歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.02.07[木] 毒入り餃子をめぐる状況について

あなた~
毒入り餃子にする?
段ボール入り肉まんにする?
それとも、私の肉マンを擦る?



ご無沙汰妻の今夜のセリフはこれで決まりだ!

さて、本題:
毒入り餃子テロル事件で、現在予測される事件の収束方法は…
中国側がどこからか探してきた国内の反乱分子とやらを逮捕し、裁判にかけ、死刑にして「おしまい」
…という筋書きだろう。
中国国家品質監督検査検疫総局が優良工場とする天洋食品の品質にも傷が付かず、国政に従わない国内の反乱分子の締め付けにもなり、万々歳の結論だ。

正月とやらで、中国から来ていた国家品質監督検査検疫総局の連中は帰国した。
毒入り餃子テロルで、テロル加害者である中国側は、現時点で事件として認定していないとの報道もある。

中毒患者および販売店も含めた「被害者」諸氏には申し訳ないが、中国側が「毒物混入事件」との認定をしいないことは、とてもよろしいではありませんか。
永延と捜査が進まず、ワイドショーなどテレビ番組は、いつまでも同じ内容で、毎日毎日、報道すればよろしい。
あと180日ばかりで、北京オリンピックである。
このまま捜査が進まなければ、原因は特定されないのだから、中国製の食品は、全て容疑者になるのだ。
野菜、お肉、入れ物…
日本発のニュースを知っている、世界の選手および観客は現地で食事をとるような暴挙に出る者はいなくなる。すなわち、現地に滞在できなくなる。
中国にとって、世界への大アピールの機会であるオリンピックが、進行中のネガティブ要素付きという事態になる。

できれば、財団法人日本オリンピック委員会は、現地選手村に選手を入れないとか、選手がとる食事の食材は日本から持ち込むなどといったコメントを公式発表し、世界に揺さぶりをかければよろしいのだが、人の顔色伺うばかりで自分で考える力のない団塊の世代およびその上の終わっている世代が役員を務める財団法人の連中が、そのような強気の行動に出られるとは到底考えられないのが残念だ。


最後に、ボクが特別に今時の番組企画を公開してあげよう。

テレビ朝日は、高村智庸や阿部祐二を中国現地に派遣し、餃子を食べさせ、その場でリバースする映像を配信せよ。
カメラのスイッチングを間違えなければ、彼らの演技力で事足りるであろう。

日本テレビは、ギャル曽根ちゃんと、石ちゃんと、彦麻呂を中国現地に派遣し、リバースするまで食べさせよ。

以上名付けて中国餃子リバースキャンペーンを展開せよ。


捜査に「中国の壁」毒物特定も協力次第 ギョーザ事件
2月7日8時1分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080207-00000082-san-soci

 中国製ギョーザ中毒事件で、警察当局は6日、外交ルートを通じた捜査の協力要請に向け、中国公安部(警察)当局との実務レベルでの準備作業に入った。今後、千葉・兵庫両県警の共同捜査本部の国内捜査の進展をにらみながら、中国側への要請内容など、具体的な捜査共助の検討に移る。警察は国内捜査を尽くし、薬物鑑定で犯行地を絞り込む捜査戦術だが、中国側は自国内での「毒物混入事件」との認定をしておらず、事態をめぐる“温度差”が捜査の壁として立ちはだかる。警察による真相解明の焦点と課題を探った。
           ◆◇◆
 「中国側はまだこの事件を自国内に起因する人為的な混入事件として公式に認定していない。いまの段階でどのような共助要請ができるのか…。まずは、国内での捜査を尽くす」
 警察幹部は、今後の捜査の見通しをこう語った。日中警察当局のこの認識の違いが、今後の捜査に大きな壁となる可能性があるという。
 「国内での事件であれば、関係先である工場の作業場に居合わせた人や工場の運営関係者らに事情聴取する。だが、中国側は自国内における混入事件としての認識を示していない。中国側に『事件の発生現場でもない工場の関係者らへの事情聴取は不要であり、調書など日本の捜査当局に提供する必要性もない』と判断されれば、どうしようもない」(警察幹部)
 関係者からの事情聴取や調書の入手が困難とみられる中で、警察当局が“捜査の決め手”として期待するのは、薬物の異同識別鑑定だ。
           ◆◇◆
 異同識別鑑定は犯罪に使われた化学薬品や、押収した覚醒(かくせい)剤などの違法薬物を精密な分析装置にかけて、別に入手したサンプルと比較、混入している不純物の割合などから、サンプルとの同一性を特定する捜査技法で「薬物指紋」の鑑定とも言われる。
 日本の技術は極めて高いことで知られ、平成18年には国内で押収された覚醒剤を分析、北朝鮮の少なくとも3カ所の工場で製造されたことを解明した実績もある。
 鑑定の専門家は「中国国内に存在するメタミドホスと国内で被害を出し、検出されたメタミドホスを鑑定して一致すれば、中国での混入の有力な証拠となる」とする。
 ところが、比較対照のサンプルの入手についても、中国側の協力が不可欠。中国側の姿勢によっては、鑑定が不能になってしまうという。
 「中国で流通しているすべての種類のメタミドホスを入手する必要があるが、中国側がすでに流通は禁止しており、市販されておらず提供できないと判断した場合、鑑定できない。捜査である以上、日本側が現地で勝手に入手するわけにもいかない」(捜査関係者)
 国際捜査に通じた元警察庁幹部は「中国側の誠意を引き出す努力が重要だが、それは外交に負うところが大きい」と指摘した上でこう語った。
 「中国は、今年の北京五輪にむけ、世界標準の安全性をアピールしたいところ。緻密(ちみつ)な国内捜査と、粘り強い科学捜査できっちり証拠を集め、日本国内での混入はあり得ないことを示し、真相解明に協力することが国益になることを理解させることが必要だ」


スポンサーサイト

Comment

2008.02.08 Fri 11:39  

清明さま、私の肉まんを擦る?(´∀`*)ウフフ(笑)
  • #-
  • ひーちゃ 
  • [URL]
  • [Edit]

2008.02.08 Fri 20:28  

                   ( ゚д゚ )
へ?―――――――――ノヽノ |
                    < <


                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
           ,ゝ `く/ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐  _- ちょっくら広島行ってくる
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,''___,;;"_;;__,,___________
///////////////////////


“わたしの肉マン”を包んでいるモノを剥がしてみると…
「なんだ、もうムレムレじゃないか フッ」
むりやり指をこじ入れると、熱い肉汁がトロリと流れた…
「もう、こんなになってるじゃないか フッ」

   ∧∧
  (  ・ω・)
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ∧∧   シュッ
 (  ・ω・)
 Σ⊂彡_,,..i'"':
     |\`、: i'、
     \\`_',..-i
       \|_,..-┘

  <⌒/ヽ-、___ モゾモゾ
/<_/____/


…いや、肉まんの話ですから…

…ということで…
クロダ帽子店の前で待ってるから~~(「金麦」のCM風に)
http://blog16.fc2.com/s/seimei/file/kurodaboushi.jpg
今日はクロダで5時~






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1228-9d8f2a85

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。