歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.18[土] 渋谷のんべい横町「鳥重」



数日前、自由が丘の某事務所で「おいしい焼鳥屋」の話になり、ボクは大久保の「宮川」が旨いと言い、Tさんは渋谷の「鳥重」にかなう店は無いと言いました。
それで、早速「鳥重」に行くことになったのです。

渋谷駅のJR山手線と明治通りのわずかな隙間に「のんべい横町」があります。
「呑兵衛(のんべえ)横町」と呼ぶ人も多いし、ボクもそう思っていたのですが、看板には「のんべい」とありました。
20年ぐらい前は渋谷中心に遊び散らかしていたのですが、その後の就職や引っ越しなどで、渋谷の縁が薄くなってしまったので、「のんべい横町」で飲んだことはあるハズなのだけれど、余り定かな記憶がないせいもあります。
横町の位置はJR渋谷駅のすぐ脇で、新宿の思い出横町(正式名称:しょんべん横町)や溝の口の西口商店街の成り立ちに近いものがあると思われ、戦後のホニャララでできあがったのでしょう。

この「のんべい横町」に「鳥重」はあります。

この「鳥重」の店内は、L字型のカウンターが有るだけの小さな店ですが、初めて尽くしのことだらけでした。
以下、体験したコトと人から聞いたコト

1.予約が必要で3交代制
 人気店で席が少ないこともありますが、まず予約が必要で、その予約は翌週の分しか取らない。
 1日、18:00、19:30、21:30の3回転。
 11人座れば動くことができないぐらいの店だし、予約は3人ぐらいまでのグループまでしか受け付けていないようですが、実績として5人の予約を入れた人もいるみたい。

2.とにかく「待つ」
 3回転ですが、厳密に時間厳守でもないようで、ボクらは最後の9時半の予約だったこともあり、入店できたのは10時20分ぐらいでした。
 店に入ってからも、前の客の皿やコップが洗い終わるのをじっと待ちます。
 店主はお母さん一人。 お客はその所作を見たり、たばこを吸ったりしてじっと待ちます。
 炭の世話をしたり、鳥を冷蔵庫から出したり、お通し(後述)を用意するのが終わって、お通しが配られ、「ご注文お伺いします」と言われてから、順番に注文します。
 それから串に刺したり、切ったり、焼いたりするので、待ちます。
 注文の順に焼き上がった鳥が配られます。
 その鳥がデカい。 一人二本は多過ぎる。 大好きなモノであれば別ですが、いろいろ食べたい人は1本ずつで充分。
 
 「しきたり」がある店です。 初めての人はカウンター下の雑誌や新聞に紛れてマニュアルが置いてあるので、この待つ間に熟読します。

3.酒の量は制限がある
 ビールは1グループ2本まで。 大変貴重なビールなので、チビチビ飲みます。
 焼酎は量り売り。 ボクらはグループだったので、1本飲んでしまいましたが、1人で来ていた人はビンを明かりに照らし、最初の量と飲み終えた後の量で、清算していました。
 日本酒もあります。
 店に入ってすぐに「とりあえずビール」なんて注文は御法度で、全てお母さんの手が空いた時に注文します。 空気が読めない人はNG。

4.お通しはチビチビ食べる
 大根おろしにうずらの卵がどんぶりに入ったお通しは最後のスープにも使います。 チビチビ食べます。

5.店に入る前に用を足しておく。
 店の奥に入った日には店の外に出ることは不可能。 店に入る前に用を足しておきます。

6.おしんこが出て来たらそろそろおしまい
 最後はおしんこが出て、お通し(?)の器を回収し、スープが入ると終わりです。


鳥はどれも新鮮でビッグサイズ、鳥のお刺身も絶品。 しかも超安い。
…と言っても、店内にメニューや金額の表示は無いので、事前に経験者やネットで情報をとっておくことが肝要。(ここに詳しい)
一番いいのは経験者に連れていってもらうことでしょうな。
ボクらは4人で行って、腹一杯食って、ビール2本と焼酎1本飲んで、7,500円程度でした。
時計を見るとテッペンでした。 また外泊でした。



渋谷のんべい横町「鳥重」
スポンサーサイト

Comment

2008.10.18 Sat 14:09  

新橋駅ガード下にも絶品の国産の地鶏の焼き鳥を食べさせる店がある。冬はそれにおでんが絶品と噂の店で、ローソンのおでん担当責任者も通って勉強したそうです。調べて行ってみたら?渋谷のこの店のようにあれこれうるさい事言わないし、会社帰りのサラリーマンがたむろする気軽な店みたいですよ(*´∇`*)
  • #-
  • ひーちゃ 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1444-c5117e98

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。