歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.23[月] short

●先日銭湯で

その男はハイカラーのマトリックスみたいなコートを着て入って来た。
すごく丁寧に服を脱いで、フルチンになってから、
カバンの中からソフトドリンクの缶を取りだして、腰に手を置いて飲み干した。
お風呂に入る前に水分補給か? と感心した。
ボクは風呂から上がり、服を着ている時、ゴミ箱の缶に気付いた。
よく見ると ↓ でした。 あいつフルチンになって何飲んでんだ?



●「アサヒすらっと」のCMを見て

あら、森口博子じゃん!? と思ったら、大塚愛でした。


●最近読んだ本

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

先日まとめ買いした文庫本の中に俵万智の本が有る。
『サラダ記念日』はミリオンセラーになったし、にわか歌人が大量発生した記憶がある。
『寅次郎サラダ記念日』っていう「男はつらいよ」もあるぐらいで、一種“時代”だったから、「いまさら」とか「いまごろ」感があったけど、1987年初版だから、もう一周して逆に「新鮮」な気がする。
でも、今、『サラダ記念日』が新発売されてもブームにはならない気がする。

万智ちゃんがほしいと言われ心だけついていきたい花いちもんめ

「もし」という言葉のうつろ人生はあなたに一度わたしに一度

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

潮風に君のにおいがふいに舞う 抱き寄せられて貝殻になる

「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの

愛人でいいのと歌う歌手がいて言ってくれるじゃないのと思う

日曜はお父さんしている君のため晴れてもいいよ三月の空

焼き肉とグラタンが好きという少女よ私はあなたのお父さんが好き


かわいらしさも時代を感じる。

二十年経つもんなぁ…

それにしても、短歌とか俳句ってお金になるんやろうか?
数年前に流行った相田みつをなどは、あの手書き文字とセットでお金になるんだろうけど、短いテキストは単品でお金になるとは思えんなぁ。

NHKには短歌と俳句の番組がある。(http://www.nhk.or.jp/tankahaiku/
間違えて見てしまったりするけど、「いいなぁ」と思える句がほとんど無い。
やっぱり歌人の個性で好き嫌いなんだろう。

ボクも一句…

「見るだけ。見るだけ。」と君が言ったから七月四日は赤貝解禁日

「お願い。お願い。」と君が言ったから七月五日は松茸初物の日




麗君 - つぐない


麗君 - 愛人

スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1595-22935c62

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。