歩くの大好き!

 ヒアルロン酸が枯れるまで

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.08.12[日] 父島を離れる

父島を離れる
航路を見れば分かることなのですが、父島から母島に向かう時は、進行方向に向かって左側、逆は右側に陣取りしておけば、島が見えて、楽しいです。 楽しいですけど、行きの時に、ずっと見ていたので、帰りには、暑いデッキにはそれほど長く居ず、エアコンの効いた客室で熟睡していました。 起きた時には、もう父島が見えていました。

父島を離れる
小笠原丸が居ました。

会計担当との手違いがあって、宿代をボクが払わなければならない状況になってしまい、10万円弱を払ったボクは所持金が無くなってしまいました。 カードが使える宿でもなかったのです。
母島にも「JA(農協)」と「郵便局」の2種類の金融機関がありますが、週末は営業していません。 この日は日曜日でしたので、どうすることもできません。 母島より大きな父島の金融機関に賭けるしかありません。
なにしろ、昼食を含め、数時間後に出る小笠原丸の中も、東京に着くまで30時間ぐらい飲まず食わずで過ごすしかないのです。
同行の人が、父島滞在中のAさんに連絡を取ってくれました。 金融機関が使えなかった場合は、Aさんにお金を借りるつもりだったのです。
父島に到着すると、まずはATMに行きました。 郵便局のATM1カ所のみ開いていました。 しかし、ゆうちょカードは持って来ていないし、持っていたとしても郵便口座には千円も入っていません。 「南無三!」とばかりに銀行カードを投入すると、カチャカチャ音を鳴らしながら、手続きができて、無事出金できました。
こんな時、映画ロッキーの「GOING THE DISTANCE」が鳴ります。 バルボアのようにバンザイして飛び回りたくなります。

Aさんと逢い、「とりあえず飯を喰いに行こう」と軽自動車に乗って、名物のタンメンを食べに行きました。
ビールと餃子も喰い、出航ギリギリに小笠原丸に乗ったのでした。

父島を離れる
盛大な見送り。
次は是非とも父島を廻りたい。

父島を離れる
クルーザーなどが次々に出航します。

父島を離れる
父島を離れる
みんな手を振っています。
なかなかダイナミックな光景で、感動します。 涙が出ます。

父島を離れる
小笠原丸に乗っている人の中に花輪を投げる人もいます。

なんだか、独身が長いせいか、明石家さんま的になっているのか、こういった花輪を投げる女性って「いいなぁ」と思うのよね。 かわいらしいよ。
あと、最近いいなぁと思ったのが、ハワイで見た花の髪飾りをした女の子ね。 自分が女の子とハワイに行く機会があったら、是非とも花を髪に飾って欲しいよ。

その場その場の『ハレ』の装いとか振る舞いってあると思うのよね。
場と空気が読めていて、それを実行できる人って素敵だと思うのよ。

身近な例で言えば、ディズニーランドでネズミなど動物の耳付けてる人って、楽しんでいるなぁって感じだし、かわいいと思うのよ。 でもランドを外に出たら、舞浜の駅までに外さなきゃダメなのよ。
あと、野球場でのメガホンとか、バレーボールでの空気が入った大きな棒とか、そこに居れば持っているべきだと思うのよね。

父島を離れる
父島を離れる
父島を離れる
父島を離れる
船から飛び降ります。

父島を離れる
飛び降りたい人が飛び降りてしまえば、その船は見送り終了。

父島を離れる
父島を離れる
父島を離れる
父島を離れる
父島を離れる
父島を離れる
この船に乗っている人たちは、ライフジャケット装着しています。 気合いが入っています。

父島を離れる
かなり沖で、次々に飛び込みます。

父島を離れる
ライフジャケットが全員飛び込み、ブイとか機雷みたいに、列になってプカプカ浮いていました。
これはかわいい。

父島を離れる
さてさて、現実とか日常が待つ本土へ向かいます。
スポンサーサイト

Comment

2007.08.12 Sun 18:22  史上最強自動アフィリエイトツール

SEO対策なんて時代遅れです!
史上最強自動アフィリエイトツールの決定版!!
http://saikyoutool.bakufu.org/
  • #-
  • アフィリエイター 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://seimei.blog16.fc2.com/tb.php/1041-46bfc547

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。