歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.08.29[水] Fuji-1◆ 富士ビジターセンター から 山神社

日本人として行くべき場所の一つに、『富士山』があると思う。
都庁の展望室など、都内の高いトコから何度も見ているし、新幹線に乗れば、見えるか気になるし… 日常的に気になる山であるのに、最接近は御殿場とか、甲府ぐらいで、富士山のフモトにしか行ったことがなかったのです。

今回、年金受給中のオッサンたちと富士山に登ることになりました。
富士山は、7月1日の山開きから8月26日のお山じまいの、たった2ヶ月しか登れない山なのです。 普通の人には。
ですから、人が集中するのは当たり前なのですが、7月初めに行こうかという話があった時は、ライブカメラで確認してみると雪があったので、重装備するつもりのないボクらはあっさり断念し、夏休みのピークを避け、山じまいの8月26日日曜日に登ることにしたのです。

まず、登山ルートは次の5つがあります。

  1.河口湖口
    スタート地点:河口湖口五合目(標高2,305m)
    登り歩行距離:7.5km
    登り所用時間:5.5時間

  2.吉田口
    スタート地点:北口本宮富士浅間神社(標高860m)
    登り歩行距離:18km
    登り所用時間:9.5時間

  3.御殿場口
    スタート地点:御殿場口新五合目(標高1,440m)
    登り歩行距離:11km
    登り所用時間:7.5時間

  4.須走口
    スタート地点:須走口新五合目(標高2,000m)
    登り歩行距離:7.8km
    登り所用時間:5.5時間

  5.富士宮口(三島口)
    スタート地点:表富士宮口新五合目(標高2,400m)
    登り歩行距離:5.0km
    登り所用時間:5.0時間

ボクらは東京方面からでは一番人気の「河口湖口ルート」を選択したのです。
しかも、頂上でご来光を拝むという一番ベタなコースです。

詳細参考サイト:「あっぱれ!富士登山」「はじめての富士山


6人いた参加予定者は、結果的に4人になり、過去の登山ペースの違いで、2人ずつの2チームに分かれました。
1チームは、先行し、8合目の山小屋で一泊というか仮眠を取って、頂上にアタックし、もう1チームは直接登ってしまうチームです。
先行チームは、G氏とS氏で、昼に集合し、G氏の車で高速とスバルラインを使って富士山に向かいます。
後発チームは、K氏とボクで、中央線と富士急行、バスを使って富士山に向かいます。
…という予定だったのですが、ボクは欲張って、先行チームと同行し、河口湖ICで降ろしてもらうことにしたのです。

■ 14:30 富士ビジターセンター
車が止まりやすい所ということで、「富士ビジターセンター」で降ろしてもらいました。
ここに用は無かったのですが、念のため入ってみました。
富士山についての知識的展示物があるのですが、全然興味が湧かず売店へ。
富士ちゃん
「富士ちゃん」ってネーミングが気に入る。 鎌倉の大仏に同様なキャラあり。
「ふじさん」→「ふじちゃん」…かわいいじゃん!? って商品見るけど、所有欲はわかず。
別のコーナーで、誰も欲しがらないであろう携帯のストラップを発見。 即買い!
奇っ怪なストラップ
左はネコちゃん、右はクマちゃん、真ん中が富士山の人体模型的奇っ怪なストラップ。
でかいし、気持ち悪い。 SoftBank用に決定。
奇っ怪なストラップ

「富士ビジターセンター」を出ました。
富士ビジターセンター

富士急ハイランド
富士急ハイランド
富士急ハイランドのジェットコースターが見えます。
ボクは、ジェットコースターフリークでありながら、ここの「ええじゃないか」には乗ってないのよ。

■ 15:30 山神社



「山神社」に到着。
ボクが行きたいのはここではないけど、「願い石」みたいなのが有ったので、持ち上げてみる。
軽々上がって、「願い事叶う」と勝手に判断するも、願い事が無かったことに気付く。
山神社



EZ Walkで場所を確認しながら、さらに歩を進める。
森を発見。 ここだな?


つづく
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1059-d0b12f63

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。