歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.20[月] 野田さん家の聖子ちゃんについて



「ネット情報」とか、「ネットの意見」とか、当たり前のメディアであるインターネットに流れるテキストには「ネット」というククリが付く。
ネットは基本的にチェック機関がないので、垂れ流しの情報もあり、ウラを取っていない情報も多々あるのは事実であり、テレビやラジオで流れる情報に比べ、アヤウイ情報も多いのかもしれないが、新聞や雑誌、TV、ラジオといったタグイは、スポンサーがいるワケで、このスポンサーの顔色をうかがいながらの情報であるので、スポンサーの意向に沿った情報操作になるワケで、実はアヤウサという点では、そんなに大差ないのでは?とも考えるコトができる。

ネズミ講にパーティー券を売って選挙資金にしている野田聖子が、コンニャクゼリーを狙い撃ちしたコトに対し、ネット上では、批難のコエが上がっているようだが…

コンニャクゼリーは、マツキヨの店頭でメダマとして特売をしていたぐらいだから、当然ボクも3袋まで。と書かれていれば3袋買い、次のマツキヨに行ってまた3袋買い、カバンに入るだけコンニャクゼリーを買っていた一般市民であり、同商品は、国民に絶大な支持がある食品であるコトは間違い無いワケで、コンニャクゼリーがお米や味噌と並ぶ『常食』であったワケで、この『常食』を否定したワケだから、ネット上だけでなく、お茶の間でも野田聖子が批難されていることは容易に想像できる。

すなわち、野田聖子は国民感情にそぐわない主張の持ち主である。と言える。

コンニャクゼリーを狙い撃ちしたコトは、政治家の横暴であり、選挙区である岐阜1区の有権者は次の選挙で、どうするべきか言わずもがなである。


祈願! 野田聖子 コンニャクゼリー落選!



こんにゃくゼリーメーカーに激励の声殺到 ネットでは販売中止反対の署名活動
10月17日19時45分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081017-00000002-jct-soci

 「こんにゃくゼリー」で高齢者や乳幼児の窒息死亡事故が相次いでいる問題で、最大手の製造メーカーは、大部分の製造を一時中止することになった。ところが、その直後から「こんにゃくゼリーだけが悪者になるのはおかしい」といった声が相次ぎ、ネットでも販売中止に反対する署名活動が行われ、メーカーにも「普通では考えられない数」の激励の声が寄せられているというのだ。

■ネットの反対署名1万1000を突破

 1歳10ヶ月の男児が2008年7月、凍らせた一口タイプのこんにゃくゼリーを飲み込んで窒息、08年9月に死亡した事故を受けて、野田聖子消費者行政担当相が08年10月2日、こんにゃくゼリーメーカー最大手「マンナンライフ」の鶴田征男会長らを内閣府に呼び、再発防止策の提示などを求めた。その席で野田氏は「(従来の)小さな警告マークのみの商品は自主回収し、一から出直すことも考えては」などと促した。

 一方のマンナンライフは、「行政の要望に対し、時間的に早急な対応が困難」などとして、事故があった「ミニカップタイプ」の製造を、10月8日から当面の間、中止することになった。

 ところが、これと時期を同じくするように、「もちや米も窒息のリスクがある」という指摘も出て、「こんにゃくゼリーの『狙い撃ち』はおかしい」といった「こんにゃくゼリー擁護論」が広がりを見せているようなのだ。

 例えば、J-CASTニュースが掲載した「『こんにゃくゼリー』法規制混迷 『もち』『米』も危険という声も」という記事にも、多くの「擁護コメント」が寄せられているほか、ネット上で署名活動を行うサイト「署名TV」では、10月3日から、こんにゃくゼリー販売中止への反対を呼びかける署名活動が始まっている。当初の目標が1000だったのに対して、10月17日午後には、1万1000を突破している。

 署名には、

  「時々しか食べませんが、無性に食べたくなる時があります。その時食べられないのは、辛い」

  「今回は確実に消費者側に落ち度があったと思います」

などといったコメントが数多く添えられている。署名は11月3日まで受け付けており、相当な数の署名が集まるものとみられる。

■「98%は激励の声」

 「擁護論」は、ネット上にとどまらない。マンナンライフの品質保証室によると、事故以降、電話・メール・葉書などで、同社を激励する声が相次いでいるのだという。同社では、

  「具体的な数については控えさせていただきたいのですが、通常では考えられない数です。非常にびっくりしています。とても励まされています」

と話す。そうは言っても、事故で死者が出ているだけに、批判の数も相当数にのぼるのではと想像されるが、実際のところは「批判の声は全体の2%で、残り98%は激励の声」という、異例の事態を迎えている。

 なお、今回の事故の原因となったこんにゃくゼリーは、同社が82年に発売。94年に「蒟蒻(こんにゃく)畑」のテレビCMで人気に火が付き、「こんにゃくゼリー」の名前が全国的に広まったが、製造方法は「こんにゃくの中にフルーツ果汁を混ぜる」というもので、元々の呼び名は「フルーツこんにゃく」。同社に取材する限りでは、「こんにゃくゼリー」は、「ゼリー」というよりも「こんにゃくそのもの」と言った方が正確だ。

 同社では、生産の再開について、

  「表示も、容器も、中身も検討し直す必要があって、生産再開については、なんとも申し上げられない状況です」

と話しており、見通しが立たない状況だ。

 同社が本社を置く群馬県は、こんにゃくの原料である、こんにゃくいもの生産日本一で知られ、04年度の統計では全国の生産量の82.1%を占めている(日本こんにゃく協会調べ)。

スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1445-1c1d70d0

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。