歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.22[水] 貧相な顔の犬

家から駅への道中、日本舞踊を教えているらしい戸建ての家がある。
外見は静かな感じで、人の気配があまり感じられない家だった。
最近、表に犬が繋がれている。
その貧相な顔といい、年齢といい、たぶん、保健所で引き取った犬だろうと思われる。
かつての飼い主に虐待を受けていたのでは?と思える陰を携える犬だった。

先ほど、最終電車で帰って、トボトボ歩いていると、寒空にその犬が表に出ていた。
近づいてみると逃げないので、性感帯の首をゴシゴシしてやった。
寂しかったんやろ?
しかし、この貧相な顔の犬はボクの顔を見ようとしない。
この野郎!ゴシゴシしてやってんだから、オレの顔を見ろ!とばかり、無理やりグイっと顔をボクに向かせた。
ほんと、こいつは今までこういったコミュニケーションができてないのだな?と思うぐらい、今度は、ジ~とボクの顔を見たまま、視線を変えなかった。
少しは嬉しそうな顔をしろ!と睨んでやった。
貧相な顔は変わらなかったけど、ボクが敵でないことは、今夜通じたハズだ。

今度から、お前の前を通る時は、ボクの視線をちゃんと見て、シッポを振るまで、お前の前を動かないぞ。と念を送り、ソイツの前を離れた。
餌とかはやらないけど、ボクはお前の心の友だ! ちゃんと、挨拶しろよ! ってコトだ。
動物とは秘密の関係を持つことが楽しい。
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/612-00b261f9

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。