歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.25[水] 出雲3 因幡の白兎まで





鳥居までの道中は上り坂で、鳥居を過ぎて少し平坦な道が続いた後、下り坂になっています。
面白い。
(海神を除き)神社の本殿は上っていくか、平坦のままってな構成が多いような気がするけど、出雲大社は下がって行くのだ。







この橋までは土の道で、渡ってからは砂利敷きになります。
砂利道は、少し足を取られて歩きにくいのですが、この砂利道は歩きやすい。



仕掛けはこう↓です。



砂利が流れたりするのを防ぐ意味だと思いますが、ネットが敷いてあって、その上に砂利が載っているので、足が取られない。









因幡の白兎か?
小学校に入る前、誰かに読んでもらった記憶がある。
その後、学校などでは習っていない気がする。
なんでやろか?
神話的要素は歴史が混乱するから無視しとるとやろか?
それとも日教組の悪巧みやろか?






つづく


Max Raabe - Tainted Love
スポンサーサイト

Comment

2009.02.25 Wed 12:26  

神話を学校教育から追放したのは、明らかに戦後のGHQの占領政策の一環であり、それを日教組が強硬に死守しているのです。さらに道徳の時間というのを教育課程からもはずさせたのが日教組。

中山元大臣が日教組はガンと言って失職しても、当然の正論を言っただけで、田母神さんの論文同様、みんな正論は左翼マスゴミに潰されて失脚させられるのが日本。

今はタカ派の中川昭一を潰し、次は麻生叩きに奔走しているのがマスゴミ。

でも、民主党が政権を取れば、衆参ともに民主アカが国を牛耳れば、日本は景気はどんぞこ、在日天国になります。
  • #-
  • ひーちゃ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.02.27 Fri 02:16  

GHQか… なるへそ。
敗戦国に対する仕打ちとしてはしょうがないかも。
でも、もはや戦後ではなく、そろそろ「日本」らしさのタメの教育のあり方を考える時期やね。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1596-b5bccc91

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。