歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.16[月] ひとりでいること

ぱんた

福岡の実家にネコが3人いる。
その内の一人は、ボクが田園都市沿線に住んでいた時に買ったネコ。
色合いから、パン太(パンタ)という名前にした。
18年ぐらい生きていて、人間でいうと88歳ぐらいらしい。
実家に帰る度、お袋がボクに言う。
「あんたの家におったら、こんなに長生きしとらんよ。」
昨年死にかけて、生き返ってからケッコウ元気にやっているけど、いつ死んでもおかしくないぐらいヨタヨタしている。
お袋が言うとおり、ボクと一緒に住んでいたら、マンション暮らしで外に出られないし、一人ぼっちだし、寂しさと欲求不満でつまらない毎日だったろうし、刺身などおいしいものもほとんど食べられなかっただろうし、明日も生きたいと思うこともなく、すでに諦めて死んでいただろうと思う。

10年ぐらい前、ボクが住んでいるマンションから駅への道中に2匹の子猫が捨てられていた。
一匹は美人さん。もう一匹は兄弟か?と思うぐらいその逆。
一週間もしない内に、美人さんはアパートに一人暮らしの女の子に飼われた。
もう一匹はず~~っと飼い主が現れなかった。
1年も経たない内に、女の子は引越ししたみたいで、美人猫は見なくなった。
もう一匹は、近くの人が餌をやっていて、丸々太った。
今年の冬は寒かったので、年齢的にもそろそろヤバそうだなぁと思っていたら、今晩車の下にいるのを見た。
美人猫はどうなったか知らないけど、ボクはこの飼われることもなく寒い夜もあるだろう猫の方が幸せに見えるんだよなぁ。
一人でいる自由さって、馴れちゃうと、誰かと四六時中一緒に居るなんて耐えられるかしら?と思うものよね。ボクの場合。

人間を含めた動物は群れて生きるものだとは分かっているんだけどね…
スポンサーサイト

Comment

2006.01.17 Tue 12:55  気負い

一人でいる気楽さは一度味わってみたいものであり、味わうとその環境に慣れてしまう。自分の意志で気楽さを選択するときは、捨てるものもでてくる。「気」のブログにかかれてること、歳とともに衰えたりする気力。これは言い換えれば、時の流れの中に「気」がある種のバイオリズムにあるのではないか。歳ではなく時である。このバイオリズムには外的要因もある。つまりこの猫のように美人猫は女の子によって自分が望んでいたであろう、それまでの生活から抜け出た訳である。もう片方はバイオリズムによりまだ「気」がその生活環境に合っていたのである。
人間はある種の目的をもった集団を形成する。その中にいると人間同士の軋轢に疲弊を感じるときもある。しかし、望むと望まずに関らず美人猫のように集団に呼び戻される時がくる。そのときに「気」が合ってれば「気」が刺激され気力がでるのではないか。気楽さも気苦労も周期がある。
荒れ狂ったほうが気力が充実するかも。
  • #-
  • 尚草紙 
  • [URL]
  • [Edit]

2006.01.17 Tue 13:16  

最近、独身女性の間で、独りで行動する、独りの時間を大切にする、楽しむという傾向が都市部などで出てきているようです。

高級レストランからラーメン屋までも「独り」で行ったり。。
当然、マンションやアパートで独り暮らしなわけだけど、それでも独りがいいという女性が増えているそうですよ。

女子高生なんかは友達がいなきゃつまんない~って子が圧倒的なのに、独身も20代後半からくらいからは、どうも「連れ立って」というのが苦手になるらしいのね。

とは言うものの、また「オバサン」の年代になれば井戸端会議大好きの「徒党を組む」のが好きになるんでしょうけどね(笑)
  • #-
  • ひとみ 
  • [URL]
  • [Edit]

2006.01.17 Tue 18:38  

あら。ひとみさん、こんにちは。
なんだかボクもテレビで見たような…
「おひとりさま」でしたっけ?
あれは古い言葉で言うところの「独身貴族」だからムーブメントになるんでしょうね。
ボクみたいに一人「松屋」とか「デニーズ」で晩飯食ってたって、店員さんは「おひとりさまですか?カウンターどうぞ」って言ってくれるけど、単にオッサンが食いに来ただけだものね。
一度、サイゼリアで、店長が気を使ってくれて、パーティールームに通されて、広い部屋で一人呑んで、食べたことがあります。あれは一種隔離ですな。
  • #-
  • no name 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/274-b884cbc1

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。