歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.10.17[月] 横浜水道





横浜で日本初の近代的上水道による給水が開始されたのは、1887(明治20)年の今日。
海を埋め立てて拡張した横浜では、井戸水が塩分を含んで飲み水に向かなかったことから、1885(明治18)年、上水道の建設に着手。
イギリス人技師、H.S.パーマー氏を顧問に迎え、相模川上流から野毛山の貯水地へ水を引き、市街地へ給水した。
…らしい。
わたくし水道フェチ。…正確には水道管フェチ、もっと正確には“管”フェチなんです。

2年前水道の聖地、横浜水道記念館に行った。
ボクはスゴク興奮したんだけど、子供は社会科見学として行くことはあるだろうけど、普通の人はどうなの?あまり面白くないよね。
ボクが行った時はボクの他に子供連れの家族が一組とカップルが一組程度でガラガラだった。
まあ、一般的な好みでないから、“フェチ”なんですけどね。
横浜水道の調査は途中で終わっている。
あ~~!仕事以外で調査しなきゃいけないことがたくさんある!
スポンサーサイト

Comment

2005.10.18 Tue 06:54  

さて、水は上流から下流に向けて流れていくが、上流でも下流でも水のもつエネルギーは同じだって理解できますか?上流では下流との標高差による位置水頭があり、下流ではそれと等しく速度水頭などがあり総エネルギー水頭は等しい。水の水面よりも上にエネルギー線がある。これを知っていた先人は管に働く圧力を理解して写真にあるような鉄管にフランジ継手を設計した。土木技術はすべて先人の知恵。えらいな~。
  • #-
  • 尚草紙 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/135-3161d4ad

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。