歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.05[水] 年度の変わり目の出来事-2

(「年度の変わり目の出来事-1」からのつづき)

予定よりも3時間遅れで仕事を仕上げ田町へ向う。何かと乗り継ぎが悪く、いつもより時間がかかる。
約束時間に遅れたことを担当者に非難される。当然だ。
しかし、何とか納まった。
開放感に包まれる。

家に戻って寝たいのだが、外に出ればいい天気。
「桜を見に行こう。」
ワンパターンなのだが、芝公園方面に向う。
芝公園


ブルーシートが敷き詰められている。
このブルーシートは、その丈夫さやコストパフォーマンスから選ばれやすいのは分かるが、何と見苦しいのだろう。
ここにもデザインが必要だ。当方アイディアあり!商品化だ!
しかし、いくら桜が見事だとはいえ、東京はこの日も寒い。
夜は更に寒いだろう。花見をしながら酒を飲むというのは我慢大会ではない。桜が見える屋内で酒を飲むならいいけど… って誘われてないけど。

公園内小山の頂に伊能忠敬測地遺功表なるを発見。
桜がないせいか、この頂の広場はブルーシートもなく閑散としている。


木々の間から増上寺の裏側が見える。

東京のど真ん中にこんな石段がある。


石段を下りて、開けた方に道を反れると、東京プリンスホテルパークタワーのお庭に迷い込んだ。
左の白い建物は、森のチャペルというらしい。




なんとも贅沢な広場でした。
増上寺に向う。




増上寺周りの墓地は猫が多い。
こういう光景を見ると、猫が神様の使いのように見える。
お供え物でも食べているのだろうか、まるまる太った猫ばかり。
増上寺



西向観音と千躰子育地蔵尊。
なんとも華やかではあるけど、水子を祭っているワケでしょ?
水子とは、流産または堕胎した胎児。
かつて、貧しい頃の日本のソンには必ずホオズキがあって、子供ができても育てられないので意識的に堕胎させたという。
子供は“授かりもの”であるが、ある時は快楽に溺れるあまり止めておけばいいものを、もう一振りした結果出来てしまった子供を殺し、ある時は気を付け、ゴム付けたにもかかわらず出来てしまった子供を殺し、ある時は強姦などにより望まぬ子を殺す。
ボクは自分のガールフレンドでもない女性のために2度ほど産婦人科に付き添ったことがあるけど、オロス行為は(遅くない限り)あっという間に終わるらしい。
心の傷がどの程度で癒えるのか個人差があろうが、自分の心の傷を癒すのが水子地蔵であり、殺された命に頭を下げているようで、実は自分を慰めているような気がする。

“子宝”という言葉もある。日本には宝が減っているのだ。
…とかくいうボクも(たぶん)子供は仕込むに至ったことがなく、宝減らし戦犯の一人。

さて、“ま○こ”の語源は、「万の子供を授かる」と言う意味らしい。
従って、あれは潮を噴かせて楽しむものではないのだよ。AV制作者そしてAVの影響者諸君!
ここで一句。
汐留(しおどめ)のホテルで潮を噴かせる野暮”/清明
余談だが、関西では“お○こ”と言うが、これは「女子(めこ)」から来ているらしく、こちらの意味合いでは含蓄性に欠ける。
だから、これからも、ボクは“ま○こ”と呼ぼう。(←こんな決意表明必要なし)
余談ついでに、“金玉”は「気だまり」「気の溜り(たまり)」から来たものと言われている。
思いのたけをぶつける行為が、SEXになろうとも、ある意味「気を吐いた」結果であると考えれば妙に納得する。(←男目線only)

徳川さん家のお墓がタダで見られるらしいが、この日は31日で至らず。

「継続は力」とある。最近正しくその通りだと思う。

増上寺正面に着く。


増上寺階段上より海側を見る。



三門から外を見る。このず~~っと先にJR浜松町駅がある。

都営以外の地下鉄を探し歩く。

ここは御成門駅。リリー・フランキーが“オ○ニー”の隠語で使う由緒ある駅。

地下鉄を探して歩くうちに、お馴染みの道迄辿り着いてしまった。
もう、馬鹿馬鹿しくなってきたので、またもや赤坂まで歩いてしまった。
事務所に着くと、若手から「清明さん。フラフラしてますよ。」と言われる。
そりゃそうだ。寝てもないし、頼まれてもないのにそこそこ長い距離歩いたのだ。

雑務を片付けていると、右翼の方から連絡が入り、「今夜飲みに行こう。」と誘われた。
本音は「今日は帰ります」と言いたかったのだが、体育会系の関係には、先輩の誘いを断る流儀はない。
脂汗が流れた。
ボクは今夜、睡魔と酒とに耐えられるだろうか?


年度の変わり目の出来事-3」につづく
スポンサーサイト

Comment

2006.04.05 Wed 18:11  増上寺

今年も命日に墓参り行けなかったな~。写真見て合掌。
  • #-
  • 尚草紙 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/380-af2ab951

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。