歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.21[月] 陣馬山から高尾山 1

陣馬山

新年度にやりたいこと第一弾。 山登りですよ。
年度末にすっかりブヨブヨになってしまった体と心をリフレッシュですよ。

9時半、JR高尾駅に到着。
バスは50分なので、駅前のそば屋にでも入って朝飯を済ませようという魂胆だったのに、改札を抜けるとぶつかって来る人が…
同行するKさんですよ。 さすが年寄り。朝が普通に早い。
有無を言わせず、陣馬高原下行きのバスの列に並ぶハメに。
わちゃ!2時間ぐらいしか寝ていないし、腹は減っているし、ちゃんと山に登れるやろうか?と不安になる。
バスを降りたトコで、チョコレートでも買って喰うか。と代替え案を考える。

しかし、山に登りたがるのは、爺婆ばかりだ。
ボクもなかなかのオッサンではあるが、絶対に一番若かったと思う。

臨時便だったのか、バスは9時40分発でした。

JR高尾駅

陣馬山

陣馬山

陣馬に行くバスが通る道は細くて、カーブが多く、見通しが悪い。
対向車と行き違いできる場所が限られている。
それで、なんと、途中からバス会社の人が一人乗ってきて、運転手と逆の左側に立って、見張るのだ。「行ける。行ける。」とか言ってる。
確かに右カーブなどは運転手の視界は極めて狭い。 対向車を見つけた時は手遅れだろう。

30分走って着いた、陣馬高原下バス停正面の売店は閉店。
近くに一軒営業中の売店があったけど、チョコレートは置いていそうになく、飲み物だけ購入して出発ですよ。

陣馬高原下バス停

陣馬山

陣馬山

陣馬山

しばらく舗装された道路を歩いて、やっと山道に入りました。

陣馬山

なかなか急な道ですよ。
Kさんと喋りながら登るので、長い話をすると息が切れます。

陣馬山

坂道を登り切ると、尾根筋を歩きます。

陣馬山

陣馬山

陣馬山

年寄りは花の種類とかに興味を示します。
これは何だろう?と樹種を知りたがります。
ボクは「きれいやねぇ」でそれが何かはあまり興味なし。

陣馬山

木立が無く、開けた光景。
11時半、順調に頂上到着。

陣馬山

茶屋が数店営業中。

陣馬山

陣馬山

頂上の白い馬。
1950年に京王帝都電鉄が建てたとな!?(詳しくは→陣馬山/Wikipedia

陣馬山

陣馬山

山頂からは天気が良ければ富士山も見えるみたいですけど、小雨が降ったり止んだりのコンディションですよ。
山頂の風が当たらない場所を探して、Kさんの奥さんが作ってくれたお弁当と、Kさんが作ってくれたインスタントラーメンで昼食ですよ。 こんなトコまで来ても、ボクはオンブにダッコですよ。
せめてものお返しに、茶屋で買ってきたビールとワインで乾杯ですよ。

陣馬頂上

つづく
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1311-5a087ef5

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。