歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.12[水] 国会図書館再訪

ネットで調べて、いろんな人に質問してみたけれど、解決しない問題を解決すべく、日本一の蔵書があるであろう国会図書館に行くことにした。
国会図書館は基本が閉架なので、なんとなく敷居が高い。





プルデンシャルタワー横の道を行ってみることにしました。
「新坂」という坂道で、自転車は立ち漕ぎしなきゃいけないぐらい急な坂です。



坂の上にあるメキシコ大使館からプルデンシャルタワーの方を振り返ると、手前に北欧風の建物が。
日比谷高等学校のようです。

日比谷高等学校



外堀通りに出たところで、スペインの国旗発見。
そういえば昨日、スペイン国王夫妻の歓迎会みたいな場に皇太子の嫁さんが久々に出席したとかでニュースになっとったな。…などとポカーンとしてたら、目の前の信号が赤のまま変わらない。
向こう側を見ると、オマワリが飛び出て、車を止めている。
何事?



白バイ登場。



パトカー登場。
後から分かったけど、矢印のオマワリが信号操作をしとった。





リムジンにはスペイン国旗が付いていた。
矢印のオマワリが車を止めている。 信号は青なのでケッコー必死です。



パトカーの後ろに人が座っています。
たぶん逮捕された人ではないと思います。窓開けてるし…

余談ですが、ボクは2回乗ったことがあります。 中からドアが開かないんだよねぇ…
もう10年以上前の話ですが…





信号が元に戻り…
黒い建物が国会図書館(新館)です。



国会図書館の入口です。



いやいや、前回来てからケッコー時間が経っているみたいで、システムが全然変わっていました。
荷物類をロッカーに預け、上の写真に写っている端末に個人情報を入力し、カードを作り、自動改札にタッチして入場し、PC端末にカードを入れ、書籍の検索をし、書籍を請求し、書籍が出てくるのを待ち、出てきた書籍を受け取って、閲覧室などで自由に閲覧する。…ってな感じで素晴らしくシステマチックでした。
HPから抜いた写真 ↓



3階に喫茶店があって、300円前後のジュースや600円のランチが2種類あります。
この喫茶店の注文がユニークで、店の入口近くにカウンターがあって、そこに店員さんがいるので、口頭で注文し、お金を支払うと、店員さんが手元のボタンを押します。そうすると、小さな端末から食券が出てきます。
すなわちほとんどがアナログの自動券売機なのです。 吹き出しそうになりました。

その他、6階に商品のラインナップがユニークな売店があります。ここで売っているジュースは市場より10円から20円安いです。

同じく6階には食堂があって、ここには「国会丼」というドンブリが売っています。
残念ながら腹が減っていなかったので食べませんでしたが、次回はチャレンジします。

参考:国立国会図書館の「国会丼」が話題に-「ねじれ国会」を表現


国立国会図書館は素晴らしい施設です。こういった施設が有るのも都会の魅力ですな。
本好きは一日いても飽きないでしょうな。
ただ、閉架が基本なので、目的が無いと本が読めません。

国会図書館



国立国会図書館なので、隣は国会議事堂です。

それにしても悪い天気が続きます…


Jennifer Lopez - Brave

スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1469-36a0acc7

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。