歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.18[金] 大統領選挙にちょっと意見してみる

ヒラリー・クリントン(以下、「オバサマ」と略す)がオバマ氏(以下、「オバマシ」と表す)に書面で公式に謝罪した。とのニュースを見て、元々オバサマを嫌いなボクは「姑息な…」と一瞬思ったのだが、アメリカとカナダに行った時のコトを思い出して、「白人は大変だな」と考え直した。

オバサマは、昔はもっと黒かった髪がブロンドになったコトもあり、分かりやすい白人の象徴で、オバマシは髪を伸ばせば、きっとアフロって、黒々してくるであろう分かりやすい黒人(日本固有のコトバでは「クロンボ」と言うが、キ印の人権屋に絡まれても嫌なので、「クロンボ」と表さず)である。
オバマシがマイケル・ジャクソンだったら、分かりにくい黒人になっていただろう。

ヒラリーの問題発言は、誤解されやすいコトバを選んだとはいえ、ほとんどのクロン(…おっと)黒人たちはスルーしてたのに、マスコミがギャーギャー言ったから、考えるチカラの無い人達まで騒ぎ始めた。
この点、日本も同じで、全部のマスコミがNHKのように、事象だけを着色せず淡々と報道すれば、多くの考えるチカラの無い国民は気がつかないし、気付いたとしても問題にしないのに、マスコミが色を着けるから、阿呆でも騒ぎ出す図式と同じだ。

左翼が作った教科書で学んだ多くの日本人は、「かつての」白人による黒人虐待のイメージが強いので、オバサマの発言は「横暴な白人根性の現れ」と見る向きが多いだろうが、実情は違う。
地方都市は行ってないので断言はできないのだけど、明らかに、ニューヨークやトロントの大都市では、被害妄想の黒人たちの横暴が目に付く。 あいつらは「権利」を主張したがる。
日本人名を持った、表面上日本人面した下朝鮮人や中国人、そして、同和の連中と同じで、否定された歴史を持ちだして、金銭をはじめとする「権利」を貪る図式と同じなのだ。

もちろん、そうでない黒人の割合の方が(たぶん)多いのではあるが、何しろニュースというのは、「極端」でないと報道されない。
そして、その「極端」な報道を見て一般市民は、「非道い!」とヒステリックになる。

オバサマの件を例えるなら…
「王選手はホームラン王だけど、長嶋選手の方が印象に残っています」と言ったら、「バカか?お前ら!長嶋なんか天覧試合で、たまたまホームラン打っただけやろ?王選手が最高に決まってるだろ!」と在日連中が騒いだ図式だ。(例え下手だけど)
いくら混血が進んだとはいえ、大和民族が大多数を占める我が日本において、在日の発言など、腰抜けで、考えるチカラの無い自治体関係者を除いて、黙殺できるのだけど、多民族国家はそうはいかない。
「よくよく考えたら、王選手に勝る選手はいません」と訂正しなければ、糞どものヒステリーは続く。

「24 - TWENTY FOUR」の影響(カミサンを除き立派な黒人の大統領)も絶対有ると思うけど、オバマシは様々な神風が吹いている。
オバサマの今回の発言は、自民党を倒すつもりが応援してしまう民主党の振る舞いと似てて、「ナリユキ」というモノはホント面白いと思う。


黒人票流出阻止へオバマ氏に謝罪=米大統領選・クリントン陣営
1月18日15時1分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080118-00000079-jij-int

 【ラスベガス18日時事】過熱気味の米大統領選の最中、人種問題でオバマ上院議員と泥仕合を演じたヒラリー・クリントン上院議員陣営の大物支援者が17日、オバマ氏に書面で公式に謝罪した。問題が尾を引けば、黒人票がさらにオバマ氏に流れるとの危機感から、クリントン陣営は低姿勢を取り、改めて問題の幕引きを図っているようだ。
 米メディアによると、謝罪の声明を出したのは黒人向けケーブルテレビ局の創設者で大富豪のボブ・ジョンソン氏。クリントン氏が黒人の公民権運動指導者、故キング牧師の功績を軽く見るかのような発言をしたとして、オバマ氏側が問題にした際、クリントン氏応援の立場からオバマ氏に激しく反撃し、今月半ばにも、未成年時代の同氏の麻薬服用を蒸し返す発言をしていた。
 クリントン氏は人種問題をめぐる「休戦」でオバマ氏と合意したが、民主党有権者の約半数を黒人が占めるサウスカロライナ州の同党予備選(26日)を前に、重ねて謝罪するのが得策と判断したとみられる。世論調査によれば、同州では黒人の多数がオバマ氏を支持している。

 

スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1197-902ffb11

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。