歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.07[木] 鶴巻温泉駅まで【秦野から鶴巻温泉】





自興院へ行く道もあるのですが、藪の中って感じなので却下。


手持ちの水分が切れてしまったので、まだ、鶴巻まで3.4kmもあるのかよ?って感じです。

分かれ道



…と言いながら、「めんようの里」という方向に向かいましたが、親子がはしゃぐ声が聞こえたので、疎外感を感じたくないって気持ちになって、同じ道を戻りました。
道路に「Look Mt.Fuji」とありました。








丸太のベンチ。 なんだか普通のベンチより凝っています。





吾妻山。
ちょっとした広場があって、ベンチは休憩する人でいっぱいでした。
日本武尊のエピソードで一番マイナーな名所では?





ごっつい道しるべ。
もうゴールは近そう。



竹林の中の道。 竹の落葉で足が滑る。



東名高速に突き当たる。 ここからアスファルトの道。 カンで駅に向かう。

終わってみれば、気軽なコースでした。
意外な富士山スポットですし、いろんな要素があるので、飽きないコースです。





「弘法の里湯」 たぶんこのコースを歩いた人はココで風呂に浸かってから帰るのでしょうが、ボクは着替えを持って来ていないので入りません。

弘法の里湯



鶴巻温泉駅の前にあった碑。
昨今の市町村合併でも地名が消えたりしているけれど、UFJ銀行って、元々、三和銀行とドコだっけ? あさひ銀行って今有るの?って感じで、地名もドコが何だか分からなくなっていくんでしょうな。

ちなみに鶴巻温泉駅は昼間初めて来ました。
と言うのも、新宿でベロンベロンに呑んで、電車の中で寝込み、何故か起きるのが鶴巻温泉駅という時期があって、しょっちゅうタクシーに乗った駅。
鶴巻温泉というぐらいなのだから、いつも泊まろうか?と思うのだが、なにしろ不案内だし、温泉地は往々にして飛び込みの客は泊まれないケースが多いので、ついに泊まらないままの街ですよ。

スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1407-f8d48a38

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。