歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.07[火] ウイグル自治区の暴動に関する報道について

オレが神童と呼ばれていた愛くるしい幼児だった頃、家にはヨボヨボの婆さんがいて、この婆さんが起きてから寝るまでAMラジオのNHKだけを聞いていた。
愛くるしい当時のオレは、TVでさえNHKなどほとんど見ないし、ましてやラジオでNHKなど聞くコトなどなかったので、その婆さんの部屋から聞こえてくる暗く単調なNHKニュースはひどくつまらないモノに聞こえていたし、ラジオだったらFMだろ?ってな感じでFM福岡などにチューニングを合わせてやったコトもあったのだが、彼女の日課というか一日のペースとして、聞き慣れたAMのNHK放送は絶対的存在であったみたいで、いつの間にかAMに戻されていた。
他の老人でもTVはNHKしか見ないヒトを知っている。
そんな経験があるので、ある人たちにとって、NHKは絶対的存在であるというコトを知っている。

そのNHKが… このオレからフルスペックの受信料を徴収するNHKが…
中国に関する報道においては、またしても偏向している。
民放や海外メディアが中国政府側から出たソースとウイグル側からのソースを報道しているのに、NHKだけは中国政府側から出たソースしか報道していない。

オレらインターネットを普通に使っている連中は多角的なソースを閲覧できるけど、NHK絶対主義者たちは、「ウイグルのテロリストたちめ!」ってな感情を抱きかねないじゃないの?

明日はNHK中心に報道を見守らんといかん。


ウイグル族
 トルコ系の民族で多くがイスラム教を信仰する。人口は約840万人で、中国の少数民族の中では5番目に多い。大半は新疆ウイグル自治区に住むが、カザフスタンなどの周辺国にも居住する。18世紀に清朝の支配下に入り、1930~40年代に独立の動きが相次いだ。49年の新中国建国とともに統合され、55年に新疆ウイグル自治区が置かれた。同自治区は中国全土の6分の1に相当し、天然資源や希少金属が豊富とされる。




中国で暴動 “死者140人” (NHK)
http://www.nhk.or.jp/news/k10014092621000.html
中国の新疆ウイグル自治区で、5日夜、政府に不満を持つ住民らによる暴動が発生し、多数の車両や商店が放火されるなどして、中国の国営メディアは、これまでに140人が死亡したと伝えました。

5日夜8時ごろ、日本時間の午後9時ごろ、新疆ウイグル自治区最大の都市、ウルムチの中心部の数か所で多数の車両や商店が放火されるなどの暴動が起きました。
中国国営の新華社通信によりますと、暴動は警察によって押さえ込まれましたが、これまでに140人が死亡し、およそ830人がけがをしたほか、バスやタクシーなど260台余りの車両が炎上したということです。
また新華社通信は、今回の暴動に加わったとして、警察当局が数百人を拘束し、さらにおよそ90人の行方を追っていると伝えています。
中国中央テレビは、6日夜放送した定時ニュースの中で、暴徒に襲われて大けがをし、病院で手当てを受けている人の様子や、商店が焼き打ちにあって途方に暮れている店主の様子などをインタビューを交えて詳しく伝えています。
中国政府としては、今回の暴動によって漢族だけでなくウイグル族も被害を受けたことを伝えることで、鎮圧の正当性を強調するねらいがあるものとみられますが、警察がどのように暴動を鎮圧したのかについては伝えられていません。
今回の暴動について、新疆ウイグル自治区のヌル・ベクリ主席は声明で、広東省のおもちゃ工場で先月起きたウイグル族の従業員とほかの従業員との衝突のうわさが広がり、これを国内外の勢力が扇動したため、政府に不満を持つ住民らによるデモが発生し、暴動に拡大したという見解を示しました。
北京の日本大使館によりますと、この暴動に日本人が巻き込まれたという情報は入っていないということです。
新疆ウイグル自治区では、去年8月、武装勢力によって警察の施設が襲撃される事件も起きており、中国政府は、中国からの分離独立を目指す勢力の活動が続いていると見ています。
中国では、ことし10月に、建国60年を祝うイベントが各地で予定されており、中国政府は、暴動やテロを警戒して警備を強化しています。

--------------------------------------
UPDATE2: 新疆ウイグル自治区の暴動で140人死亡=当局
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPnTK841399220090706

 [北京 6日 ロイター] 中国の新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで5日に発生した暴動による死者数は、これまでに確認されただけでも140人となった。ウルムチの共産党組織トップのLi Zhi氏が、6日朝に行われた記者会見で明らかにしたとして、半国営のチャイナ・ニューズ・エージェンシーが伝えた。

 国営新華社通信はこれとは別に、地元警察の情報として暴動による負傷者数がこれまでに816人に上ったと伝えた。同通信は死者数は129人としている。

 広東省で6月末に漢族とウイグル族の労働者による紛争が発生し、ウイグル人2人が死亡。ウルムチではこの事件に対する中国政府の対応への抗議行動が行われていた。

 5日には街頭に繰り出した市民の一部が車両に放火するなどし、機動隊と衝突。政府は5日の暴動の参加者数は300─500人程度としているが、参加者数は最大で3000人に上ったとの情報もある。

 中国の国営テレビは、街頭に繰り出した市民が警察の車両に石を投げるなどする映像や、燃える車両から煙が噴き出す光景などを放映。ウルムチ在住のZhang Wanxin氏はロイターの電話取材に対し「漢族の人たちが数人が刺されるのを目撃した。バスに乗っていた人たちは皆、戦慄をもってこうした光景を目撃した」と述べた。

 新華社は警察当局は暴動に参加した「数100人」を逮捕したと報道。このなかには当局が暴動を扇動したとする10人以上の重要人物が含まれるとしている。

 新華社は6日朝までには「事態は鎮圧された」と伝えた。新疆の別の地域に暴動が飛び火したとの報道は今のところない。

 ウルムチは北京から西に3270キロ(2050マイル)のところにあり、人口は約230万人。ウルムチで乾燥果物を取り扱うYang Jin氏は電話取材に対し「ウルムチは戒厳令下に置かれている。現在は事態は幾分沈静化しているようにみえる」と述べた。

 新華社は、政府当局者が「今回の暴動は、ラビア・カーディルが率いる在外ウイグル人組織の『世界ウイグル会議』が扇動した」と述べたと伝えた。この当局者は「今回の騒動は事前に計画、組織された暴力的な犯罪だ」と述べている。

 ラビア・カーディル氏は投獄された後、米国に亡命した女性企業家で、中国政府は分離独立運動を主導しているとして非難している。同氏からコメントは得られていない。

 在外ウイグル人組織は中国当局者の指摘に反論し、今回の暴動は組織されたものではなく、中央政府の政策と漢族の経済的優位性に対する不満が爆発した自然発生的なものだったと主張。スウェーデン亡命中の「世界ウイグル会議」のスポークスマン、Dilxat Raxit氏は「今回の衝突のきっかけとなった差別と抑圧にからウイグル人の関心をそらせるために、当局はわれわれに責任をなすりつけようとしている」と非難した。

 同氏は「平和的な集まりとして始まった。数千人の人々が民族的な差別撤廃を求め、声を上げた。黙って我慢することにもう耐えられなくなっている」と述べた。

 新疆の人口2000万人のうち、約半数がウイグル人。ただ新疆ウイグル自治区の区都ウルムチの人口の大部分は漢族で、ウルムチでは平時でも厳しい警備体制がひかれている。

--------------------------------------
【ウイグル暴動】中国政府、異例の素早い外国メディア対応http://sankei.jp.msn.com/world/china/090707/chn0907070036000-n1.htm

 中国政府は6日、新疆ウイグル自治区の暴動を受け、ウルムチ市のホテルに臨時のプレスセンターを設置、メディア向け取材ツアーのアレンジや現場の映像の提供など異例の素早い報道対応をした。

 プレスセンターでは同日、記者会見を開いたほか、相次いで現地入りした記者を市内の病院に案内、入院中の暴動被害者への取材を認めた。

 昨年の北京五輪前後に同自治区で武装警官の死傷事件などが起きた際は、こうした報道対応は一切なかった上、武装警官から記者が暴行を受けるケースもあり、国際社会の批判を受けた。

 暴動の実態を速やかに公開することが、国際社会の理解を得る上で得策と判断したとみられる。(共同)


--------------------------------------
ウイグル暴動の非公式情報、検閲ぬけてネット上に氾濫 中国
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2618737/4337129
【7月6日 AFP】中国・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)で発生し、少なくとも140人が死亡した暴動に関する市民たちの独立した情報がインターネット経由でもれ伝わり、報道統制を徹底したい中国政府をいらだたせている。

 万里の長城(Great Wall of China)になぞらえ「万里のファイアウォール(Great Firewall of China)」と呼ぶ検閲システムを構築した中国当局は6日、マイクロブログサービス「ツイッター(Twitter)」や動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」などに投稿された暴動に関するビデオ、写真、意見の削除など対応に追われた。

 中国国内のツイッターとユーチューブへのアクセスは6日夜、遮断されているようだ。また、中国語の主な検索エンジンでは、暴動の起こった同自治区の区都ウルムチ(Urumqi)をキーワードにしてもなにも検索結果が表示されない。

 一方で、国営メディアは従来どおり、暴動については政府の公式見解を報道し、イスラム系のウイグル人たちに非があると責めている。

 しかし、イラン大統領選後の混乱でみられた現象と同様、写真やビデオ、新情報などがツイッターからユーチューブ、写真共有サイト「フリッカー(Flickr)」といったインターネット上のサイトにあふれかえった。

 多くの場合、投稿された項目は削除に備え、中国外にいるほかのネットユーザーが再投稿している。また、ツイッターは、中国当局が見せたがらない映像へのリンクを広める助けとなっている。



スポンサーサイト

Comment

2009.07.10 Fri 17:28  

清明さんは幼少の頃、神童と呼ばれていらっしゃったのでしたか(人´∀`).☆.。.:*・゚
  • #-
  • ひーちゃ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.07.11 Sat 14:37  

はい。神童と呼ばれていました。

親から。

今、考えると…
「神童」は「神の子」だから、オレの親は「神」というコトだ!


余談ですが、クラスに3人、神童と呼ばれていたヒトがいました。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1700-62162c97

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。