歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.18[金] 歴史的和解について

赤松広隆農相が井出道雄農水事務次官の続投を認めた件で、赤松は「歴史的和解」と発言したが、オレは「何を大袈裟な!」と反射的に思ったのだが、落ち着いて考えると、「いい前例」として「歴史的」だったのかもしれない。

イメージ的には…

大大名である麻生藩の後ろ盾を得ている譜代大名農水藩は、外様である鳩山藩より百姓の扱いに対し再三方針転換を求められたが、これに従わずにいた。
天下割れ目の「衆院ヶ原の戦」により、見事、鳩山藩は麻生藩を倒し、農水藩は鳩山藩一門の赤松広隆之守が治めることになり、国入りした赤松は、農水藩藩主井出に対し切腹を命じたが、井出は一転、「前言は麻生に脅され麻生の指示に従ったもので、自分の意志ではない。」と言い放ち、「全身全霊をかけ、新しい頭首である赤松様に従う」と平身低頭の体で服従の意志を示した。
赤松は、農水藩の民の反感を買っても上手く統治できないと考え、井出への処罰を諦めた。


…という解釈なのだが、
大ナタを振り回しそうな新政府なのだが、首切りなど恐怖政治には及ばず、官僚の方も簡単に前言撤回できる。…という前例になったワケで、他の部署への影響も大きいと思う。


井出・農水事務次官:「降伏」 赤松農相と和解 戸別補償批判を撤回
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090918ddm008010016000c.html
 鳩山政権が導入を目指す農業者戸別所得補償制度を「現実的でない」と批判していた井出道雄農水事務次官=の続投が17日固まった。赤松広隆農相=が「けじめがつかないなら辞めていただく」と迫ったのに対して、井出次官が発言を事実上撤回し「全面降伏」したためだ。
 井出次官は6月18日の定例記者会見で、民主党が政権公約に掲げた同制度について「事務作業が大変で現実的ではない」と指摘。民主党は「公務員の政治的中立性を脅かす発言」と猛反発していた。
 赤松農相によると、17日の初登庁後に井出次官を呼び「けじめ」を求めたところ、井出次官は「(官僚は)時の政権を支えるのが使命。ご理解いただきたい」と弁明。その上で「政権も政策も大臣も代わった。献身的に徹底的に支えたい」と恭順の意を示したところ、赤松農相が「過去は過去として、力を合わせてやろう」と応じ「歴史的和解」(農相)が実現したという。


民主批判から一転、農水次官「献身的に大臣支えたい」
http://www.asahi.com/politics/update/0918/TKY200909170505.html
 赤松広隆農林水産相は17日、民主党の農業政策を批判した井出道雄事務次官の釈明を受け入れ、辞任を求める考えはないことを明らかにした。井出氏は「献身的に徹底的に新大臣を支えたい」と伝えたという。
 赤松氏は石破茂前大臣との引き継ぎを終えた後、幹部との顔合わせを保留。「けじめをつけずに、はい、あなたが次官ですかとはいかない。けじめがつかないのであれば、お辞め頂くことになるかも知れない」と井出氏に謝罪を求めた。井出氏は「時の政権を支えることに理解を頂きたい」と弁明し、赤松氏は「官僚としての誇りをもって責任を果たすなら、過去は過去とする」と応じたという。
 井出氏は6月18日の記者会見で、民主党が目玉政策に掲げる戸別所得補償をめぐって「コメ以外まで対象を広げるのは現実的ではない」などと指摘。民主党の鳩山代表は「英国ならクビだ」と激しく反発した。




スポンサーサイト

Comment

2009.09.18 Fri 21:33  

恐らくその通りだと思います。これで赤松は官僚には舐められることになりました(笑)
  • #-
  • ひーちゃ 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1779-e3a7656f

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。