歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.08.20[月] ピカチュウエディション


わたくし、「週末に家に居た場合」という条件付きではありますが、NHKの放送を楽しみにしております。

土曜日
10:05~11:00 ふるさと発
11:00~11:40 新日本紀行ふたたび
12:15~12:38 バラエティー生活笑百科
13:50~14:00 百歳バンザイ!

日曜日
07:45~08:00 さわやか自然百景
08:00~08:25 小さな旅

地上アナログ放送のみ受信可能でありますので、「1」チャンネルから動かすことがありません。(福岡は「3」チャンネル)

余談ですが、わたくしが「神童」と呼ばれていた幼少の頃、お婆ちゃんが家におりまして、このお婆ちゃんが、AMのNHKを、起きてから寝るまで聞いていました。
あどけなく、かわいらしい、わたくしにとっては、その淡々とした放送が暗く、つまらないものでありましたので、「こんなのもやってるよ」とFM福岡にチューニングを変えて差し上げたのですが、数時間後、AMのNHKに戻っていました。
「よかれ」と思って、やってあげたことが、相手にとっては「迷惑」なこともあるのだ、ということを「神童」らしく同年代のお子様たちよりも早く知ったのでした。
今でも、田舎道などを車で走っておりますと、NHK-AMしか受信できませんので、これを聞いておりますと、暗い気持ちになるのです。

さて、一日一自慢が終わったところで話はNHKに戻りますが、「夏の甲子園」放送は、夏の風物詩でもあり、大変よろしいものですが、唯一困ったことは、通常の放送が無くなることであります。
先に羅列したような番組が中止されてしまいます。
テレビをつけてみたものの、野球は見ないので、「1」チャンネル以外に変えてみます。
もう消えてしまった、と思っていたTIMが映りました。
「ほう、珍しい」と思って見続けると、それは「ポケモンサンデー」というテレビ東京の番組で、日曜日早朝の一時間番組です。
週末、なかなか起きて来ない両親を待つ間に見る番組なのだな? などと思いながら見続けていると、「しょこたん」も出ていて、「ぎざ」とか「すな」とか言っていました。

「ニンテンドーDS Lite ピカチュウエディション(ポケモンセンターオリジナル)」が9時からネットで販売される。と番組の中で発表されました。
わたくし、「ポケモン」という存在は知っていますし、「ピカチュウ」という黄色い人が「ぴ~か~」と鳴くことも知っていますが、テレビアニメも映画も見たことありません。
ニンテンドーDS自体も欲しいとは思っていなかったのですが、なぜか「黄色いのが欲しい!」と思ってしまったのですよ。
9時ジャストに購入手続きをしたのですが、結果的にゲットできませんでした。
「物欲」とは恐ろしいものです。
「欲しい」とは思っていなかったものを「欲しい」と思ってしまうのですから。
ただ、黄色いだけで。

もし、黄色いDSを手に入れてどうするのでしょう?
小田急線の中で、運転席が見える車両の一番前の、子供が集まりそうな場所に立って、おもむろに黄色いDSを出して、「いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS」とか「見る力を実践で鍛える DS眼力トレーニング」などをプレイして、子供の熱い視線をあびる快感に打ち震えればいいのでしょうか?
普段から子供に愛想をふりまかない、わたくしがそのようなことで快感に打ち震えません。
冷静に考えれば意味がないことであります。

…などと言いながら、↑ このSuicaは欲しい!

物欲ついでに、最近、一瞬欲しいと思ったもの。↓
携帯電話につなぎます。

http://www.to-conne.co.jp/trd/index.html
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1052-aaf1accf

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。