歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.18[火] 充電池の寿命について

2時間とか携帯で電話することもあるのに、充電メンドーマンであり、話の途中で充電が切れないかヒヤヒヤすることが多い。
ご多分に漏れず、いつもデジカメを携帯しているのに、いつも電池の残量が不確かである。
そのくせ急に行ってみたいトコができたりするものだから、たまにバッテリー切れを起こして、写真が撮れないことがある。
なぜ、充電をあまりしないのかと言うと、意味なし貧乏性のせいで、“充電池は空になるまで使ってから充電しないと長持ちしない”という記憶のためだ。
でもってよくよく調べてみると、「メモリー効果」というものがあって、電池を完全に使い切らずに繰り返し使用することで、電池を放電(機器駆動)する際の電圧が通常より一時的に低下し、通常より使用時間が極端に短くなることがある。…とのこと。
しかしこれは、ニカド電池やニッケル水素電池に限ったことであって、リチウムイオン電池には無関係であるとのこと。
デジカメも携帯もリチウムイオン電池なので、メモリー効果は関係ない。
それで、さらに調べてみると、「満充電」と「過放電」が電池の寿命を短くしてしまうとのことで、以下のことを守ればいいらしい。

満充電状態にしない=充電器にセットしたまま放置しない。
過放電状態にしない=使い切った状態で放置しない。使わなくてもたまには充電する。

なるほど、使わなくなって、久しぶりに充電して使ってみたデジカメがすぐにバッテリー切れになるのは、過放電が悪いようだ。


パナソニックの充電池は、充電中に緑のランプが点いて、充電完了で消える。
オリンパス(コニカ、ニコンなども)の充電池は、充電中に赤のランプが点いて、充電完了で緑に変わる。
面倒臭い!
スポンサーサイト

Comment

2006.04.18 Tue 13:30  

僕もデジカメの電池すぐなくなるんですよ。フジフィルムのデジカメレンズはニコン製でした。空をオートで撮ると真っ青な青になりますが、海と空を一緒に撮ると青さが薄くなり肉眼と変わらない色になることに気づきました。う~んフジフィルムの本格的なデジカメが欲しい。去年発売だからまだ新しい部類だし。
  • #-
  • 尚草紙 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/401-344bac53

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。