歩くの大好き!

Date : 2008年10月

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.30[木] 黄色いインコ





赤坂中心に、赤坂アートフラワー08 というイベントが催されています。
サカスの一番目立つトコロに名古屋出身のアーティストが集めた粗大ゴミがあったりして、アートって分からない作品達がアチラコチラに散在しているようですが、アートと分からないので気がつきません。
そんなワケなので、パスポートと言う名のガイドブックを千円で売っていたりします。

ゴミを集めた名古屋人のコメントをテレビで見ました。
東京にゴミを集めないで、名古屋駅前にでも集めていればいいじゃん?ってカワイく思いました。

「アート」って便利なコトバだなぁ~ と確認させられるイベントです。(キャハッ!)


この黄色いインコは、かなりマシな作品ですが、周囲に安っぽい店が並んだり、ブルーシートの駐輪場の中だったりして、イベンターは盛り下げるのに必死です。
TBS主催って書いていますが、ホントはドコの広告代理店なのでしょうか?
赤坂に引っ越してきたアノ会社でしょうか?
様々な意味で感心します。(テレッ!)





黄色いインコ


伊丹哲也とSide By Side - 街が泣いてた
スポンサーサイト

2008.10.27[月] AKB



AKB48のファンのDさんに、新曲CDの特典を見せてもらいました。
生写真と握手会参加券です。
昨日、彼は握手会のために白髪染めを兼ねて床屋に行きました。

夢中になるものがあるって、いいなぁと思うものの、Dさん50歳だしなぁ…

なんだかボクを含め、いつまでも結論を出さずに、妄想ということもできる夢を見続けている人が多い気がする。
いつか清算する時が来るのでしょうが…

いや、もしかしたら、国の借金と同じく、清算しないまま終わっちゃっていいのかしら?




REBECCA - Raspberry Dream


REBECCA - MOON

2008.10.24[金] アメノアト

東京はすごい雨だったの。 今も小雨が降ってるけど…

今年の夏も小笠原に行ったのね。
小笠原で雨になっていても、ほとんど通り雨って言うかスコールでお終いで、どっかで雨宿りしてればいつか止むってことしか経験したことなかったの。
でも今年は数日間雨の日が続いたの。
宿に籠もってるしかなかったの。
買い置きしてた日本酒を昼間から飲んでいたの。
遠い小さな離れ島の、小さな部屋で、いつ止むか分からない空を眺めていたの。
夕方になって、お酒が尽きた時、雨が止んだの。
お財布を持って、お代わりを買いに部屋から出たの。
そこで、なんだか久しぶりに大きな虹を見たの。




Brett Dennen featuring Femi Kuti - Make You Crazy

2008.10.23[木] ダイブ



中央線には負けるかもしれないけれど、小田急線も毎日のように人身事故がある。
イメージだけかもしれないけれど、地下鉄は人身事故が少なく、外を走る電車にしかないような気がする。

電車を待つ間、広い風景を眺めているうちに…

あぁ… なんか、やっぱり嫌だな。
世間はのんびりした空気が流れているのに…
なんだかオレだけ不幸じゃん。
借金ももう限界だし…
返せる見込み、ドンドンなくなっちゃったし…
もうやめちゃおうかな
生きるの

って、来た電車にダイブしたりするのかな?

転落防止策として、ホームドアがある。
地下鉄を中心にドンドン、ホームドアが増えている。
南北線なんか天井までドアがあるので、ホーム自体が室内って感じだし、飛び込むのが無理っぽい。
中には本人の意思じゃなくて、誰かに押されて落ちるヒトもいるみたいだけど…

ボク的には、ホームドアって過保護過ぎて好きじゃない。

以前、勤めていたデザイン事務所の女社長は、絶対にホームの一番前には並ばないって言ってた。
他人を信用していない証拠じゃん!?って思って、さらに嫌いになった。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」で江戸に出たばかりの竜馬が、背後に殺気を感じるのだが、斬られたら斬られた時だ。みたいなシーンがある。
運命と言うか宿命に逆らわないって感じで、「いかすぅ~」って思ったものだった。
当然、それからホームの一番前に並ぶ時は、「押されたら、それまでだ」と竜馬になった気分でいるのだ。

こども、特に男の子って電車が好きで、車窓から見ていると、親に抱っこされて、手を振っているこどもをよく見る。
そして、電車の運転手に憧れたりする。
なんとか鉄道会社に入社できても、駅の勤務や保線だったりする。
それで、挙句の果てには、飛び込んだヒトの、肉の欠片を火バサミで拾う作業をしたりするハメになったりする。
夢が叶い運転手に成れても、飛び込む人を目の前で見れたりする。

やっぱりさ、電車に飛び込むのは止めようよ。
死にたいなら、富士の樹海とかで、人知れず土になればいいじゃん?
食物連鎖の観点から考えても、正解だし、エコじゃん。

エコついでに言うなら、「チームマイナス6%」とかアピールしなきゃエコ活動ができない偽善者たちは、お前らがいなくなることで「一人マイナス100%」達成できるんじゃないの?って思うよ。
お前が息しないだけで、飯喰わないだけで、移動しないだけで、ケッコーなエコだと思うよ。

ね。
お願い。いなくなって。 (お目目がキラリ)

「チームマイナス6%」を謳う企業は… CO2削減のために、社員の6%を削減します。 …とクビキリするとか?どう?








2008.10.22[水] Folk song


チューリップのアップリケ


風をあつめて


帰れない二人

2008.10.21[火] キングジムのデジタルメモ帳「ポメラ」



文具メーカーが作ったデジタルツールは、往々にして単一機能であり、拡張性が無く、魅力を感じないのだが、文字入力だけという機能に特化した「ポメラ」は割り切りがよく、いいかも。
携帯電話でもちょっとしたメモはとれるのだが、経験的にソニーエリクソンの文字変換はケッコーナイスなのだけど、トーシバとかパナソニックとかはアホ過ぎて使う気が失せる。
そもそも携帯で長い文章の入力がオックウな前世代のオレ的には、ミニパソコンを持ち歩くか?とも考えたコトがあるけれど、パソコンと考えると、スペックが気になったりして、その割に高いなぁなどと感じたりして、結果購入に至らずだったのだけど、「ポメラ」はATOK搭載ってコトで変換に不安はないし、電池で動くのもいいじゃんって感じ。
あとは実際に触ってみて、27,800円を高いと感じるかどうかだな…

電車の中で、DSやPSPやiPhoneに囲まれて、地味な画面で、破廉恥な文章をひたすら打ち込むオレは、きっとナイス!

2008.10.20[月] 野田さん家の聖子ちゃんについて



「ネット情報」とか、「ネットの意見」とか、当たり前のメディアであるインターネットに流れるテキストには「ネット」というククリが付く。
ネットは基本的にチェック機関がないので、垂れ流しの情報もあり、ウラを取っていない情報も多々あるのは事実であり、テレビやラジオで流れる情報に比べ、アヤウイ情報も多いのかもしれないが、新聞や雑誌、TV、ラジオといったタグイは、スポンサーがいるワケで、このスポンサーの顔色をうかがいながらの情報であるので、スポンサーの意向に沿った情報操作になるワケで、実はアヤウサという点では、そんなに大差ないのでは?とも考えるコトができる。

ネズミ講にパーティー券を売って選挙資金にしている野田聖子が、コンニャクゼリーを狙い撃ちしたコトに対し、ネット上では、批難のコエが上がっているようだが…

コンニャクゼリーは、マツキヨの店頭でメダマとして特売をしていたぐらいだから、当然ボクも3袋まで。と書かれていれば3袋買い、次のマツキヨに行ってまた3袋買い、カバンに入るだけコンニャクゼリーを買っていた一般市民であり、同商品は、国民に絶大な支持がある食品であるコトは間違い無いワケで、コンニャクゼリーがお米や味噌と並ぶ『常食』であったワケで、この『常食』を否定したワケだから、ネット上だけでなく、お茶の間でも野田聖子が批難されていることは容易に想像できる。

すなわち、野田聖子は国民感情にそぐわない主張の持ち主である。と言える。

コンニャクゼリーを狙い撃ちしたコトは、政治家の横暴であり、選挙区である岐阜1区の有権者は次の選挙で、どうするべきか言わずもがなである。


祈願! 野田聖子 コンニャクゼリー落選!



こんにゃくゼリーメーカーに激励の声殺到 ネットでは販売中止反対の署名活動
10月17日19時45分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081017-00000002-jct-soci

 「こんにゃくゼリー」で高齢者や乳幼児の窒息死亡事故が相次いでいる問題で、最大手の製造メーカーは、大部分の製造を一時中止することになった。ところが、その直後から「こんにゃくゼリーだけが悪者になるのはおかしい」といった声が相次ぎ、ネットでも販売中止に反対する署名活動が行われ、メーカーにも「普通では考えられない数」の激励の声が寄せられているというのだ。

■ネットの反対署名1万1000を突破

 1歳10ヶ月の男児が2008年7月、凍らせた一口タイプのこんにゃくゼリーを飲み込んで窒息、08年9月に死亡した事故を受けて、野田聖子消費者行政担当相が08年10月2日、こんにゃくゼリーメーカー最大手「マンナンライフ」の鶴田征男会長らを内閣府に呼び、再発防止策の提示などを求めた。その席で野田氏は「(従来の)小さな警告マークのみの商品は自主回収し、一から出直すことも考えては」などと促した。

 一方のマンナンライフは、「行政の要望に対し、時間的に早急な対応が困難」などとして、事故があった「ミニカップタイプ」の製造を、10月8日から当面の間、中止することになった。

 ところが、これと時期を同じくするように、「もちや米も窒息のリスクがある」という指摘も出て、「こんにゃくゼリーの『狙い撃ち』はおかしい」といった「こんにゃくゼリー擁護論」が広がりを見せているようなのだ。

 例えば、J-CASTニュースが掲載した「『こんにゃくゼリー』法規制混迷 『もち』『米』も危険という声も」という記事にも、多くの「擁護コメント」が寄せられているほか、ネット上で署名活動を行うサイト「署名TV」では、10月3日から、こんにゃくゼリー販売中止への反対を呼びかける署名活動が始まっている。当初の目標が1000だったのに対して、10月17日午後には、1万1000を突破している。

 署名には、

  「時々しか食べませんが、無性に食べたくなる時があります。その時食べられないのは、辛い」

  「今回は確実に消費者側に落ち度があったと思います」

などといったコメントが数多く添えられている。署名は11月3日まで受け付けており、相当な数の署名が集まるものとみられる。

■「98%は激励の声」

 「擁護論」は、ネット上にとどまらない。マンナンライフの品質保証室によると、事故以降、電話・メール・葉書などで、同社を激励する声が相次いでいるのだという。同社では、

  「具体的な数については控えさせていただきたいのですが、通常では考えられない数です。非常にびっくりしています。とても励まされています」

と話す。そうは言っても、事故で死者が出ているだけに、批判の数も相当数にのぼるのではと想像されるが、実際のところは「批判の声は全体の2%で、残り98%は激励の声」という、異例の事態を迎えている。

 なお、今回の事故の原因となったこんにゃくゼリーは、同社が82年に発売。94年に「蒟蒻(こんにゃく)畑」のテレビCMで人気に火が付き、「こんにゃくゼリー」の名前が全国的に広まったが、製造方法は「こんにゃくの中にフルーツ果汁を混ぜる」というもので、元々の呼び名は「フルーツこんにゃく」。同社に取材する限りでは、「こんにゃくゼリー」は、「ゼリー」というよりも「こんにゃくそのもの」と言った方が正確だ。

 同社では、生産の再開について、

  「表示も、容器も、中身も検討し直す必要があって、生産再開については、なんとも申し上げられない状況です」

と話しており、見通しが立たない状況だ。

 同社が本社を置く群馬県は、こんにゃくの原料である、こんにゃくいもの生産日本一で知られ、04年度の統計では全国の生産量の82.1%を占めている(日本こんにゃく協会調べ)。

2008.10.18[土] 渋谷のんべい横町「鳥重」



数日前、自由が丘の某事務所で「おいしい焼鳥屋」の話になり、ボクは大久保の「宮川」が旨いと言い、Tさんは渋谷の「鳥重」にかなう店は無いと言いました。
それで、早速「鳥重」に行くことになったのです。

渋谷駅のJR山手線と明治通りのわずかな隙間に「のんべい横町」があります。
「呑兵衛(のんべえ)横町」と呼ぶ人も多いし、ボクもそう思っていたのですが、看板には「のんべい」とありました。
20年ぐらい前は渋谷中心に遊び散らかしていたのですが、その後の就職や引っ越しなどで、渋谷の縁が薄くなってしまったので、「のんべい横町」で飲んだことはあるハズなのだけれど、余り定かな記憶がないせいもあります。
横町の位置はJR渋谷駅のすぐ脇で、新宿の思い出横町(正式名称:しょんべん横町)や溝の口の西口商店街の成り立ちに近いものがあると思われ、戦後のホニャララでできあがったのでしょう。

この「のんべい横町」に「鳥重」はあります。

この「鳥重」の店内は、L字型のカウンターが有るだけの小さな店ですが、初めて尽くしのことだらけでした。
以下、体験したコトと人から聞いたコト

1.予約が必要で3交代制
 人気店で席が少ないこともありますが、まず予約が必要で、その予約は翌週の分しか取らない。
 1日、18:00、19:30、21:30の3回転。
 11人座れば動くことができないぐらいの店だし、予約は3人ぐらいまでのグループまでしか受け付けていないようですが、実績として5人の予約を入れた人もいるみたい。

2.とにかく「待つ」
 3回転ですが、厳密に時間厳守でもないようで、ボクらは最後の9時半の予約だったこともあり、入店できたのは10時20分ぐらいでした。
 店に入ってからも、前の客の皿やコップが洗い終わるのをじっと待ちます。
 店主はお母さん一人。 お客はその所作を見たり、たばこを吸ったりしてじっと待ちます。
 炭の世話をしたり、鳥を冷蔵庫から出したり、お通し(後述)を用意するのが終わって、お通しが配られ、「ご注文お伺いします」と言われてから、順番に注文します。
 それから串に刺したり、切ったり、焼いたりするので、待ちます。
 注文の順に焼き上がった鳥が配られます。
 その鳥がデカい。 一人二本は多過ぎる。 大好きなモノであれば別ですが、いろいろ食べたい人は1本ずつで充分。
 
 「しきたり」がある店です。 初めての人はカウンター下の雑誌や新聞に紛れてマニュアルが置いてあるので、この待つ間に熟読します。

3.酒の量は制限がある
 ビールは1グループ2本まで。 大変貴重なビールなので、チビチビ飲みます。
 焼酎は量り売り。 ボクらはグループだったので、1本飲んでしまいましたが、1人で来ていた人はビンを明かりに照らし、最初の量と飲み終えた後の量で、清算していました。
 日本酒もあります。
 店に入ってすぐに「とりあえずビール」なんて注文は御法度で、全てお母さんの手が空いた時に注文します。 空気が読めない人はNG。

4.お通しはチビチビ食べる
 大根おろしにうずらの卵がどんぶりに入ったお通しは最後のスープにも使います。 チビチビ食べます。

5.店に入る前に用を足しておく。
 店の奥に入った日には店の外に出ることは不可能。 店に入る前に用を足しておきます。

6.おしんこが出て来たらそろそろおしまい
 最後はおしんこが出て、お通し(?)の器を回収し、スープが入ると終わりです。


鳥はどれも新鮮でビッグサイズ、鳥のお刺身も絶品。 しかも超安い。
…と言っても、店内にメニューや金額の表示は無いので、事前に経験者やネットで情報をとっておくことが肝要。(ここに詳しい)
一番いいのは経験者に連れていってもらうことでしょうな。
ボクらは4人で行って、腹一杯食って、ビール2本と焼酎1本飲んで、7,500円程度でした。
時計を見るとテッペンでした。 また外泊でした。



渋谷のんべい横町「鳥重」

2008.10.12[日] コクーンタワー建築近況 15



工事用の明かりじゃない姿を初めて見た。 もうオープンしたのかしら?

住宅用のビルじゃないからまだマシかもしれないけれど、徐々にブラインドが付いたりして、だんだん夜の姿がつまらなくなったりするんだよなぁ~




キラーズの新曲ですよ↓


The Killers - Human

キラーズと言えば ↓


The Killers - When You Were Young

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。