歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.27[月] ラ・マシンを探しに



先日こんなニュースがありました。

「巨大クモ」2匹が公道”パレード”/横浜で開国博プレイベント

 最後は「巨大なクモ」二匹が横浜中心部の公道をパレード―。高さ十二メートル、重さ三十七トンの機械仕掛けのクモ型ロボットが十九日、同市中区の日本大通りなどをのし歩き、水を吐き出すなどのパフォーマンスを披露した。沿道などには約五十万人の見物客が詰めかけ、大きな歓声を上げていた。

 日本初上陸のフランスのアート集団「ラ・マシン」による四日間限定の演出。最終日のこの日は、新港ふ頭で二匹のクモが出会い、意気投するシナリオ。途中、赤レンガパークでダンスを踊った後、日本大通りまでの約一・七キロを連なってパレードした。

 四日間の一連のパフォーマンスは、二十八日に開幕する横浜開港百五十周年記念イベント「開国博Y150」を盛り上げるプレイベント。開国博会期中、ベイサイドエリアの「Y150はじまりの森」でパフォーマンスを披露する。






プレイベント前から、ラ・マシンが来たのは知っていましたよ。
もちろん見に行きたかったですよ。
でも微妙に忙しくて、行けなかったんですよ。

で、パフォーマンスやってなくても、ラ・マシンはドコかにおるやろ?と思って探しに行きました。



Y150は28日からなので、ボクはまだ日本大通り周辺におるやろ?と勝手に思い込んでいたんですよ。
で、最寄り駅は東急線の「日本大通り」なのは知っているけど、最近運動不足だし、横浜駅から歩くコトにしました。



いつもはベタにすぐ海側に向かうのですが、自分的にもワンパターンなので、違う道を選びました。



キング



ジャック



クィーン



さて、いざ日本大通りに到着すると、なんだか様子がおかしい。
古い車や、古っぽい服を着た人がたくさんおる。
ドラマか映画の撮影でした。







この後部座席に座ったオッサンがメインっぽいらしいのですが…



キングの前だったので、当然舞台は横浜だろうと思っていたら…
霞ヶ関のバス停か都電のサイン…
おいおい…
確かに、街の光景として、東京都内は未来っぽい建物が増えすぎたし、ここは一般車両を止めやすいからなぁ…


…とまぁ、ここでラ・マシンが日本大通りにいないコトは確定しました。
レストランに入り、ネットで検索してみると、赤レンガ倉庫でイベントをやった記録が出てきました。
なるほど、あそこなら広いスペースがあるから、ラ・マシンがいるかも。
赤レンガ倉庫に向かいます。

キング前









Y150は28日からですが、アチラコチラで突貫工事が続いており、28日に全て揃うワケではないようです。



Y150のキャラクター「tanemaru」のショップです。赤レンガ倉庫の隣です。
一応見て回りましたが、ボク的に興味がないアイテムばかりだったので、珍しく何も買わず店を出ました。
しかし、この店はテントなので、夏は暑そう…

でも、ここで得られた情報で、ラ・マシンが「はじまりの森」で見られるらしい。と分かりました。
「はじまりの森」は赤レンガ倉庫の向かいです。





「はじまりの森」は有料エリアで、中の様子がほとんど見えません。







ついにラ・マシンが見える場所を見つけました!






The Man Machine - Kraftwerk



JICAがあるサークル状の歩道橋(サークルウォーク)に登ってみて、ラ・マシンが見えるを探しました。





動くトコが見たかった…




トゥモローパークの「未来シアター」です。
う~ん、まだ有料エリアを利用したいというテンションまでは至りません。



はじまりの森


スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1640-4debffa6

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。