歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.12[木] Yahoo!ケータイ~SoftBankの対応経過 01

こんな忙しい時期にG3に変えたのが失敗か、SoftBankのロゴが入った機種にしたのが間違いか、携帯のメールサーバに来たメールの削除などメールサーバのコントロールができず困っている。
もうすでにメールサーバの容量を超えるメールが来ており、メールの送信者にダエモンさん(MAILER-DAEMON)からメールが届く状況が続いていて、メールが送れないんだけど、どうなっているんだ?などとクレームの電話も来ており、仕事はモチロン、プライベートにも支障をきたす状況が続いている。

少しでも時間が欲しい時期ではあるが、2度ソフトバンクショップに通ったものの状況は改善せず、現在原因調査の結果を待っている状況だ。
メールを送れないぞ、とクレームを付けてきた人には状況を説明するのだが、オレが行ってやろうか?という人までいる。
この人のアルバイト(もしかしたら本業)はクレーマーで、当事者の代理人となって事件に顔を突っ込み、入った保障の2~3割を取っている。 最近離婚の危機にあり、ちょっと気持ちが荒んでいることもあったりして、ストレスの解消を兼ねて、積極的に提案してくるのだが、あまりコトを荒げたくないのでモチロン断った。
しかし、ショップで、今日中に直してくれ、と注文を付けて居座ったり、大声で怒鳴り散らすなどはっきり分かりやすい行動も考えなくてはいけないかもしれない。


携帯電話はそもそも音声通話を行うことが主たる機能であることは分かる。
しかし、メールやWEB、下手するとゲームが主たる目的の人もソコソコいるはず。
現在の興味は、Yahoo!ケータイなどとWEBとの連携を詠っているSoftBankがその辺りのコトを当然踏まえた上で、どのような対応を取るのかということだ。
放っておけば、必要最低限度のサービスを供給せず、ちゃんと料金だけは徴収される可能性が高い。


日常生活に支障をきたされ、無意味な心配をする日々を送らされている者としては、会社の姿勢を記憶しておく必要があると考える。

松下電器がガスファンヒーターの事故の件でひつこく自社のネガティブなCMを流した。TVのインタビューで社長が言っていた。「現代はインターネットの社会。嘘を言ってもすぐにバレる。」
ホームページやブログなどで個人が情報を発信する時代であるコトなどわざわざ言うまでもない。
サスガはソフトバンク!と言いたくなる展開を期待する。


つづく




10/04(wed)
vodafoneブランドの携帯をSoftBankブランドの携帯に機種変更する。

10/06(fri)
メールサーバのコントロールができないので、都内のソフトバンクショップに質問しに行く。
対応してくれた店員は、珍しい状況とのコトで本部と連絡を取りながら、30分ぐらいさまざまな対処するも改善せず、仕事がたまっているボクは携帯を預けたまま一旦事務所に戻り、1時間後に店に戻る。
結果、状況は変わっていなかったが、アレコレ触っている内にサーバのメール削除に成功。
店を出る。
帰り道、サーバのコントロールを試すも失敗。まあ、そのうち直るだろうと高をくくっていたが、その後も失敗続く。

10/11(wed)
メールサーバの容量がオーバーし、メールが受信できない状況続く。
やっと時間を見つけ、再びソフトバンクショップへ。
前回と同じく、コントロールできない原因は、本体でもシムでもないことを確認。
そう何度もこんな馬鹿馬鹿しい時間を潰すワケにはいかないので、店で粘るも前回と違い、偶然の幸運は起きず、コントロールできないまま。
当然、クレームを伝える。
回線の問題ではないかと思われ、原因究明に2~3日かかると伝えられる。
現時点でいくらクレームを付けても意味がないと判断し、次のアクションを待つことにした。
スポンサーサイト

Comment

2006.10.14 Sat 16:31  

DoCoMoはFOMAが地方では電波が使えないので、いっそのことauに変えて、ひーちゃんとメル友になりましょう!ヽ(^◇^*)/ (笑)
  • #-
  • ひーちゃん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/572-bce090e8

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。