歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.21[月] 多摩陵・武蔵野陵



ある調査のため、再び高尾駅へ。
調査ターゲットに向かう前に、ちょっと寄り道。
昭和天皇と大正天皇の墓参りですよ。
実家の親にはナイショですよ。
言えば、自分の先祖の墓参りもせずに… と小言を言われるコト必至ですから。

武蔵陵墓地へのアクセスは不案内ですよ。
どう考えても、わざと不親切にしているとしか思えませんよ。 指導標が圧倒的に不足しています。 拠って道に迷います。
ボクは“なんとなく”コッチだろうで歩き始めたのですが、道に迷いました。
おかしいな。と思い、途中、携帯のナビで確認したので、結果的には無事到着できましたが、漠然と地図を記憶している人は、たどり着けないのでは?と思いました。



自動車であれば、甲州街道でアプローチし、多摩御陵参道でアクセスするのでしょうが、ボクは「歩き」ですから、JR高尾駅北口から、甲州街道を往き、「町田街道入口」の交差点で左折しました。 ここまでは正解です。
しかし、途中の右折ポイントを間違いました。 指導標が無かったワケではないのですが、その方向がどちらでもとれる方向を指していたのです。さらに自分の思いこみがあったので失敗しました。
武蔵陵墓地の入口は1カ所しかありません。 ボクは複数の入口があると勝手に思い込んでいたのです。
町田街道入口から高尾街道に入ったら、すぐに「陵南大橋」があります。これから降りるスロープがあるので、これを降りるのが正解です。



後から分かったのですが、家並みとアンバランスに立派な舗装道路は全て、武蔵陵墓地がらみのアクセス道路です。



左のコンクリートの格子の壁が墓地です。



途中、入口がありますが封鎖。
郵便受けの意味を考えてしまう。





住宅街の途中に、何の案内もなく、交差点が有って、実はココが陵へのアクセス道路。
実はチョット進んだトコロに指導標がある。



何の看板もない入口。
雰囲気で、ココだろうな。と敢えて分かる。

ココで考えた。
天皇の墓をアピールする必要はどこにもなく、参りたい者のみが来ればよく、野次馬は来る必要がない。
基本的に、誰も来なくてよく、静かに眠りたいのだと。





駐車場を入り、やっと多摩陵と武蔵野陵であるコトに確信を持てました。
砂利道が始まります。







手洗所がありました。
広い道の幅のワリに小さなモノでした。



手洗所の後ろに池がありました。





明治神宮の参道に似ています。





分かれ道。
昭和から参るか、大正から参るか… 手前の昭和にしました。





再び分かれ道。
手前の右に曲がると…











香淳皇后武蔵野東陵。
昭和天皇の嫁さんの墓ですな。













昭和天皇武藏野陵(むさしののみささぎ)。



各陵の隅には置き石があります。 ベンチみたいなもの?





多摩陵に向かいます。







貞明皇后多摩東陵。
大正天皇の嫁さんの墓ですな。

更に奥に向かうと…















大正天皇多摩陵(たまのみささぎ)。

先ほどの昭和天皇のお墓と違うのは、手前に階段があって、近づくと陵が見えないコトです。



鳥居の柱をよく見ると落書きが。
文字は読めませんが、こういったコトをするのは特亜でしょうな。





多摩陵の奥はオマワリの詰め所があって、その先は行き止まりです。




武蔵野陵墓地

スポンサーサイト

Comment

2008.07.21 Mon 17:51  

初めて武蔵野陵を細かく見ることができました。有難うございましたm(__)m
いずれ上京の際は行ってみたいところですから感激です(*^_^*)
  • #-
  • ひーちゃ 
  • [URL]
  • [Edit]

2008.07.21 Mon 20:26  

日本を考える東京コース組みましょうか?

かまーん かまーん
  • #lEPD.dko
  • 清明 
  • [URL]
  • [Edit]

2013.05.30 Thu 18:33  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • #
  •  
  • []
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1392-14ca1923

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。