歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01.10[土] 明石城



快速電車が明石駅で停まった時、車窓からお城が見えました。
腹も減っていたので、とっさに降りるコトにしました。
明石?
タコとか明石焼きのイメージしかなく、行きたいと思ったコトもない街であるが故、当然、お城が有るコト自体、まして駅前にお城が広がっているコトも意外でした。



明石城は明石公園でもあり、公園入口の石垣は、その高さから見ても、明らかに後世造られたものでしょう。









日時計です。 大胆なデザインです。
誰がモデルか知らんけど、見上げるのではなく、見下げる位置に顔があります。
言い換えれば、「見下げた奴」です。







天守閣は元々無かったみたいですし、櫓や石垣は1995年の阪神・淡路大震災で被害を受け、その後全面修復されたそうです。
上に上がってビックリ!
明石大橋が見えました。
そこで改めて、明石という街の位置がなんとなく分かった次第でした。 淡路島の付け根ですな。



穴のカタチがオシャレです。



明石城

さて、明石焼きでも喰うか! と思い少し街をプラプラしてみたものの見つからない。
明石は思い付きで降りた駅であり、目的地はまだ先だったので、あまりゆっくりできない。
なんだか違うけれど、「南風」という店に入るコトにした。



お好み焼き、もんじゃ焼きなど、その手のメニューが何でも有る。
「売り」らしい「どろ焼き」なるものを注文した。
鉄板付きのテーブルだったので、自分で焼くのか?と嫌な気持ちになったが、厨房で焼いてくれたものを鉄板の上に載せてくれた。
だし汁が付いていて、浸けて食べ、明石焼きのような感じで食べた。





それにしても薬味というか、調味料がイロイロ揃っていた。
店員さんは美人揃いで、さらに店の方針か笑顔が素敵で、たったそれだけで、「明石っていい街だな」と思ってしまったオレでした。



福耳 - 星のかけらを探しに行こう Again

スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1539-706dd8df

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。