歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.10.17[月] 小泉首相の靖国参拝から

小泉首相の靖国参拝が予告されてて実行されたらどうであったか?
右翼の強面と、左翼のヒステリック、そして在日が押しかけて、悲鳴と怒号渦巻く大人の体育会になったと想像する。
公安の連中も大はしゃぎだったろうに。
残念!

小泉首相が靖国に参拝しなかったらどうであろう?
中国とか韓国の一部のキチガイをはじめ、国家自体も日本に対して一切クレームを付けなくなるのか?
どうだろ?国内の非難にも耐えて、「行きません。」って宣言して、本当に行かない。そして、1年ぐらい様子見てみたら?
結果は、「あれほど行くと言ってた小泉が、行かないなんて信じられない。」と疑念を付け続けるだろうな。まあ、それは仕方がない。
いわゆる侵略をした。という怨みだけは残り続ける。
靖国問題は解り易い対象になっているだけ。

あの北朝鮮方式で、逆に中国などに逆ギレできる方策はないものか?
スポンサーサイト

Comment

2005.10.18 Tue 06:44  

そう、首相の靖国参拝はA級戦犯を対象に参拝していない、単に戦争で亡くなった人を参拝しているだけ。首相が参拝に行かなかったとしても、中国、韓国は他の外交カードを見つけ出してヒステリックに叫ぶだけ。極端にいえば(○山さん流に)もしくは早く言えば、靖国参拝でなくて教科書検定でもいいわけ。さて、中国は不思議に国体である。中国はこの前に有人の宇宙飛行船を発射させている。文学歴史はもちろんであるが科学技術に対しても相当の力をつけている。しかし、日本や欧米各国に劣れを感じるのは、国体が原因ではないか?単なる仮想敵国を作って内需を発展させることは止めて欲しい。
  • #-
  • 尚草紙 
  • [URL]
  • [Edit]

2005.10.18 Tue 07:53  疑念

2回の有人宇宙飛行成功で「先端技術開発分野での主導権を握った」と人民日報が報じたらしいけど、アポロやスペースシャトルで宇宙に行き続けているアメリカを越えたとは思えず、共産国らしい狂気を孕んだ過剰報道であることは確かだろう。

しかしながら、中国お得意のコンピューターソフトやバッグなどのコピー製品のお粗末ぶりよろしく、アメリカやロシアの宇宙船をパクっただけで、よく飛んだものだと思う。
まあ、同宇宙船は隙間風ぐらいは入っているものと想像される。もちろん乗っている飛行士たちは宇宙にいる間は息を止めているのだろう。
いやいや、北朝鮮の映像制作部に頼んで、行ってもない宇宙飛行の映像を作ってもらったのかも?

まあ、何れにせよ軍部主導で開発が進められているらしいので、アメリカとロシア(ソ連)の冷戦時代のごとく必死なのだろう。
1回だけだったら「まぐれ」で済ませられたけど…
一方、どこかの国の種子島宇宙センターという場所から打ち上げられるロケットに人を乗せていたら、神風特攻隊の再来で発射前には別れの杯を交わさなければいけない。
できのいい技術者がいないのかな? 一種、役所だから縦割りで開発してたりして。
  • #-
  • 清明 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/136-74183cee

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

34. 風呂上りの小泉純一郎 - 我楽侘箱の世界

Koizumi―小泉純一郎写真集小泉首相が靖国神社に参拝したようですね。今回は私的色を強めた参拝だそうで、いわばプライベートということですかね~そんな小泉首相のプライベート満載の写真集があります。幼少期から総理大臣就任後の活躍ぶりまでの写真... 2005.10.20 19:24

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。