歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.29[月] 3/7の大罪



ルシファーはアスモデウスを見つけ、猛アタックの末、付き合ったのだが、その熱しやすく冷めやすい性格故、アスモデウスがうっとうしくなり、嘘を言って無理やり別れた。
数年経ち、アスモデウスは偶然ルシファーを見つけてしまう。
しかし、ルシファーには声を掛けず、隣に居たベルフェゴールに近づき始めた。
アスモデウスは、ベルフェゴールのことを、以前ルシファーから聞いていた。
ベルフェゴールは隙だらけなので、ついつい寄って来たアスモデウスに手を出してしまう。
数日経ち、ベルフェゴールはアスモデウスから、ルシファーの枕元でした恥ずかしい話や悪口を聞かされ、アスモデウスがどうして自分に近づいたかを知ってしまう。
ベルフェゴールは、アスモデウスの熱烈ぶりにうんざりしてしまい、同時にルシファーにも怒りの気持ちを持った。
普段は流されて生きているベルフェゴールも、さすがにエスカレートしていくアスモデウスに耐えられなくなり、嫌われキャンペーンを展開した。
アスモデウスもさすがに頭にきたようで、ベルフェゴールにクレームを付けるようになった。
キャンペーン大成功。 ベルフェゴールはアスモデウスに絶交を告げる。
アスモデウスはベルフェゴールにツバを吐いて去っていった。
ベルフェゴールは再び穏やかな日々を手に入れた。
数日後、ベルフェゴールが久々にルシファーを訪ねてみると、ルシファーの家のドアを叩き、中の様子を覗くアスモデウスを見つけた。
ベルフェゴールはアスモデウスの執念に驚くとともに、居留守を使っているルシファーの困った顔を思い浮かべると、楽しくてしょうがなくなり、小躍りしながら家に戻ったとさ。


以上、約3人ぐらいしか分からない話でした。
くくく。楽しい~~~!
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/740-3f47c908

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。