歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.30[金] 恐山 1 ◇下北半島



恐山っておどろおどろしたイメージが有って… 4~5m先も見えないような霧が立ちこめ、ケネディー大統領さえも呼び出せるイタコのオバちゃんがアチラコチラに座っていて、故人と話したい遺族が号泣している …そんなイメージがあったんですよ。
そもそも「恐山」って言う名前もすごいし、恐山に向かう山道のアチラコチラに地蔵が座っているし、途中から硫黄臭がきつくなるし…
湖を廻った後に、白い世界が広がっていました。



入山料 500円を収め総門を抜けると、右に事務所、左に本堂が見えます。











山門です。



山門を抜けると、地蔵山を背に本尊安置地蔵殿が見え、左右にお風呂(恐山温泉)があります。





誰でも入れるそうですが、タオルなど準備していなかったので、入りませんでした。





左側の奥には女湯であろう建物がありました。







むつ下北観光案内によると…

恐山は、藩政時代には宇曽利山(うそりやま)と書かれていました。また、その昔、下北地方を宇曽利郷と呼んでいたこともあったようです。
このウソリは、アイヌ語のウショロ(入江とか、湾という意味)に由来していて、これがさらに転化してオソレ(恐)になったものとみられています。
一般に、いわゆる蓮華八葉と呼ばれる剣山、地蔵山、鶏頭山、円山、大尽山、小尽山、北国山、屏風山の8峰と、その山に囲まれた盆地の総称をいいますが、地質学的には、釜臥山から朝比奈岳にいたる東西17km、南北25kmの範囲を占める火山郡をいいます。
盆地は直径約4kmのカルデラからなり、その底に宇曽利山湖があります。
エメラルドグリーンの水をたたえた宇曽利湖は、緑豊かな蓮華八葉の山々を静かに映していますが
北岸一帯は、いたるところに噴気現象や温泉の湧出が見られ、荒涼とした地獄風景を展開しています。










柵を出ると荒涼とした風景が広がります。



アチラコチラに風車が廻っています。



所々、湯気が出ている岩があり、賽銭が投げられていました。



つづく

恐山


Nat King Cole - Morning Star
スポンサーサイト

Comment

2008.05.30 Fri 14:09  

恐山。行ってみたくてもなかなか行けないから、今回のブログは興味津々ですo(*^▽^*)o~♪次も楽しみにしています。

全国のスピリチュアルスポットを探索したくなりますね(^▽^;)
  • #-
  • ひーちゃ 
  • [URL]
  • [Edit]

2008.05.31 Sat 13:09  

人によって評価が分かれるでしょうが、ボクは恐山気に入りました。
次回はゆっくり時間を確保して、じぃ~っとしていたいと思っています。
一生に一度は行きたいスポットの一つだと思いますね。
まぁ、死ぬ時見られる光景だとは思いますが…






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1343-6f6cd5b7

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。