歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.12[金] 鳩山(アルカイダの方)の意図について

鳩山(アルカイダの方)は、日本郵政のオイボレ(西川社長)を続投させない。と言っている。
このことは、郵政選挙で大勝した自民党員の多くから(?)批難されているし、自分の意見を明言していない麻生(マンガ)太郎も、鳩山(アルカイダの方)には困っているというような報道がされている。
また、すっかり話題に載らなくなった小泉チルドレン関係者も勢い付き、ケツの毛を抜かれたままの中川(将棋の駒)も「秀直の乱」に踏み切るだの言い出しているらしいが、勝手にすれば?っていう空気がないでもない。

環境を整理する…

1.鳩山(アルカイダの方)は、麻生(マンガ)太郎の盟友である。

2.厚生労働省の分割・再編、国会議員の世襲制限、補正予算など、麻生(マンガ)太郎に対する批難は続く。

3.鳩山(魚類の方)が民主党党首に就いて、民主党の支持率が上がった。

4.衆院解散が近い。

というコトから、今後の展開としては…
麻生(マンガ)太郎は、盟友の鳩山(アルカイダの方)を斬る。
このことによって…

A.メディアは「総理の強い意志を示した」的な報道をする。

B.麻生(マンガ)太郎に批判的な自民党の連中の勢いが弱まる。

C.「総理の指導力の無さ、政権末期」と批難していた鳩山(魚類の方)は、鳩が豆鉄砲をくらったような顔になる。

となり…
自民党の支持率が上がり、次期選挙に弾みが付き、次期も自民党は第一党の立場を守り、罷免された鳩山(アルカイダの方)は再入閣する。

というストーリーなのだが、これは麻生(マンガ)太郎と鳩山(アルカイダの方)が作ったシナリオだった。というオレの激しい妄想である!

鳩山総務相「結論違えば罷免か辞任」 首相自ら調整へ
http://www.asahi.com/politics/update/0612/TKY200906120093.html

 日本郵政の西川善文社長を続投させるかどうかをめぐって、麻生首相は12日午前、鳩山総務相を首相官邸に呼び、この問題を協議した。首相はこれまで水面下で鳩山氏と会談を続けてきたが、直接収拾に乗り出した。首相は、西川氏更迭を求める鳩山氏の考えを聞いたうえで、総務省の業務改善命令に対して日本郵政が提出する改善計画の徹底などを条件に、鳩山氏に西川氏続投を受け入れるよう求めているとみられる。

 会談に先立って鳩山氏は閣議後の記者会見で、「(首相と自分の)結論が違えば、(自分は)罷免、もしくは辞任ということになるだろう」と述べ、首相が西川氏続投を決断すれば、総務相を辞める考えを示した。

 政府内の大勢は、日本郵政の指名委員会の決定通り、西川氏の続投を容認する方向。総務相と人事を協議する河村官房長官と、29日の株主総会で議決権を行使する与謝野財務相が鳩山氏側と調整を続けているが、鳩山氏が西川氏更迭を求める姿勢を変えないために問題が長期化。首相の決断を求める声が与党からも強まっている。

 首相側は改善計画の徹底など条件付きで鳩山氏に西川氏続投を認めさせたい考えだ。しかし、鳩山氏は12日朝、東京都内で記者団に「西川さん続投という条件の上で物事を考えて調整されても、そういう調整は調整ではない」と述べ、受け入れない考えを強調した。


鳩山総務相に中川元幹事長が噛みついた!
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20090611-505278.html

 日本郵政西川善文社長の進退問題をめぐり、「続投は断固拒否」で突っ走る鳩山邦夫総務相(60)に、郵政民営化推進派の中川秀直元幹事長(65)が、本格戦闘宣言した。10日の民放テレビで、鳩山氏を罷免してでも西川氏を続投させるよう、麻生太郎首相に求める考えを示し、受け入れられなければ「秀直の乱」に踏み切る考えを明らかにした。

 中川氏は「総理が(西川氏続投を)決断すると信じている」と強調。更迭は「筋が違う」とし、「もしそうなったら本気で戦わなければならない」と述べた。報道陣にも「西川氏を辞めさせた場合、(麻生内閣は)郵政民営化に反対ということになる。そういう行動を起こさざるを得ない。内容はその時に考える」と、思わせぶりに予言した。

 武部勤元幹事長も、党の会合で「郵政民営化は霞が関改革。後退は断じて容認できず、その時は一身を投げ打つ」と歩調を合わせた。衆院選前の微妙な時期にもかかわらず、党内対立は泥沼化する一方。当の鳩山氏は、衆院決算行政監視委員会で「総理と私の考えが違うことはない」と強気を崩さず、西川氏の続投は認めない考えを繰り返した。

 ゴタゴタの「張本人」ともいえる鳩山氏には、与党内から批判が集中。公明党の北側一雄幹事長は、会見で「内閣全体、最終的に麻生首相が判断すべきこと。結論部分を軽々に発言するのはいかがなものか」と述べ、自民党の大島理森国対委員長も「なぜ西川氏では駄目なのか詳しく説明すべき」と話した。民主党の攻撃を避けようと17日の党首討論前の決着を求める声が多く、麻生氏の決断のタイムリミットは迫っている。



スポンサーサイト

Comment

2009.06.14 Sun 17:02  

私は西川爺さんが嫌いなのは、経営者として、人間性的に過去に「前科」がいくつもあるからです!

●2004年7月に、三井住友フィナンシャルグループの代表だった西川氏は、UFJホールディングスに対して経営統合を株式の統合比率で1対1を提示するが結局、三菱東京フィナンシャル・グループとのあいだの争奪戦に競り負けた、その手腕能力において疑問がある点。

●2005年度の3月期決算が赤字に下方修正され、経営責任を取って2005年6月に頭取とFG社長の職を退任した、経営能力の無さを露呈した点。ただし本人は、涼しい顔して同時期に松下電器産業の社外取締役に就任しているので、本人には自己の経営者としての能力の低さを自覚していないのだろうと思われる。

●2005年10月の楽天のTBS株大量取得にはじまる経営統合問題では、西川はTBSの社外監査役を務め、同時に楽天証券の取締役にもなっていたのだが、西川は10月26日におこなわれたTBSの企業価値評価特別委員会には欠席した、非常に不誠実な点。両者に対する背任行為と言われてもいいはずです。

●2006年三井住友銀行頭取時代には、中小企業への融資に際し、融資と抱き合わせでデリバディブ商品(リスク商品)を販売していたことが判明し、三井住友銀行は金融庁より一部業務停止命令の行政処分を受けている点。これは明らかに企業犯罪を陣頭指揮していたわけであり、「足元の利益の為には何でもやる」という法を犯すことも厭わないような考え方は、経営者としての資格はないと言わざるを得ないだろうと思う。

●また、軍需の専門商社・山田洋行とは、山田洋行の会長職を退任し、現在は山田地建グループ相談役を務める山田正志氏と三井住友銀行前頭取時代から30年以上交際する仲であり、特に1985年に西川が住友銀行丸の内支店長になると親密度は更に増し、山田不良債権案件は「丸の内支店長案件」として住友銀行内部で特別な扱いを受けていたのは有名であること。つまり、組織を私物化するのが西川なのです。

●そして最近の「かんぽの宿」売却問題では、一括売却先が郵政民営化を検討した当時の総合規制改革会議議長だった宮内義彦が最高経営責任者をつとめるオリックスグループの企業・オリックス不動産に、固定資産税評価額は約857億円を、109億円で売却しようとしたのが西川だったので、鳩山氏は、山田と西川の裏のつながりを知ってるから、当然、宮内と西川との間に取引があってしかるべきと(或いは証拠を握ってたのかも知れないが)言うことで反対したのでした。

過去、 旧日本郵政公社時代の2007年に「かんぽの宿 鳥取岩井」(鳥取県岩美町)を、東京の不動産会社が旧郵政公社から1万円で一括で買い上げ、直後に6千万円で鳥取市内の医療法人が同町内に設立した社会福祉法人に転売されていた事例もあった事実も見逃せなかった。

さらに今回は、売却手続きにあたって、財務アドバイザーに起用したメリルリンチ日本証券との間で、成功報酬として売却額の1.4%(最低6億円)を支払う契約を結んでいたこと。売却額の如何によらず多額の成功報酬が支払われる契約となっていた(すなわちメリルリンチ側にとっては無理に高い金額で売却する必要がない)ことや、メリルリンチ日本証券がオリックス(オリックス不動産の親会社)・みずほフィナンシャルグループと共同で投資ファンド子会社「ベーシック・キャピタル・マネジメント」を設立している(すなわちメリルリンチとオリックスが既にビジネスパートナーの関係にある)事を鳩山氏は問題視していたのだと思われます。


・・・・これだけ流れを見ても西川氏が、国民の財産を預かる郵政会社のトップとしてふさわしいか、誰でもおわかりのことだと思います。

だから、鳩山氏の「正義」はそういう意味から正しかったのです。
  • #-
  • 燃えるひーちゃん(笑) 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.06.15 Mon 12:57  

燃えていますな(笑)
オイボレ(西川)がこれだけの要職に徴用されるのには何らかの裏があるのでしょう。
表に出たくない連中が動かしているのでしょう。
それを良く思わない鳩山(アルカイダの方)が噛み付いたのでしょうが、この構造は暴力団同士の抗争と同じですな。

マスコミが具体的に報じないコトも敵対する連中のソースを探すと詳しい情報が出て来ますな。
オイボレは自民党の一部が守っているので、民主党や共産党のソースを探すと「三井住友」の名前も出てきます。

【ここから引用】
2009年6月13日(土)「しんぶん赤旗」
郵政民営化利権 西川社長の責任大
国民財産たたき売り 出身銀行が受注独占
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-06-13/2009061315_01_1.html

 鳩山邦夫総務相の辞任というかたちで“幕”となった「日本郵政」の西川善文社長の進退問題。同社をめぐる「かんぽの宿」の一括譲渡や、出身母体である三井住友銀行との不透明な関係など、郵政民営化がもたらした利権、不祥事の数かず…。西川氏がトップとして君臨する日本郵政の問題体質は深刻です。

 西川氏は、三井住友銀行の頭取などを経て、日本郵政の社長に就任、民営化路線を推進してきました。経営監督のために取締役会に設置されている「指名委員会」が、牛尾治朗・ウシオ電機会長、奥田碩(ひろし)・トヨタ自動車取締役相談役、丹羽宇一郎・伊藤忠商事会長という顔ぶれにみられるように、財界あげて西川氏を支えてきました。

 そのもとで、進められたのは、当然、財界とアメリカの要求にそったものでした。

かんぽの宿譲渡 
 「かんぽの宿」問題では、「規制緩和」・民営化路線の旗振り役だったオリックスの宮内義彦会長が率いるオリックス不動産に、約109億円という超安値で一括譲渡(売却)しようとして、国民の批判をあびました。

 施設の一括売却にあたり、財務アドバイザーに起用したのは、メリルリンチ日本証券。オリックス不動産への譲渡完了後に最低6億円の成功報酬を支払う契約を結んでいました。

 西川氏が総裁だった旧日本郵政公社の不動産の一括売却でも、三井住友銀行が大株主のキョウデングループ企業が「かんぽの宿」など8件を取得。約340億円かけて建設されたのに、売却価格は約11億円というもので、問題になりました。大手不動産会社のリクルートコスモス(現コスモスイニシア)、長谷工コーポレーションなども群がりました。

 国民の共有財産をたたき売りする西川氏の責任が問われています。

三井住友カード 
 出身母体である三井住友銀行と日本郵政との癒着も。

 日本共産党の大門実紀史参院議員が国会で明らかにしましたが、日本郵政のグループ企業「ゆうちょ銀行」のカード事業の委託先は、三井住友カードが発行数シェアで98・6%(発行枚数約30万枚)と独占状態です。

 三井住友カードを委託先に選んだゆうちょ銀行の責任者、宇野輝常務執行役は、三井住友カードの元副社長。しかも、カードの製造は三井住友銀行が主要株主となっている凸版印刷が受注しています。

 三井住友カードへの支払いは、2008年5月からの半年間で42億円にものぼっています。

割引悪用見逃す 
 「障害者団体向け第3種郵便」制度を悪用した「郵便不正事件」では、郵便事業会社「日本郵便」の新大阪支店支店長、新東京支店総務主任の2人が郵便法違反容疑で逮捕されています。

 制度の適用要件が満たされていないことを承知のうえで、20万通、30万通といった違法ダイレクトメールの発送を許可していたのは、民営化で各支店に発送量のノルマが課せられていたからです。割引分は一般の郵便料金で補てんされているわけで、被害者は国民です。

保険金未払いも 
 日本共産党の山下芳生参院議員が明らかにした簡易生命保険の保険金未払いは、140万件にものぼります。

 西川体制で、利権の巣となった日本郵政。国民の財産を守ることよりも、財界・大企業の利益を優先する西川氏には、日本郵政社長としての資格はありません。
【ここまで引用】



余談ですが、厚生労働省村木厚子局長逮捕がらみで、「民主党議員の関与」としか報道されない件も、公明党や共産党のソースには具体名が出てたり…

【ここから引用】
公明新聞:2009年6月8日
郵便不正で指摘される国会議員との関係
http://www.komei.or.jp/news/2009/0608/14758.html

 障がい者団体向けの割引制度を悪用した郵便不正事件をめぐるマスコミ報道で、民主党の石井一副代表と牧義夫衆院議員のかかわりが指摘されています。

 同割引制度で、普通は1通120円の郵便料金が最低8円で郵送できます。事件の中心となった自称・障がい者団体「白山会」(前身は「凜の会」)は、活動実態がないのに割引制度の認可を不正に取得。企業のダイレクトメール(DM)を大量に郵送、正規料金との差額計十数億円の料金を免れたとされ、関係者が逮捕されています。

 報道では、逮捕された白山会代表A氏は石井氏の元私設秘書で、凜の会を割引制度の適用団体に認可申請した際、石井氏の事務所関係者を名乗っていました。

 一方、同じく逮捕された白山会会長B氏と牧氏は“20年来の仲”。同会が不正DMの発送を日本郵政公社に断られたため、牧氏側に陳情。牧氏の秘書が同公社に問い合わせし、そのころ、発送が実現したといいます。

 石井、牧の両氏は事件への関与を否定していますが、最近、厚労省の元部長が大阪地検に、凜の会の認可で、石井氏から直接頼まれたと証言していると報じられ、牧氏は白山会のライバル団体を批判する国会質問までしていました。

 この事件は社会的弱者の制度を“食いモノ”にした極めて悪質な犯罪です。石井、牧の両氏が説明責任にほおかぶりするのは許されません。

-----------------

2009年6月8日(月)「しんぶん赤旗」
郵便割引不正事件
癒着のトライアングル
厚労省 国会議員 日本郵便
“福祉食い物”くっきり
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-06-08/2009060815_01_1.html

 障害者団体向け郵便制度を悪用した「郵便割引不正事件」は、郵便事業会社「日本郵便」の幹部につづいて厚生労働省係長の逮捕にまで発展しました。自称・障害者団体への証明書発行は、「国会議員に頼まれた」との供述も飛び出しました。浮かんできたのは、福祉を食い物にした政財官癒着の構図です。


 2日の参院厚生労働委員会。日本共産党の小池晃議員は、厚労省の村木厚子雇用均等・児童家庭局長に事件への関与をただしました。

 村木氏は、証明書の発行当時(2004年)、同省障害保健福祉部企画課長。この虚偽の証明書で、「凛(りん)の会」(現・白山会)が障害者団体として郵便割引制度の適用を受けました。同局長は「お答えできません」の一点張りでした。

 しかし、「凛の会」設立者の倉沢邦夫容疑者(73)は、大阪地検特捜部の調べに、「偽の証明書を(同局長から)直接受け取った」などと供述しています。

 同課係長の上村勉容疑者(39)の上司だった障害保健福祉部の元部長(現「福祉医療機構」理事)は、証明書発行について、国会議員から要望を受け、「議員案件」として企画課長らに対応を指示したといいます。

 厚労省ぐるみの様相が浮かび上がります。

国会で質問も
 倉沢容疑者は、民主党の石井一副代表・参院議員の元私設秘書。政治家の関与も明らかになっています。

 民主党の牧義夫衆院議員は、凛の会から名称が変わった「白山会」会長の守田義国容疑者(69)とは20年来のつきあい。07年1月、白山会のDM(ダイレクトメール)の返送先が障害者団体とは関係のない大手家電量販会社「ベスト電器」になっていたため、発送を拒否されました。この際、守田容疑者の陳情を受け、牧議員の秘書が日本郵政公社(当時)の関東支社を訪問、発送できるよう働きかけました。

 08年5月の衆院経済産業委員会で、牧議員は白山会とライバル関係にある団体のDMを掲げ、「社会福祉の名を借りた商売が横行している」などと批判する質問を行いました。

 牧議員が支部長の「民主党愛知県第4区総支部」は07年、08年に、守田容疑者が社長の信用調査会社から各12万円、計24万円の献金を受けています。

 自民党の来代勝彦都議(港区選出)は、05年ごろ、自称・障害者団体「健康フォーラム」代表の菊田利雄容疑者(61)から団体認定で口添えを依頼され、港区の担当者に電話。計36万円を同容疑者からもらっています。

背景にノルマ
 日本郵便の新大阪支店の支店長、新東京支店の総務主任は、制度の適用要件を満たしていないことを承知のうえで大量の違法DMの発送を許可したとして、郵便事業法違反容疑で逮捕されました。

 不正を見逃してきた背景には、郵政民営化で各支店に発送量のノルマが課せられていたことが指摘されています。

 通常なら1通120円が8円で送れるこの制度。大阪の広告会社「新生企業」(現・伸正)が07年までの4年間に不正に免れた額は約130億円にのぼるといわれています。利用した顧客はベスト電器など大企業でした。

 割引分は一般の郵便料金で補てんされているわけで、被害者は、まじめに活動している障害者団体や国民です。事件の徹底的な解明が求められています。

【ここまで引用】






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1678-ba1b205b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。