歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.29[木] 「くらま」と朝鮮の船の事故に対し、政府の対応はおかしい。

朝鮮籍船は、海上のルールに従って進行方向の右側を航行していた。
  ↓↓↓
前にいた別の貨物船と接近した。
  ↓↓↓
これに気がついた前の貨物船から、北九州側にある海上保安庁の海上交通センターに「左側を追い越してほしい」と連絡があった。
  ↓↓↓
海上交通センターは朝鮮籍船に対し、前の船の左側を通って追い越すよう連絡するとともに、近づいてくる護衛艦にも注意するよう伝えた。
  ↓↓↓
事故発生。

第7管区海上保安本部は「あくまでも情報の提供を行ったもので、実際に追い越すかどうかはコンテナ船の船長の判断になる」と述べたうえで、「この連絡が事故の原因になった可能性は否定しない」と話し、海上交通センターとコンテナ船の間で行われたやり取りを検証する考えを示した。

…と言うことで、朝鮮人側のねつ造でも無いようだ(未確定)。
まあしかし、例えば、カーナビや助手席のヒトが「次の角を右」などと言ったとしても、対向車を気にしなくていい、ということになるワケもなく、何れにせよ対向車線にはみ出した方が悪いことは常識。当てられた方が悪い理由などミジンも無い。
従って、下朝鮮籍の船の過失。


この事故に関する政府の対応がおかしい。

27日夜、事故直前、「くらま」の艦長から海上保安庁に状況報告が入っている。
しかし、このことは、「海上保安庁が事故の調査を行っており、公正な審判を仰ぐためにも、予断を与えるような発言は控えたい」という理由で当時発表されていない。
  ↓↓↓
28日朝、事故の経緯は自国民から報告を受けて知っていたにもかかわらず、北澤防衛大臣は、防衛省内で幹部自衛官に「基本的にこの事件の責任は我にあり、という自覚を持っていただきたい」と訓示している。
  ↓↓↓
同日、北澤防衛大臣から報告を受けた鳩山首相は、「日韓関係にいささかでも差し障りがあるようなことにならないようなことが大事だ」と発言。


他国民に対し、「公正」を保とうとしているが、自国民に対しては「公正」を逸している。

「国民主権」は常識であるにもかかわらず、日本国民よりも他国民を大切にしている
鳩山総理は所信表明演説において、「総選挙の勝利者は国民一人ひとりです。」と明言しているにもかかわらずだ。

野党連中は、民主党と社民党それぞれに対し、「主権とは何ですか?」と質問してくれんかな?
回答如何によっては、自衛隊の有志たちは久しぶりにクーデターを起こしても国民の支持を得られると思うけどな。



西部邁「主権とは何か」1/2


西部邁「主権とは何か」2/2

スポンサーサイト

Comment

2009.10.29 Thu 15:20  

「主権とは何か」と質問できるのは、野党には・・・平沼さん、麻生さん、安倍さんに町村さんくらいしかさしあたっていないかも知れません。野党でも過半数はその程度なのですからましてや売国党では・・・(ーー;)
  • #-
  • ひーちゃ 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1803-3c354339

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。