歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.04[日] 東京ドーム、そして宿泊

ぺ

オレのオバサンは熱狂的なペ・ヨンジュンのファンで、家の中はペ・ヨンジュンのグッズだらけ。
今回、ペ・ヨンジュンは、“「アニメ冬のソナタ」放送開始記念イベント”で来日したワケで、そもそもがスカパーの「番組宣伝」なのに、チケット料金は8,925円だ。
さらに、超レアなチケットなので、チケットの入手自体が抽選なのだ。

オレは朝鮮人の民族性が嫌いで、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の式に従い、「朝鮮人が好きでなけりゃ、ペ・ヨンジュンも好きではない」というコトで、「冬のソナタ」も長髪でやってた武士みたいなドラマも見たコトがない。
今回、オバサンは3枚にチケットが当たったので、オレまで入場するハメになったのだが、完全に精神的アウェイなので、チケットを入手できなくて、東京ドームに来ているオバチャンがいれば、売って欲しいぐらいだったので、オバサンからチケットを渡された時は、年貢の納め時みたいな感じで、嫌な胃液が大量に染み出た。

チケットを見て、8,925円というコトを知り、反射的に「高っ!!」と言ってしまった。
入場後知ったコトだが、入場者は4万5千人だという。
約9,000円× 45,000人= 405,000,000円
4億円ですよ。
「番組宣伝」なのに…

ぺ

ぺ

ぺ

ぺ

グッズ販売のテントが有って、グッズを求める人の列まで有るんですよ。

ぺ

ぺ

オバサンとオフクロとオレとの席はバラバラなので、イベント終了後の待ち合わせ場所をシッカリ決めてから入場ですよ。

ドーム内のトイレは男子トイレも女性用に変えられ、オレはついに男子トイレを見つけられなかったが、ほぼ全部のトイレが女性用にもかかわらず、どのトイレも長蛇の列。
みんな慣れているので、早めに並んでいるのだろうが、その列の長さは絶望的な長さだった。
東京ドームのトイレの排水は、オバチャンたちのオシッコが何リットルも流れているのだと思うと…

ぺ

ぺ

ぺ

(※:イベント中の写真はネットから拾ったモノです)

ペ・ヨンジュンは歌うワケではない。 このイベントは基本的にトークショウなのだ。
ステージは超遠いし、チェジウのファンでもないし、睡眠不足だし、で、オレは途中で寝てしまった。

途中、冬のソナタやアニメの音楽が生演奏された。
新たに売りたいのであろう、ゲストのボーカルとギタリストが、ペ を意識しているのでろうメガネ君だった。
オレから見れば、韓国版“おぎやはぎ”に過ぎないのだが…

ぺ

ぺ

ぺ

イベントの最後の方で、「サプライズ」というコトで、ペ とジウが気球に乗って、ステージから遠い人にも愛想を振りまいていたのだが、この気球がドームを180度廻ったホームベースの辺りで、ぶつかった。
気球どうしがキスしたという表現なのけど、この時、ドームのオバチャンたちが一斉に声を上げた。
オレは可笑しくて、下を向いて笑ってしまった。

ぺ

↑こんな感じの阿呆みたいな顔が描かれた気球だったのだけど、冬のソナタに出て来る雪だるまらしい。
オレが気球を作るなら、↓こんな顔を描くのに…

ぺ

いやいや、オレにとっては新鮮な体験ではあったけど、二度と行きたくない。

翌日は、“「韓国の美をたどる旅」出版記念イベント”というコトで、ペ がまた出演するらしく、連チャンでドームに来るオバチャンたちもいるのだ。
2日で8億円…

予想に反し、来場しているオバチャンたちの服装は質素な人が多かった。
9,000円という入場料も安くないし、日本中から交通費や宿泊費を使って来ているのだ。
一種ホストに貢ぐ貧乏人たち。という印象を勝手に持った。

ぺ

ぺ

入場前に決めていた場所で、3人が無事再会した。
会えるまで、オレは何人にも駅までの道を聞かれた。


ピークを避け、丸ノ内線で銀座に戻った。
銀座のブランド街を案内しながら、夕食を取れる店を探した。
オフクロは天ぷらが食べたいというので、特別おいしいとも思わないけど、「はげ天」にでも行くかな?と考えながら、ウロ覚えの店に向かっていると、オフクロが「ここでいいんじゃない?」と言う。
「てんや」だった。
「てんや」など想定外だったので、こんな店でいいのか?と思ったが、「はげ天」の場所の記憶に自信が無かったし、そろそろ座りたいだろうとも思ったので入ることにした。
オフクロもオバサンも「てんや」は始めてだったみたいで、「安い!」と驚いていたし、実際に来た定食を食べても「おいしい」と感心していた。
まあ、オレも「てんや」が登場した時は、こんな値段で天ぷらが食えるコトにビックリした記憶があるけど…
定食を頼んだくせに、オフクロもオバサンも量が多いと判断したので、オレの定食に自分のいらないモノを乗せたので、オレのお盆だけ、大食漢のような山盛りになった。

ぺ

オフクロとオバサンを銀座のホテルに送り、オレは神田のホテルに向かった。
オレも銀座のホテル泊まってもよかったのだけど、なんとなくもったいない気がして、安ホテルを神田で見つけていたのだ。
そのホテルは、地方から出張してくるサラリーマンたちでいっぱいだった。
部屋にはトイレも風呂もなかったけど、大浴場は足を伸ばして入れるので、ユニットバスより全然好きだ。

部屋でiPhoneの「セカイカメラ」を起動してみた。
面白いアプリなのだけど、オレの「s」が付いていないiPhoneでは全然使えない。

ぺ

オレは酒を呑みながら、仕事の続きをやった。
午前2時頃、寝ることにした。

ベッドの足元にはテレビが有って、その小型アナログテレビの上には有料番組の案内が置いてあった。
有料番組(エロ番組)は、15年ぐらい前に見たのが最後でそれ以降見たことがないけど、ここに泊まるオッサンたちの何人かは見るのだろう。
そのエロ番組を見て、オッサンたちは…
ううう、ベッドが汚く見えてきたけど、寝不足のオレには関係なかった。


ヨンジュンもヨンピルもオレにとってはカンケイない

つづく


追記:
本文中「オバチャンたちのオシッコ」という表現を用いましたが、不適切だったことを謝罪いたします。
「オバチャンたちのションベン」が正しい表現でした。
関係者各位にお詫び申し上げます。
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1786-b4db830f

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。