歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.02.08[金] 子宝の湯と三助

子宝湯

子宝湯

ボクら図面描きは、デジタル時代になったとはいえ、三角スケールを使います。
三角スケールは略して「サンスケ」と呼ぶのですが、社会人一年生の頃、上司に「サンスケ有るか? へい!お背中お流ししますか?」と言われて、ポカ~ンとしました。
オヤジギャグとしてもポカ~ンなのですが、意味が全然分からなかったのですよ。
その夜、上司と一緒に飲みに行って、「サンスケ」=「三助」で、銭湯で垢すりや髪すき等をする男性のことだと知りました。

上の写真は、江戸東京たてもの園にあった「子宝の湯」です。
Wikipedia によると…
不妊に悩む女性が入浴すると子供を授かる「子宝の湯」は日本各地に存在するが、これは三助が女性と性交し妊娠させていたのではないかといわれている(現代では、定かではない)。
…とのこと。


三助って… 素晴らしい

子宝湯

子宝湯

子宝湯

子宝湯
憧れの番台。
ボクが子供の頃行ってた銭湯もこのタイプで、脱衣所側に有りましたが、現代の銭湯は脱衣所側ではなく、ロビー側に有るよね。


もう、憧れない番台…


ARB - Rock Over Japan

スポンサーサイト

Comment

2008.02.08 Fri 11:35  

銭湯は、日本人の大衆社交場であり、文化でした。

30年余り前に、TBSドラマ「時間ですよ」が一世を風靡し、舞台が銭湯でした。この中に、下町の銭湯を取り巻く大衆の人情とかそんな昭和の精神文化のよき時代が表されていて高視聴率だったようです。

この時代で銭湯の役目が終わり、日本人の生活は、無味乾燥なものへとなって行ったのです。
  • #-
  • ひーちゃ 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1229-c02e7c70

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。