟りの境地に達する。

…など「へぇ」と思うことが多かった。

ボクはもちろん歩くつもりで、通しで回る「通し打ち」が理想だけど、50日まとめてというのは無理があるので、一国参り(1県ずつ4回で回る)か、数カ所ずつ回る「区切り打ち」になるなぁ… などと妄想してみた。

そして、オリジナルの廻り方を考案した。
お遍路の装束に身を包んで、廻るのだが、一切のお寺にお参りをしないという方法だ。
  お参りしないんですか?
  そうですよ。歩くだけです。
  は? それおかしくないですか? 変よ。
ということで、「遍路」ではなく「変よ」を行うっていうのはどう?

遍路は己を知る旅。
人の性質と行いを「性行」という。
この「性行」と「性交」をかけて、二社に一回の割合で性交をして、1回の性交では一つの体位しか使わず、四国一周で、四十八手を達成するのだ。
しかも、「南無大師遍照金剛」を唱え、千回目に昇天する。
なにしろ、同行二人。 空海が付いている。 一種3P状態。
一回、一回で何らかの境地に達するはず。

八十八番・大窪寺は「打ち留め」です。

スポンサーサイト

Comment

2007.04.22 Sun 11:00  

歩いている人は大変ですが皆いいお顔されているようです。
納経帳を持っていきましょう♪
  • #HfFRxxAI
  • 桜 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/857-67aaed99

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。