歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.06.17[土] 港区と港区住宅公社の姿勢

今更コメントすることはないですけど、補足的な情報として…

エレベーター死亡事故
異常 何度も区に指摘

 「エレベーターがおかしいと言っていたのに…」。東京都港区の公営マンション「シティハイツ竹芝」で、高校二年生の市川大輔さん(16)がシンドラー社製のエレベーターに挟まれて死亡した事故について、同マンションに住む男性(39)は、何度も異常を区に指摘したにもかかわらず、事故が起きたと語ります。

 地下二階、地上二十三階建ての同マンション(約二百五十人居住)には、エレベーターが二基。そのうちの一つで事故は起きました。マンションがつくられた当初から、男性は両方のエレベーターで異常音や振動が気になっていました。ドアが開かなかったり、床から十五センチほど下がって止まったことも。
 ことあるごとに男性は区に改善を要望。三月末にも区役所に立ち寄り、「エレベーターの不調をなんとかしてほしい」と担当者に話していました。その際、担当者は「トラブルが多くて、おはらいでもしたいぐらいだ」ともらしたといいます。
 区や港区住宅公社はトラブルを認識していました。一月に住民が区に調査を依頼して、公社がシ社に問い合わせていたことも分かっています。しかし、五カ月がたっても解決されないままでした。
 事故五日後の八日の住民説明会で、公社の担当者は「エレベーター会社に早く回答を出せといった。催促したが回答はなかった」と弁明。区が作成した説明会議事録には、住民の怒りの声が記されています。「そのときに動きさえあれば」
 男性はいいます。「ひどい話でしょう。住民はみんな危険にさらされていました。いつか事故が起こると話していたんです。たまたま市川さんが…」
 現在、エレベーターは二基とも動いていません。住民は階段を使って生活しています。男性は家族四人で高層階に住んでいます。事故後、片方のエレベーターが動いた時期がありましたが、男性はエレベーターに乗りませんでした。「原因が分かるまで、子どもをエレベーターに乗せたくない」
 住民のなかには、マンション以外のエレベーターも「こわくて乗れない」という人がいます。男性も「家族は精神的にも肉体的にも疲れている」といいます。
 マンションには体に障害を持つ人も多くいます。緊急のときにどうしたらいいのか、不安が募ります。男性は「わたしたちは普通の生活がしたいだけです。安全な生活ができる状況をつくってほしい」と話しました。

2006年6月16日(金)「しんぶん赤旗」
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/465-a1df5091

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。