歩くの大好き!

Date : 2006年06月

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.06.30[金] 南北朝鮮に関して

2ちゃんねる」は見方がよく分からないし、変なソフトをインストールしたくないので、「痛いニュース(ノ∀`)」を見るのだけど、このサイトは、おいしいトコだけ抜き出して、楽しく編集してて、最後のアフィリエイトのオチも上手い。
相変わらず、ネラーの嫌韓の様相は変わってないけど、ここまでひつこく韓国のおかしな記事を読まされると、逆に日本人も韓国人もお互いに大好きなんじゃないの?とさえ思えてくる。

北朝鮮の国家ぐるみの人さらい関係のニュースで、また、かつぜつ(滑舌:辞書にこの漢字は無い)の悪いおじいさんと物怖じしないおばあさんが画面によく出る。
以前にも書いたけど、北朝鮮による日本人拉致被害者数は、たった16名である。(日本政府認定数)
お隣の国の狂気なので、気にならないワケではないけど、あまりじっくり見てもないし、考えてもなかった。
「横田早紀江の壮大な演出と謀略 - 週刊現代の横田めぐみ死亡説」/世に倦む日日”を最初読んだ時、「ん?書いてることがよく分からんな。」と思った。
しかし、読み進むうちに、「なるほど。なるほど。」と思い始めた。
拉致関係の記事に興味がなかったボクでも、マスコミに報道されるまま、受け取ってしまっていた。“へそ曲がり”でいることが信条なのに!

“世に倦む日日”の説を全面的に支持するワケではないけど、久々に目から目クソだった。
スポンサーサイト

2006.06.30[金] 朝は朝で…



ねちょ~と暑い日が続いているよね。
当家には暑さ対策用品が扇風機しかなく、窓を24時間開けているんだけど、窓には網戸が無いのよねぇ。
網戸が無いから、夜は虫がよく入って来るのさ。
たまに完徹などしていると、草木が眠るはずの丑三つ時だろうが、虫はやってくるんだよなぁ。
あの人たちは寝ないのかしら?
脳ミソが大きい動物ほどよく眠るんだっけ?
それが正解なら虫はほとんど寝なくていいなじゃないのかしら?

いろんな虫が入って来るけど、あら?またクワガタ来た?と思ったら、ゴキブリだった。
あいつら飛んで、正面から入って来やがった。
っていうか、あいつら人間めがけて飛ぶもんね。
クワガタだったら、クワガタのゴハンを探すとこだけど、ゴキブリの場合は当然殺虫剤よ。もしくは叩くモノ。
殺虫剤はかかったトコが気持ち悪くなるので、泡で固めるヤツも買ったけど、あれは噴射範囲が極めて狭いので、ゴキブリに当てるのが至難の業だよね。
お袋は殺虫剤を使わない。そこらにあったモノで叩く。
叩いて半殺しにした後、紙で包んでゴキブリの頭を潰す。
ここまでしないと生き返るから。
子供の頃、そんな教育を受けて育った。
ただし、子供にゴキブリ退治を任せて逃げられることは許されないのだろう、全部自分で殺して、見せてくれた。見せてくれなくてもいいのに。
母ライオンが子ライオンに狩のしかたを教えるような感じなのかしら?
そんなにかっこよくないけど。

ん?待てよ… 頭潰すってコトは脳があるってことかな?
触角もあるし、いろいろなセンサーが集まっていることは確かだよな。
で、虫が入る度、思う。
これがかわいい動物だったら…

例えばラスカルが勝手に入って来たら…
ゴハンを探して何か食べさせて、お風呂に水を張って、そこで遊ばせるよ。
あの小さな手で、耳かきとかしてもらおうかな?
しかし、さすがにボクも大人なので、実際のアライグマがあんなにかわいくないことは知っているし、ウチの近所でアライグマが歩いているのは見たことがない。
現実的に考えよう。
ネコだったら…
遊びに来るなら来てもいいけど…
って、4階なので、ネコが上がって来ることはないだろうね。
実家の年寄りネコは2階にも上がらなくなったし…

相変わらず鳥はよく来るよ。
水浴びしに。
こないだ暑い盛りに、家にいた時、水浴びを見てたら、なんか不満そうな顔している。
確かに水の量が減っていたし、この暑さで水が温くなっていたんじゃないかな?
なんだか申し訳ないような気になって、飛んで行った後、水を入れる陶器を洗って、水をジャブジャブにしてやって、次に来るのを待った。
せっかく、ジャブジャブにしてやったのに、次に来た人は水浴びでハシャギ散らかしたので、水が半分ぐらいになった。
自分で減らしておいて、水が少なければ不満顔ってどういった了見よ?え?
ちなみに、スズメは水を飲むのも水浴びも下手みたい。

暑いし、仕事残ってるしで、4時頃まで起きてるんだけど、もう関東は白み始める季節になったよ。
「いやぁ~、朝が早くなったねぇ。」
「あ~、早くなったねぇ。こんな調子だったら、12月頃には夜9時ごろには朝が明けちゃうんじゃないの?」
「…え?そうなの? でもさ、そうなったら、“夜の9時”って言った方がいいの?“朝の9時”って言った方がいいの?」
そんな会話が聞こえて… きたことはない。
それで、何時に起きるかっていうと、7時ごろには起きる。
っていうか、起こされるんだよね。
どうも、マンションの庭の大木にスズメの赤ちゃんがいるみたいで、朝早くからチュンチュン鳴き放し。
あなた。そんなに鳴いたら、居場所分かっちゃって、人さらいが来るかもよ。と思うのだけど、あれって親も止めさせないのかしら? よく鳴く。
その声で起きる。
で、スズメの子に起こされる度、思う。
これがカラスの子だったら…

猟をしてる近所の家からライフル借りて、巣ごと吹き飛ばしてやる!





虫を食べるはなし
ゴキブリ列伝
大好きなラスカルの部屋

2006.06.29[木] ムシ~虫~無視

次期日本代表の監督はオシムが前向きなので、すんなり決まりそうな感じ。
もう少し抵抗すれば、「オシム惜しむ!監督就任」ってなタイトルを付けたスポーツ新聞が出るはずだったのに。
オシム氏は音で聞くと「オシムシ」で「オシ虫」とも聞こえる。
サラリーマンでコンサルにいた時、アルバイトの女の子が、漫画家の手塚治虫を「テヅカオサムシ」だと思っていて、“手塚治虫氏”と書いてあれば、「テヅカオサムシシ」って読むから言い難いなぁと思ったと言ってた。
確かに日本語は難しい。
最近、仕事で新潟の地図を作ったのだが、「糸魚川」という市があるのだけど、「いといがわ」と読む。昔、読めなかったことを思い出した。
そもそも新潟の地名は読み方のルールがちょっとおかしい。
隣の隣、秋田県に能代(のしろ)市というのがあるけど、新潟県に流れるのは、能代(のうだい)川だ。
「新発田」も「しばた」だし、何かあるんだろうな。いつか調べてみよう。

新潟とは関係ないけど、ボクが一番おかしいと思っているのは、鳥取県の「鳥取(とっとり)」だ。
名詞の「鳥」が「とっ」となるトコが分からん。
「取鳥」なら「とっとり」と読んでもおかしくない。
でも逆なのよね。
ど~なの?

2006.06.28[水] ○○放題

今月初めまで“焼肉”がマイブームで、週に1度は焼肉屋に行っていた。
「食べに行く」と決めている時の焼肉は、あまりビールなどを飲まないので、腹いっぱいになれば終了なので滞在時間も短い。
芸能人の話を聞いていると、“焼肉”をよく食べているイメージがあり、叙々園の名前がよく出てくるけど、安いものしか頼まないせいか、特別に美味しいとは思わない。
焼肉ブームの前は、“和食”ブームで、「やっぱり歳とって来ると、あっさりしたものを好むようになるんだなぁ。」と思っていたけど、こってり焼肉ブームが来た。
焼肉食い放題も行ったけど、元々そんなに量を食べる方ではないので、徳したのか損したのか分からない。

今は、サラダバーブームで、野菜食い放題の店によく行く。
日照不足などで野菜が高騰していると聞いたし、スーパーで売っているレタスなども小ぶりな気がする。高いか安いかは知らん。
安く、おいしく、大量に野菜を摂るには、サラダバーがよかろうという単純な発想だ。

実家の両親などは中国野菜を絶対に食べない。野菜の産地についてはボクも思うところはあり、一概にサラダバーだからと比較できないとは思うけど…
シズラー(Sizzler)はパスタなど野菜以外の種類も多いし、オーガニック野菜らしいので、分からんでもないけど、サラダバーだけで1,470円もする。ちなみにディナーでサラダバー付きにするとプラス1,000円で食べられる。
フォルクス(VOLKS)は肉料理のメニューには全部サラダバーが付く。多くの人は肉を食べに行っているのだろうけど、ボクは野菜を食べに行く。サラダバーのみでは630円らしい。現実的に食べられる量とスーパーの価格を比較しても妥当な金額である気がするけど、産地はよく分からない。ちなみに行ったことはないけど、評判のいい神戸屋レストランのサラダバーと同じ価格だ。
ピエトロ(PIETRO)にも全店ではないみたいだけど、セットメニューでサラダバーがある。スパゲッティーと呼んでいたモノがパスタと呼ばれ(形や太さでイロイロあるからでしょ?知ってるけど、「この穴の開いたスパゲッティ」とか「ねじったスパゲッティ」でいいじゃん)、種類も何だかイロイロあってよく分からないので、「赤いヤツ下さい」と注文するぐらいなので、スパゲッティの味は覚えてないけど、サラダは満足だった。(だってさ、ピエトロってドレッシング美味しいじゃんね。高いし、家では野菜を滅多に買わないので、実家に帰った時しか食べないけど。) お替りの時に「お客様。どうぞ、新しいお皿をお使い下さい。」と親切にお皿を替えてもらったのだけど、ドレッシングを変えるワケじゃないので、同じ皿でいいのに。
サイゼリヤ(Saizeriya)にはサラダバーがないのだけど、自社(国内)で作っているので、なんとなく安心だし、価格と量も安定してたんだけど、今年は少なくなっている気がする。
まだ他にもあるけど、これぐらいにしとく。

サラダバーという野菜喰い放題の次のマイブームは決まっている。
電車乗り放題だ。
青春18きっぷの季節が来る。
11,500円で5日電車乗り放題だ。
どうも、認知度が上がったのか、青春18きっぷ関係の本が増えた。
本屋に行く度、立ち読みしているけど、なかなかいい本がない。
どうもピントがズレてる本が多いのだ。
そしてついに本日、ジャストフィットというか、バッチリというか、お尻までしっかりガードな本を見つけた。
旅の手帖”7月号も「青春18きっぷ夏の旅」という特集なのだが、それではなくて増刊の方の“「青春18きっぷ」で行く~ 鉄道旅名所100”だ。
これよ!これ!
最長距離チャレンジや全路線踏破など、電車に乗りまくらなければ、青春18きっぷの意味がない。一日2,300円以上乗らないのなら、普通に切符を買えばいい。
どこが出発地なのか人それぞれだし、青春18きっぷをフルに活かそうとすれば、観光対象は駅から離れていない所に限られる。
絶景車窓など列車編や風格ある駅舎など駅編など、電車に乗っている時間のいい過ごし方だったり、駅舎そのものが対象だったりで、写真がいっぱい載ってるし、この本は大正解よ。
ページをめくる度、テンション上がりっぱなしで、今年は青春18きっぷ4回買って20日ぐらい旅したい気分だ。

ただいつもの問題なのだが、宿泊代がなかなかセーブできない。
あと、3セクの路線。なるべく一筆書きで旅行したいと思っても、部分的に3セクを使わなくてはいけない場所があったり…
でも、時刻表とにらめっこしながら、プランを立てるとこから楽しいんだよ。うひひ。

青春18きっぷ参考サイト
青春18きっぷさかなのページ
「青春18きっぷ」超基本ルール10(All About)


2006.06.28[水] 中田ヒデのカリスマ性から(BlogPet)

今回は、幹事長が全てを仕切っていたからだ

逆に一番美しい形は、ガバディだかそんな名前のたかが通訳の糞生意気野郎がいたりで悪役がいた

金丸信、点を入れそうな気がする

スターは神輿

二流もしくは三流らしく担ぎ手を担ごうとして馬鹿丸出しだったと思う

ただ、森派会長をやってる分には乗るべき神様(トップ)
が、首相になって馬鹿丸出しだったと思う

ただ、森派会長をやってる分には、トップになって、カリスマ性を勘違いしていくための“魅力”
が必要だ

逆に一番美しい形は、カリスマ性が無ければ豪腕そうに見えたの時は、自分のカリスマ性を勘違いしてて、しかるべき人間が神輿にもかかわらず、真っ当にヤクザやっていれば、お金、知力、ガバディだかそんな名前の組織にはお飾りで悪役がいたからだ

逆に一番美しい形は、幹事長時代なかなか豪腕そうに見えたのは、自然と担ぎ手に成りたがる奴だ

逆に一番美しい形は、ムードメーカーもあるが、当然、担がなかった

金丸信、小沢一郎、点を入れそうな気がする選手もいるが、当然、日本のトップレベルは世界的にはカリスマ性が無ければ、奴らが通った後は世界的に暗い

レンタルを揃える音頭取りが重要になっていれば、お金、知力、判断力、腕力などが必要だ


森喜朗は、ケツの糞生意気野郎がいたりで悪役がいた

結果的には乗るべき神様(みこし)
にはカリスマ性を勘違いしてて、そして維持してていると思う
と、清明が考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「柴田くん」が書きました。

2006.06.27[火] 中田ヒデのカリスマ性から

まだワールドカップ中だというのに、日本がいないので個人的には何か白けている。
一応見てはいるのだが、所詮、にわかサッカーファンの一人だからだろうとは思う。
ただメディアも明らかに白けているように見える。扱いが低くなった。放送の順番が下がった。

この世の組織には、トップという存在が必要で、トップにはトップになって、そして維持していくための“魅力”が必要だ。
よく例えられる…
神輿(みこし)には乗るべき神様(トップ)が居るわけだが、当然、担(かつ)ぎ手が居ないことには神輿は進まない。
その担ぎ手には、担ぎ手同士の足並みを揃える音頭取りが必要だ。
人数が少ない時は、神輿に乗るトップが音頭取りを兼ねることもあるが、組織が大きくなればなるほどトップとは別の音頭取りが重要になってくる。

古い自民党の時は、幹事長が音頭取りで、首相はお飾りで、幹事長が全てを仕切っていた。
金丸信、小沢一郎、綿貫民輔、梶山静六、三塚博、野中広務、古賀誠…
政治家などにならず、真っ当にヤクザやっていれば、奴らが通った後は、ケツの毛一本も残しそうもない面々ではないか。
一方、同時代の首相であった竹下登、宇野宗佑、海部俊樹、小渕恵三などチワワからも噛み殺されそうな面子だ。
そんなチワワにも負けそうな人がトップでいられたのは、音頭取りがシッカリしていたからだ。

森喜朗は、幹事長時代なかなか豪腕そうに見えたのだが、首相になって馬鹿丸出しだった。
ただ、森派会長をやってる分には、よく烏合の衆を仕切っていると思う。
トップはトップでも領分にあった分に留まっていればいい例だろう。

トップになる人間には、カリスマ性、お金、知力、判断力、腕力などが必要だ。
カリスマ性が無ければ、お金で担ぎ手を雇えばいい。
一番困るのは、自分のカリスマ性を勘違いしてて、金も持たないくせに神輿に乗りたがる奴だ。
逆に一番美しい形は、自然と担ぎ手が集まって来て、しかるべき人間が神輿に乗るスタイルだが、積極的に担ぎ手に成りたがる人間が少ないような気がする。プロの担ぎ手になる生き方だってあるのに。

(やっと本文に入る)
中田英寿にはカリスマ性があると思う。
実際、今回のワールドカップでもキャプテンマークを付けていないにもかかわらず、マスコミはヒデを追ったし、コメントを取りたがった。
ただし、前回のワールドカップでのヒデのカリスマ性が最高潮で、今回は下降線上だったと思う。

前回は、トルシエと選手達との距離があったり、ガバディだかそんな名前のたかが通訳の糞生意気野郎がいたりで悪役がいた。
そして、選手の中に中山雅史や秋田豊という兄貴分でしかもムードメーカーがいた。
そういった環境の中で、ある意味ヒデはノビノビ勝手ができた。

ところが、今回は自分が兄貴分なのだが、悪役はいないし、ムードメーカーもいない。
ヒデは楽しい側のムードメイクが無理な性格。
彼の理屈は全部正解なのだが、彼の神輿の担ぎ手が集まらなかった。
結果的に誰も神輿に乗れなかったし、担がなかった。

…って言うか、選手達もスタッフもマスコミも、ジーコを担ごうとしてたような気がする。
スターはピッチの上にいるべきだと思う。
中山雅史が出れば、点を入れそうな気がするし、勝った時はスゴク盛り上がる気がする。
今回は、もし勝ったとしても、選手がはしゃぐ姿が想像できなかった。

全体的に暗い。
レンタルを含む移籍組もほとんどが安定したレギュラーではない。
確かに、柳沢みたいに海外に出ればスペックダウンする選手もいるが、日本のトップレベルは世界的には二流か三流だという実情。
そんな小さい神輿にも担ぎ手が集まらない状況。
たまにカリスマ性もお金もないけど、神輿に乗せた方がいいキャラクターが出て来る。
組織は神輿。
二流もしくは三流らしく担ぎ手で生きるスタイルもある。

2006.06.25[日] 鎌倉街道を往く  …途中



鎌倉街道を往く途中、ネコに逢った。
そのネコに逢う前に坂を上ったり下りたりしていたものだから、少々バテ気味で、はたして相手にしたものか?と戸惑った。
ネコが相手にして欲しいならば、ちょっと遊んでやろう。 そうでないならば道を急ごうと思い、ネコの様子を見てた。
ネコは壁の方に注意がいっている。
何だ?



ヘビだった。
色といい、体長といい、アオダイショウでは?
ヘビに縁がない生活なので、見入ってしまった。
しかし、ネコはヘビ食べるのかな?
ヘビもネコを威嚇する。なかなかの迫力だ。
あなた、そんな大きなヘビに噛まれたら、具合が悪くなるんじゃないの?やめときなよ。と思って、止めようか?と思ったけど、ネコとヘビの間に大の人間が割って入るのもいかがなものか? ネコ本人のために一度噛まれた方がいいかも?とも考えて、様子を見守っていた。
ヘビが側溝の下に下りると、ネコも追って、ネコパンチを数発見舞っていた。
側溝の蓋の下にヘビが逃げ込んで、ネコは追うのをあきらめた。



調べてみると、アオダイショウに毒はないそうだ。
“飼い方”を読んでみると、餌はマウスで、週に一回2匹くらいを目安に与えるとのこと。
あなた子供の時に戦っていたら、逆に食べられてたかもよ。

ヘビを叩いた手で遊ばれるのは嫌だったので、相手にせずに行くことにした。

2006.06.24[土] ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーション
サッカーのブラジル戦を待つ間、「Lost in Translation」を観た。

新宿がホームグランドと公言している身としては、観ないワケにはいかない映画なのだが、例のごとくで観れず仕舞いだった。
新宿と渋谷がシーンの多くで出て来るのだけど、道順がおかしいよ!などツッコミどころがあるものの、監督の意図としてはその順番で見せたいのね?と理解できた。
パークハイアット東京は来日した外タレが絶対泊まるといってもいいぐらいのホテルであり、確かにオシャレでリッチなんだけど、便利とは言えない場所にある。
その不便さがVIPたちにはいいのかもしれないけど、主演のスカーレット・ヨハンソンのようにホテルにこもっていたら“ひとりぼっち”感が強いホテルかもしれない。(下層はオフィスビルだし)
ロスト・イン・トランスレーション
日本のCMでは、“はっぴいえんど”の「風をあつめて」が使われていたけど、オリジナルが本編では使われていない。
このようにCMでは使われて、本編では使われない例は多いけど、これって一つのサギだと思うんだよね。
その音楽でイメージ作られちゃってから劇場行くんだからさ。
実際、「風をあつめて」は日本人のボク的には使った方がよかったと思うけど、アメリカでも上映された映画なので、その辺りのマーケットを考えると、よく判らない。
ロスト・イン・トランスレーション
スカーレット・ヨハンソンのケツとチチは最高で、「Yahooooo!!」とは言わないまでも、開きっぱなしのクチからヨダレが垂れた。
お顔もかわいらしいとは思うのだが、その唇が、松たか子と同じような感じで、なんだかボサっとしてて、ちょっと引いちゃうのよねぇ~。オヂちゃん的にはもう少しプル~ンとした張りが欲しいのよね。
あなたのお尻とお乳はプル~ンとしてんだからさ~、その唇もプル~ンってしてたら…

Yahooooo!!

ロスト・イン・トランスレーション
映画が終わった時、う~んと唸ってしまった。
北野武の映画のように、理解とか感動できなかったことを、いいのか悪いのか考えさせられた。
ただ、見終わって時間が経ってからジワジワいい感じになってきた。
ニューヨークポスト誌は「崇高なほどロマンチックで繊細な映画」と評した。
何も起こらないし、派手な部分もないし、映像も演出も安っぽい。一般受けはしない。でも何か切ないって感じだった。
ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーション
この「ロスト・イン・トランスレーション」を観てて、困ったことが一つあって、ビル・マーレイがウィスキーを飲むシーンが数箇所あるのだけど、旨そうに見えて、ウィスキーを飲みたくてしかたがなくなった。
ここ数年、ボクの家にはウィスキーやバーボンは常備されていないので飲めない。
しょうがないから、冷蔵庫に冷えてた韓国焼酎の「鏡月 Green」をペットボトルのお茶で割って、見かけだけはウィスキーに見えるようにして飲んだ。
本来、朝4時からのブラジル戦を待っていたのに、始まる前にベロベロに酔っ払ってしまった。
試合の後半、ブラジルが3点目を入れた辺りで、さすがに眠くなってウトウトしてしまって、いかんいかん!と起きたら…
あれ?スターウォーズが始まった?ジャージャービンクスが出てる。と思ったけど、よく見たら、ロナウジーニョだった。 安心した。


ジャージャービンクス

2006.06.22[木] 宇島祇園を見て道州制について考えた

A爺さんとB婆さんは同じ町に住んでいる。
A爺さんはB婆さんよりも10歳以上年下である。
B婆さんは広場でラジオ体操をするのが日課である。
B婆さんは電池駆動のスピーカー付きポータブルラジオを家から点けたまま広場に行く。
A爺さんの家の前を通る時、そのラジオの音でA爺さんは起こされてしまう。
B婆さんは耳が遠い。
B婆さんは体操が終わると、またラジオを点けたまま家に戻る。
A爺さんは布団の中で毎日思う。「あの婆さん早く死なんやろーか。」

数年後、A爺さんの葬式で焼香をするB婆さんがいた。

A爺さんはボクの親戚筋で、豊前市に住んでいた。
ゴールデンウィークに豊前に行った。
辻に幟が立っていて、宇島祇園が行われるのを知ったので、見に行った。
「祇園」と言われると、すぐに京都を連想してしまうが、祇園祭は日本各地にあり、ボクの里にあるのも「博多祇園山笠」だ。

踊車というのが出て、要所要所で停まり、踊りが披露される。
あら?どこかで見たな、と思ったら、小さい頃見た八屋祇園と同じだった。
八屋(はちや)と宇島(うのしま)は近いので、同じ系統の祭なのだろう。
調べてみると、豊前の近くでは、中津祇園というのもあり、同じような踊車が出るみたいだ。
宇島祇園
宇島祇園
移動中はスダレが下りている。
要所でスダレが上がって、踊りを披露する。
宇島祇園

お客の少なさが切ない。
宇島祇園
宇島祇園
車輪は付いているけど、ハンドルが切れるワケではない。人力で方向転換する。
宇島祇園


県境、市町村境など境界というのは、海、川、道路、尾根筋など地形地物で引かれることが多い。
八屋で地元の人たちの話を聞いていると、中津という地名はしょっちゅう出て来て、生活圏として一体になっているのだが、八屋と宇島は福岡県で、中津は大分県なのだ。山国川が県境になっている。
ところが、古地図を見てみると、八屋も宇島も中津もかつて同じ豊前国である。
先輩方がよくよく検討されたとは思うが、同郷が分断されたワケだ。

生活圏や心のつながりというものは、地図から見ただけでは判らない。
失念したが、長野県でのドキュメントを見たこともあり、こういった例は他にもある。





道州制というコトバがチラホラ聞かれ、様々なヤカラが様々な主張の元、様々なプランを出しているが、その多くは、九州は一つのカタマリにしているので九州はあまり関係なさそうだが、境界を決める時、廃藩置県後の現状で検討するのではなく、かつての地方行政区分まで戻る必要があると考える。

そうそう。九州でも例外はある。例えば、門司(福岡県)と下関(山口県)。
かつての小倉藩と長府藩で、譜代と外様の違いもあり、長州征伐で刃を交えた関係ではあろうけど、経済圏は北九州市と一体だろう。
関門海峡で分断されているとはいえ、トンネルを使えば歩いてだって行き来できる関係だし、下関市は九州にもらってもいいんじゃないかな?
下関市自体はどうでもいいんですけど、響灘と周防灘の漁場全部ゲットでっせ。お代官様。

宇島祇園

2006.06.21[水] 母子殺害事件と港区の殺人エレベータ事件

山口県光市で起きた母子殺害事件の最高裁判決が昨日言い渡された。
無期懲役の2審広島高裁判決を破棄、審理を広島高裁に差し戻した。
判決後の記者会見で、被害者遺族の本村洋さんは、「無期懲役を最高裁が妥当と思わないのなら、差し戻しでなく自ら死刑判決を下してほしかった」と言った。
この人の発言は、いつも理路整然としてて、いちいちうなづいてしまう。今回の発言も正し過ぎて、最高裁のおかしな判断が見えてくる。
この事件に関しては、登場人物のキャラクターがたち過ぎて、いろいろ調べてみたけど情報が多過ぎて、少々うんざりしてしまうほどだった。
 遺族の主張
 加害者の非情さ
 弁護士の法廷での非常識な行動や交代劇
 地裁裁判長のおかしな行動
個人サイトでもこの事件を扱った記事も多かったが、ほぼ同じ論調。

個人レベルで得られる情報からすれば、当然といえば当然なのだが、有料購読している「アクセスジャーナル」を読むと一般のマスコミが報道しない観点から書かれていたりして、入りやすいマスコミの情報だけを鵜呑みにする危うさを思い知る。

港区住宅公社のエレベータ事故を報道するマスコミの論調を見ても大衆への意識誘導が明白だ。
一昨日19日には2件(朝のフジテレビ報道では3件だった)のエレベータ事故があった。
1件は、練馬区光が丘の都市再生機構の団地で、もう1件は、港区港南五の東京入国管理局
エレベータ事故に注意が行っているので、本来であれば、わざわざ取り上げられるほどの記事ではないのだろうけど、多くの報道は、「シンドラーエレベータ製ではなかった。」で〆られている。
都市再生機構の団地は、日本オーチス・エレベータ
東京入国管理局は、日本エレベーター製造株式会社
…と明記している記事は極めて少なかった。
マスコミはできるだけシンドラー社につなげたいし、大衆もどこかで「やっぱり」と思いたいのかもしれない。

港区住宅公社の殺人マンションはエレベータを交換するらしいし、ボクも港区住宅公社の殺人マンション住民だったらそうして欲しいと思うだろうが、港区が、本質的原因を明確にしないまま、殺人の原因をシンドラー社に押し付けようとしているようにも受け取られる。交換の費用も税金だし、区は全然腹が痛まない。
殺人マンションの各フロアーには区の職員が待機しているとのことだが、ボランティアでやっているワケがなく、残業が増えているかもしれない。職員は残業代が増えて、一種、焼け太り状態なんじゃないか?と思う。

港区は、原因究明すると宣言しておきながら、未だ何の発表もなし。
マスコミから報道されるニュースも減っている。
港区に進言する。
人の噂も七十五日。大衆の興味は薄れやすいよ。
調査結果は早めに出した方が、大衆が早く忘れてくれる結果になるよ。
6月23日がいいと思うよ。ワールドカップで日本戦の翌日だから露出が少ないよ。
議会対応で忙しいかしら?

2006.06.21[水] ライフカード~マドンナ編

ライフカードの新CM「マドンナ編」がやっぱり面白い。
過去の海外出張編、新入社員編も上出来だったけど、今度のオチも上出来。
http://www.lifecard-choice.com/top.html
尾道ロケで、「虎魚屋」内部は、「魚信」とのこと。

2006.06.20[火] 港区住宅公社の検索結果(BlogPet)

そういえば、清明が
12日、シンドラー社のスイス本社幹部が会見した際に、記者から「謝罪の気持ちはないのか?」みたいな質問があって興奮していたが、この意見は日本人の島国いい人根性で、この記者は首都に行ったことがないのかしら?
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「柴田くん」が書きました。

2006.06.19[月] 世田谷線散歩 -2 世田谷八幡宮

世田谷八幡宮
世田谷八幡宮の赤い鳥居を入ってすぐ右に…
???
厳島(いつくしま)神社とな!?
世田谷八幡宮
厳島神社と言えば、あの広島宮島にある、海に張り出している日本三景の一つ。
最近何度か台風などで舞台などが壊れたあの神社だ。
小学生の時に一度行ったことがある。
ほほ~。と意外な展開にワクワクしながら足を踏み入れてみると…
世田谷八幡宮
世田谷八幡宮
世田谷八幡宮
あのぉ~~…
厳島神社のトリビュートと言うにしても…
何も言うまい。
世田谷八幡宮
世田谷八幡宮
厳島神社の先に土俵があった。
観客席まである立派な土俵だ。
ボクの通った小学校にも土俵があった。一度も使ったことはなかったけど、かつて相撲とはデフォルトのスポーツだったのだ。
調べてみると、毎年9月14、15日は世田谷八幡宮の秋季大祭で、15日には奉納相撲が行われるそうだ。
世田谷八幡宮
世田谷八幡宮
ボクはケッコー神社に行っているけど、狛犬に対してそれほど思い入れはないのだけど、改めて調べてみた。
ウィキペディアによると…
向かって右側の像は「阿形(あぎょう)」で、角はなく口は開いている。そして、向かって左側の像は「吽形(うんぎょう)」で、1本の角があり口を閉じている。両方の像を合わせて「狛犬」と称することが多いが、厳密には、角のない方の像を「獅子」、角のある方の像を「狛犬」と言い、1対で「獅子狛犬」と称するのが正しいとされている。昭和時代以降に作られた物は、左右共に角が無い物が多く、これらは本来は「獅子」と呼ぶべきものである。
…とのこと。知らなんだ。
写真上が世田谷八幡宮の狛犬で、下がこの後寄った駒留八幡神社の狛犬。世田谷の方の仔は甘えているし、駒留の方は玉で遊んでたりで、大きいのはお母さんなのかしら?
世田谷八幡宮
世田谷八幡宮
世田谷八幡宮
6月末には茅の輪(ちのわ)に設置されるとのこと。
悪行を行わないので、茅の輪は未だくぐったことはないけど、一度経験としてくぐってみたい。

世田谷八幡宮

2006.06.17[土] 血迷うたか!この金柑頭!

「血迷うたか!この金柑頭!」
11日放送の「功名が辻」で信長が吐いたセリフ。
キンカンあたま?(←“キンカあたま”も可)
何だかカワイイ感じ。

金柑頭とは禿げ頭のこと。
頭の形がミカンの様に横が張っている状態で、頭皮が突っ張りやすくハゲ易いと言われている。

カワイクなかった。

2006.06.17[土] FlyBook

FlyBookというノートPCが出るらしい。
壊れやすそうな感じもするけどカッコイイ!

http://www.flybook.co.jp/
↑しかし、このサイトは、写真は汚いし、文字化けはするし、PCのデザインのみならず、サイトもユニーク。
FlyBook
FlyBook

2006.06.17[土] 港区と港区住宅公社の姿勢

今更コメントすることはないですけど、補足的な情報として…

エレベーター死亡事故
異常 何度も区に指摘

 「エレベーターがおかしいと言っていたのに…」。東京都港区の公営マンション「シティハイツ竹芝」で、高校二年生の市川大輔さん(16)がシンドラー社製のエレベーターに挟まれて死亡した事故について、同マンションに住む男性(39)は、何度も異常を区に指摘したにもかかわらず、事故が起きたと語ります。

 地下二階、地上二十三階建ての同マンション(約二百五十人居住)には、エレベーターが二基。そのうちの一つで事故は起きました。マンションがつくられた当初から、男性は両方のエレベーターで異常音や振動が気になっていました。ドアが開かなかったり、床から十五センチほど下がって止まったことも。
 ことあるごとに男性は区に改善を要望。三月末にも区役所に立ち寄り、「エレベーターの不調をなんとかしてほしい」と担当者に話していました。その際、担当者は「トラブルが多くて、おはらいでもしたいぐらいだ」ともらしたといいます。
 区や港区住宅公社はトラブルを認識していました。一月に住民が区に調査を依頼して、公社がシ社に問い合わせていたことも分かっています。しかし、五カ月がたっても解決されないままでした。
 事故五日後の八日の住民説明会で、公社の担当者は「エレベーター会社に早く回答を出せといった。催促したが回答はなかった」と弁明。区が作成した説明会議事録には、住民の怒りの声が記されています。「そのときに動きさえあれば」
 男性はいいます。「ひどい話でしょう。住民はみんな危険にさらされていました。いつか事故が起こると話していたんです。たまたま市川さんが…」
 現在、エレベーターは二基とも動いていません。住民は階段を使って生活しています。男性は家族四人で高層階に住んでいます。事故後、片方のエレベーターが動いた時期がありましたが、男性はエレベーターに乗りませんでした。「原因が分かるまで、子どもをエレベーターに乗せたくない」
 住民のなかには、マンション以外のエレベーターも「こわくて乗れない」という人がいます。男性も「家族は精神的にも肉体的にも疲れている」といいます。
 マンションには体に障害を持つ人も多くいます。緊急のときにどうしたらいいのか、不安が募ります。男性は「わたしたちは普通の生活がしたいだけです。安全な生活ができる状況をつくってほしい」と話しました。

2006年6月16日(金)「しんぶん赤旗」

2006.06.15[木] 港区住宅公社の検索結果

一日一膳の意の元、先週は港区住宅公社に関しての正論を書き続けた結果、Googleで「港区住宅公社」を検索すると、176,000件中4位になりました。
先週は5位だったけど、また一つポジションが上がりました。
Google検索結果→ 港区住宅公社

12日、シンドラー社のスイス本社幹部が会見した際に、記者から「謝罪の気持ちはないのか?」みたいな質問があって興奮していたが、この意見は日本人の島国いい人根性で、この記者は海外に行ったことがないのかしら?
加害者、被害者の立場が決定していない時点では、謝った方が加害者になるのは当たり前で、現時点で謝るはずがない。
シンドラー社の幹部は当たり前で、立派な対応だったと思いますよ。

SECの不手際情報など出てきていますが、桔梗屋が港区住宅公社であることに変わりはない。
しかし、港区区長の謝罪コメントは、何とかの一つ覚えみたいにワンパターンだな。

2006.06.15[木] 世田谷線散歩 -1 豪徳寺


東京に住んで20年ぐらい経つのに、世田谷線童貞だった。
世田谷線は東急田園都市線の三軒茶屋駅と京王線の下高井戸駅を結ぶ延長たった5kmの路線だ。

関東の鉄道は、JR山手線(環状線)を中心に放射状に路線(小田急、京急、京王、西武など)が延びている。
この放射線とは別に、山手線の同心円状にJR南武線、武蔵野線などがあり、一種、世田谷線はこの同心円状の路線にあたるのだが、ボクにとって乗る理由がなかった。
世田谷線と放射線が交わる駅は、東急の三軒茶屋駅、小田急の豪徳寺駅、京王線の下高井戸駅だが、三軒茶屋はキャロットタワーができる前に数回行っだけで、その後縁が無く、他の駅は全く縁がない。

仕事がコトの外早く終わったので、世田谷線に乗ることを目的に豪徳寺で降りた。
まず遅い昼食をとったのだが、ここで持ち歩いている「大人の遠足BOOK 江戸ウォーキング」という本を開いたのが運のつき。
豪徳寺から三軒茶屋まで歩くコースが載っていた。
ゾウさんも好きだけどキリンさんはもっと好き。
電車も好きだけど、歩くのはもっと好き。
歩くことにした。

豪徳寺へ。
「大人の遠足BOOK 江戸ウォーキング」のコースは意図不明な場合があるのだが、この豪徳寺駅から豪徳寺に行くコースもわざと豪徳寺を大回りさせるのだ。
おかげで、豪徳寺の閉鎖性を充分に味わえたのだが、1箇所の入口以外に一般人が入れる場所がない。


やっと門を見つけても閉門。

なかなか入口が見つからないので、もったいぶりやがって!豪徳寺でなく、強欲寺じゃないのか?とも思ったが、やっと辿り着いた豪徳寺は素晴らしいお寺だった。






さすが、ぐるりと廻るのにそこそこ時間がかかった分、広い広い。
木々もワサワサ。
コケむす状況を見ても歴史がビンビン感じられる。
一歩外に出れば、世田谷らしい区画の整理されていないゴチャゴチャした街並みなのに…
豪徳寺周辺は、三叉路とか五叉路とか平気である。当然三角形の宅地もある。
しかし、世田谷はこれでいいのだ。
変に区画が整理されて、自動車が走りやすい街になってしまったら、通過交通がバンバン入って来て、静寂が消えてしまう。

入口の門に「青梅あります」とあった。
敷地奥の社務所(?)で売ってるみたい。
どのくらいの量か知らんけど、350円だった。
梅酒は好きだけど、自分で漬けることは一生ないと思う。








この三重の塔はできたばかりっていうか、中はまだ工事中。







招き猫。招福。
歴史の足跡 豪徳寺」に詳しい。
名物らしく、ひつこく写真を撮っている人がいた。
一説には、豪徳寺が招き猫発祥の地とされてるらしい。


お堂の中を見ると、招き猫が鎮座していた。
左下の猫は、一億円の小判(大判?)を持ってる。

奥の墓所に向う。




奥にある墓所にある墓石は面白い形のモノが多い。
彦根藩士日下部三郎右衛門か書道家の日下部鳴鶴か他の日下部(くさかべ)さんか知らんけど、たくさん骨が入りそうな墓石があった。
中学の時の英語の先生が日下部という名前で、この先生を思い出した。
なんで、先生の名前がクサカベと言うか知っとるか?
昔、日本人には苗字が無かったったい。
先生の先祖が名前を付けてもらおうと、お寺に行ったげな。
お坊さんが考えている間、先生の先祖が屁をこいた。
お坊さんは、「臭か屁~」と言った。
それで先生の名前は、クサカヘになったったい。
…教えてもらった英語は覚えてないけど、そういった雑談ばかり覚えている。
しかし、この説では、日下部家は博多弁かそれに類する九州地方の出身ということになるが、「日下部氏出自について」や「海人の国 日下部氏」を読むとケッコーな血筋のようだ。






井伊直弼(いい なおすけ)の墓石。この豪徳寺は、井伊氏の菩提寺なのだ。

井伊直弼は…
 江戸時代の彦根藩藩主、幕府大老。
 尊王志士達から憎まれ、「井伊の赤鬼」といわれた。
 安政の大獄により多数の志士を粛清した。
 水戸藩浪士により、江戸城桜田門付近で暗殺された。(桜田門外の変)

井伊直弼に関する話で、知らなかったのだけど、彦根市と水戸市は、明治百年を契機に歴史的わだかまりを超え、1968年に「親善都市」提携を行ったそうだ。
同じような話がある。
ボクの先祖に関してはまだ研究中なのだが、下関に行って来たということをある人に話したところ、その人は勘違いして、ボクが長州出身だと思ったらしく、「そのことはS部長に言わない方がいいぞ。」と忠告されたことがある。S部長は会津若松出身なのだ。
昔の話だろう?と言う人も多いだろうけど、未だに根に持っている人もいるらしい。


墓所の掃除をしてたお母さん。動かしてみた。
豪徳寺
いやいや、豪徳寺駅といえば、急行に乗っているボクにとっては通過してしまうだけの駅だったのだけど、その駅名の由来の寺は素晴らしかった。
しかし、豪徳寺から連絡する世田谷線の駅名はなぜか「山下駅」なのだ。ワケについては、またいつか調べてみんといかん。

豪徳寺の門の写真を撮っていたら、「にゃ~にゃ~」と鳴く猫がいた。
かまわず、写真を撮りながら、「はい~」「はい~」と応えていたら、寄って来た。
シッポがカギというか、グチャグチャに曲がっている猫で、首輪は無かった。
すり寄って来た。
ズボンが毛だらけになった。
ボクは、女の子と、動物に対しては、しゃべるコトバが女性モードになってしまう。(←バカにしてる連中には「てめぇ!殺すぞ!こら!」と言ってしまうこともあるのに… ごめんね。YK社長。HRさん。)
この猫に対しても、「あなたが食べるようなモノは持ってないのよ。」と声をかけてしまった。
その時自転車で横を通り過ぎた女性がいたから、聞かれてしまったか?と少し恥ずかしくなった。
この風体で、オカマだったら、クロちゃんと一緒だ。
首から背中をかいてやると喜んだ。
お尻をかいてやると怒った。
腰あたりをかいてやると、脚をぴ~んと伸ばした。
面白かったので、何度か腰をかいてやって、脚を伸ばすのを見て、何度かお尻をかいて、怒られた。
相当、暇だったのか、何度も「かけ」と言うのだけど、キリがないのでやめた。
後から思うと、招き猫のお寺に現れた猫。
あなたはボクに福を持って来たんでしょ?
知ってるよ。
LOTO6買えってことでしょ?
この後にちゃんと買いましたよ。
金曜日からボクの人生が変わるんでしょ?
ありがとうね。その時にはまた逢いに行くよ。



2006.06.13[火] おっぱいプリン

新潟おっぱいプリン

仕事で新潟の写真を探す必要があり、『flickr』で検索していたら、外国の人が写した「おっぱいプリン」を発見した。(“niigata”で検索すればすぐに出る)
ついでに他の検索エンジンで調べてみると、出るわ出るわ。おっぱいプリン。
あちらこちらの地域バージョンがある。

ボクはお土産だとしても欲しくない。引く。
学生ぐらいの人が買うのは、まあいいけど、中年のハゲデブサラリーマンが出張のお土産で買ってきた様を想像してみると寒い。
「おっぱいプリン」というネーミングより、「おっぱいプリンプリン」とした方が… と思ったが、意味が違ってくるから、そのままでいいか。

しかし、やっぱりオッパイ星人たちにはたまらないメニューだろうか?
ボクはお尻星人なので、お尻プリン… 「お尻プリ~ンプリ~ン」があれば…
…と思ったけど…
ガムシロップがトッピングされてて、お尻の間に落ちて…
それスカトロプリンじゃん。
これはこれで、ウンコマニアの人たちに大うけか…

名古屋おっぱいプリン


飛騨おっぱいプリン


箱根おっぱいプリン


横浜おっぱいプリン


大阪おっぱいプリン


東京おっぱいプリン


阿蘇おっぱいプリン


バナナおっぱいプリン


夏期限定おっぱいプリン


山梨おっぱいプリン



東京のおっぱいプリンの強気というか、ツ~ンとした表情が気になる。
東京の女の子の印象なのか?
製造者は田舎のオッサンだとみた!

2006.06.13[火] 港区住宅公社は廃止するな

港区殺人住宅公社は、「指定管理者」20の区有施設の管理を任されていたが、今回の事故で全て取り消されることが決定しているので、港区は港区住宅公社を廃止する方向で検討に入ったとのこと。
港区がやっていることは、木村建設と同じだ。
犯罪がバレたら、そそくさと会社を潰して逃げてしまう作戦だ。

港区住宅公社は、区民の税金でなに不自由なくヌクヌクと飯喰って、区民に支えられて生きてたクセに、区民を殺した分、木村建設より悪質かもしれない。
シンドラー社という目を引く存在があるので、港区住宅公社に光が当たりにくく、コソコソ逃げ回っているのだろうけど、記者会見はちゃんとしたの?
永尾昇理事長は画面や紙面に出てないでしょ?
殺人犯を国会招致とかしなくていいのかしら?
公僕どうし、な~な~で済ませるつもりなのかしら?

港区は、住宅公社を潰さずに、あと数年サラシモノにした方がいいと思うよ。
公務員は、仕事がなくても、暇を潰すのが上手いから大丈夫!

●住宅管理の公社、港区が廃止検討 エレベーター事故
 東京都港区住宅公社が管理する公共住宅のエレベーターに高校生が挟まれ死亡した事故で、同区は、同公社を廃止する方向で検討に入った。この公社は、「指定管理者」として区営住宅や高齢者集合住宅など20の区有施設の管理を任されていたが、今回の事故ですべて取り消されることが決まっており、「存立理由がないと判断した」(区幹部)という。
 公社は区が100%出資して95年に創立。今後は区の直営に戻してメンテナンス業務などを個別に外部団体に委託するか、公社に代わる指定管理者を区が公募して決める。早くても来年度からの見通しという。
 (朝日新聞 2006年06月13日03時01分)

●港区住宅公社の概要
法人名 :財団法人 港区住宅公社
設立者 :東京都港区
設立日 :平成7年6月15日
基本財産:6億円(港区全額出捐)
役員等 :理事 10名
監事  :2名
評議員 :15名
事務局 :職員14名

●港区住宅公社設立の趣意
 住宅は、住民の健康で文化的な生活を支える基盤であるとともに、地域社会を形成する基礎的要素です。
 港区では、高い地価を背景に、家賃が高額化し、その結果中堅ファミリー層を中心とした人口の減少、さらには区全体の人口構成のアンバランス化が生じています。
 今では、このアンバランス化が地域社会そのものの歪みをもたらしています。
 このような中、現在港区がおかれている状況は、健全な地域社会の維持、発展にとってかなり深刻な事態にあります。
地域社会の衰退を食い止め、さらには復活、再生を図るためには、ファミリー世帯の流出を止めるとともに、新たな住民を受け入れる基盤の整備が必要になります。
 これには、単に行政が行っている公的住宅制度による画一的な住宅供給にとどまらず、コミュニティ・地域社会の核になるファミリー世帯を対象に、良質かつ所得に応じた適正な家賃の住宅供給・確保を積極的に推進する必要があります。
 また、定住化への側面からの対策として、人口流出の抑制、居住継続を可能にするための情報提供、個々のケースに対応できる相談体制の確立、新たな住民の流入を促進するための情報提供、さらに対象を広めた住宅に係わる総合的な広報事業の展開が必要になります。
 それには、既存の制度や行政の枠を越えた新しい観点から機動的・弾力的にサービスできる公平で信頼性の高い組織を形成し、健全な地域社会の構築のため定住化の事業を積極的に行うことが必要です。
 これらの必要性に応えるために(財)港区住宅公社は設立されました。
            平成7年6月15日

2006.06.11[日] 首都圏外郭放水路調圧水槽

2006.06.11[日] 首都圏外郭放水路完全通水祭

首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
この芝生広場の下に調圧水槽がある。
首都圏外郭放水路完全通水祭」はここでイベントが開かれるので行ってきた。
場所は、首都圏外郭放水路庄和排水機場。埼玉県の春日部市にある。
東武野田線という大宮始発の単線に乗って南桜井駅という駅で降りれば無料シャトルバスが待っていた。
ボクの家からは片道3時間ぐらいかかる小旅行だが、ボクにとっては大イベントの一つだった。

春日部と言えば、クレヨンしんちゃんで、植樹祭には来てたらしいけど、ボクが行った時にはもういなかった。(みたい)
案内の人に、「クレヨンしんちゃんどこにいますか?」と聞きたくてしかたがなかったけど、しんちゃんの幼稚園長みたいなオッサンが「しんちゃん」などとコトバを吐くのはいかがなものかと躊躇し聞けなかった。

芝生広場の奥に地下への入り口がある。
50m下がり、130段の階段を下りると、調圧水槽の巨大空間が現れる。
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
部分的に水溜りがあった。
前日から関東は梅雨入りだったので、この施設の目的がら、入れるか心配したけど…。
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
地下イベント開場。
雷雨を自由に支配する力を持つ「龍」
春日部市(旧庄和町)に今も語り継がれる「火伏せの竜伝説」
首都圏外郭放水路が地底に横たわる「龍の姿」
ということから、龍の姿がライティングされていた。
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽

首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
地下にもトイレがあった。工事現場などに設置するようなやつ。
この地下は、シンドラーのエレベーターも設置されていないのだけど、汚物が溜まったら誰か担いで階段を上るのかな?
たぶんリフトなどで引き上げるんだろうな。
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
出口への階段。
人が列になって上る様は、ピラミッドの石を運ぶ奴隷を想像した。
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
吹き抜けにはトップライト。
写真では分からないけど、上に誰か乗っている。
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
入り口と同じ意匠の出口。
首都圏外郭放水路調圧水槽
首都圏外郭放水路調圧水槽
階段を上る時、見えたトップライト上に乗ってたのは、やっぱり子供だった。


こういった非日常を味わうことはすごく楽しい。
完全通水祭が開催されるのを知ったのは2ヶ月弱前ぐらいで、それからずっと楽しみだったので、神奈川の家から新宿に出る小田急線に乗っている人たちは、全員目的地が同じなんじゃないか?と思ったが、新宿、大宮、春日部と進むにつれ、どんどん減っていったので違ってた。
開場には自転車も多く、近所の人をはじめ埼玉県人が多かった。

開場で、おじさんたちの話が聞こえた。
「春日部の水は塩素が多く、ガブガブ飲んだら胆石になりやすいらしいよ。浄水器を付けた方がいいよ。」
この関東圏で、水道水をガブガブ飲める地域があったのか…

開場に向うシャトルバスの中で、中高生ぐらいの男の子達の話が聞こえた。
「春日部に空港できないかな?」
「さいたまエアライン。SAL(サル)?」
なるほど! 空港と航空会社は違うが、さいたまエアラインはサルか…
ダサイの語源が、「だって埼玉だもん」という説があったぐらいだけど、埼玉って相変わらずの位置づけみたいだな。

首都圏外郭放水路庄和排水機場


グライダーがセスナに引っ張られてた。
地図を調べてみると、近くに関宿滑空場があった。(関宿滑空場は千葉県で、春日部って県境じゃん)ここから飛び立つのだな?
子供の頃、動力の付いていない落ちるだけの飛行機は何の意味があるのだろう?と思ってたけど、今はグライダーに乗ってみたい。
何とも贅沢な乗り物じゃないですか。一人じゃ何もできないなんて。

2006.06.11[日] 庄和排水機場の龍Q館とウルトラマンコスモス



「庄和排水機場」内に「龍Q館」という地底探検ミュージアムがある。
「地底探検」と言われると、“血沸き肉踊る”ならず“血どろどろ肉ぷよぷよ”だが、ワクワクさせられる。
結論から言うと、たぶんあのムービーのことを「地底探検」と呼んでいるのだろうけど、期待を膨らませられた身としてはガッカリだった。
が、面白いなと思ったのは、階段の吹き抜け部分に地層タワーなるものがあって、立抗などを掘る時に出たであろう土を飾っている。残念ながら地層の差があまりハッキリ分からなかった。

操作室があって、ここは「ウルトラマンコスモスvsウルトラマンジャスティス」という映画で秘密基地として使われたとのこと。 ちなみに、「ウルトラマンコスモス」は日本国民1億3千万人が勘違いしているだろうが、「ウルトラ・マンコ・スモス」ではない。
しかし、ウルトラマンどうしが戦うとはどうしたものだろう? 兄弟喧嘩?




ウルトラマンコスモスには、アヤノ隊員という隊員がいて、鈴木繭菓って人がいて、THE PINK☆PANDAのボーカルらしい。
アイドルが警備隊をやる時代になったんだなぁと思ったけど、よく考えると、フジ・アキコ隊員やアンヌ隊員など、ウルトラマンとかセブンの時代からアイドル的キャラクターを用意してたのね。


2006.06.10[土] パンダ

2006.06.09[金] 港区殺人住宅公社に関するニュース

財団法人港区住宅公社の超ポジティブキャンペーン中であるが、喜ばしいニュースと不安にさせるニュースが出てきた。

まず、喜ばしいニュース
●ブレーキ異常伝えず=保守管理会社の交代時に-不具合41件も・エレベーター事故

 東京都港区の公営マンション「シティハイツ竹芝」で、都立高校2年の市川大輔さん(16)がエレベーターの床と天井に挟まれ死亡した事故で、港区住宅公社が、事故以前にブレーキ異常が報告されていたにもかかわらず、保守管理会社側に伝えていなかったことが9日、分かった。
 警視庁捜査1課と三田署はこれまでの検証で、事故原因としてブレーキ作動に重大関心を寄せており、公社が情報を伝えなかったことが事故につながった可能性もあるとみて調べている。(時事通信社)

なんだか今までシンドラー社から港区殺人住宅公社に不具合の報告が無いという報道ばかりであったが、「やっぱりね!」とヒザを叩き過ぎて、カッケが治ってしまうぐらいの報道が出て来た。
ちゃんとポリが調べれば、まだまだこんなもんじゃ焼きじゃないでしょう。
…っていうか、公社正職員はあまり仕事してないから資料が無いかもしれないという不安があるけどね。

次に不安にさせるニュース
●港区が独自に事故調査委/公社の指定取り消しも

 東京都港区のエレベーター事故で、同区は9日、警視庁の捜査とは別に独自に原因解明を進めるため事故調査委員会(委員長・野村茂助役)を設置した。同日中に第1回の会合を開く。また武井雅昭区長は事故マンションを管理していた港区住宅公社の指定を取り消す方針を明らかにした。
 調査委は10人体制。事故の技術的側面の解明だけでなく、エレベーターの安全管理に手落ちがなかったかどうかについても調査を進める。技術面の助言を得るため、国土交通省の外郭団体「日本建築設備・昇降機センター」(東京)も委員に加える。(共同通信)

やめてくれ。殺人犯人を逃がせて、尻拭いをどこかの民間にやらせるつもりなのか?
犯人にちゃんと罪を償わせた方がいいのに!


…とここで終わるつもりだったけど、財団法人港区殺人住宅公社の親分である港区のサイトをついでに見てガクゼンとした。
シティーハイツ竹芝エレベーター事故について
平成18年6月9日/区長コメント(全議員説明会にて)

(前略)
一昨日、区役所と住宅公社に警視庁の捜索が入りましたが、早期に事故原因が解明されるよう、今後とも捜査には全面的に協力してまいりますとともに、区としても独自に原因究明と再発防止に取り組んでまいります。
区議会の皆様には、ご迷惑ご心配をおかけし申し訳ございません。
この間、各会派から緊急要望等、貴重なご意見もいただきました。
(後略)

はぁ?いくら全議員説明会でのコメントとは言え、「区議会の皆様には、ご迷惑ご心配をおかけし申し訳ございません。」って何よ?
区の職員は議員の顔色見ながら仕事しているのは重々承知で、以前からバカじゃないの?と思っていたけど、糞議員の誰かエレベーターで死んだの?
あいつらには何の迷惑もかかってないよ。武井雅昭区長さんよ。あんたの経歴見たけど、元議員でもないんでしょ?
 武井雅昭経歴
  昭和28年1月1日生まれ
  昭和52年 早稲田大学政治経済学部卒業
  昭和52年 港区入区
  平成16年4月14日 港区退職
  平成16年6月28日 港区長就任
1月1日生まれってあたりがジーさんバーさんによくあるパターンで笑えるけど、さすが区職員トップだと言うべきか、糞議員の顔見ながら職務に当たっていらっしゃるのね。

ボクが仕事で付き合った港区職員は、数年前に決定した都市計画道路を通すべく、歴史的建築物を壊そうと近隣住民への説明会を開いたが、猛反対に合った。それで、その場では保留したのだが、ここで保留にした後の打ち合わせで、壊す計画が通らなかったのは、ボクらコンサルが悪いと言って怒った。
プロのコンサルから言わせていただくと、そんなところに4車線の道路は必要なく、現状の2車線で充分用が足りてますよ。交通量調査とか見てないの?都市計画道路網をよく見てないの?と担当のバカさを思ったし、その道路計画を作ったであろう、どこかの糞コンサルか、港区の都市計画課の能無し職員か、港区議員か…を恨んだものだった。(もちろん都市計画決定当時の区長が悪いのだけどね。) 結果とりあえずかもしれないけど、歴史的建築物を壊す計画は通らなかったんだけどね。
そんなことがあった時、住民は、窓口の港区職員にちゃんと反対の意を唱えたのだけど、ひつこく壊そうとするので、議員を動かしたのだった。 選挙も近かったからか次の説明会には議員が参加した。 そして、初めて出席したくせに、その議員は最後に区側をたしなめて会の締めをやりやがったのだ。
議員に成っている奴も成ろうとする奴も人間的に糞であることが多いのだけど、お前ら公僕なんだから偉そうに仕切るなよ。と司会のボクは思った。
(議員および議員候補に人間的に糞が多い理由: 一人でも“いい人”と思える人がいない。 様々な思惑がらみを除外すれば、多くの人に押されて出馬する人がいない。 友人・知人からも推薦されないのに、自分で立候補するなんて、知らない人が支持するワケがないじゃんね。)
その時思ったチカラ関係… 港区住民<港区職員<港区議員<港区住民<港区職員<港区議員 …以下永遠に続く。
本来は、 港区職員<港区住民 であるべきなのに。 議員なんか蚊帳の外でいいのに。

余談ついでに言うまでもない定説: 議員≒やくざ、警察≒やくざ

2006.06.09[金] シワを洗うということ (雑感)(BlogPet)

なのに、自分の体では、カドと、ビロ~
ンと広がるけど、シワシワとか洗ったつもりでも、カドとかミゾが増えると、自分の体では、カドとかミゾが洗えてないパターンを当てはめると、ビロ~
ンと広がるけど、シワシワとか洗っているつもりなのよね
柴田くんたちが、大きモモンガなどをミゾしなかったよ


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「柴田くん」が書きました。

2006.06.09[金] 港区(殺人)住宅公社のコメント

殺人公社理事 永尾 昇事故から5日も経って、しかも捜索を受けた後に、やっと、シンドラーエレベータの殺人エレベーターを選んだ殺人公社の港区住宅公社のコメントが出た。
「内容が無いよ~」と言いたくなるような間に合わせのコメント。
100人が読んだら200人が、殺し屋港区住宅公社は具体的に何が言いたいの?どうするの?って思うでしょ。
理事報酬無期限停止、いや、理事に対し賠償金請求があって当然なので、請求される前に、人を殺した償いをします。ぐらいのコメントできないのかしら?

シティハイツ竹芝 エレベーター事故について

 港区住宅公社が、港区から指定管理者として管理を行っております区民向け住宅「シティハイツ竹芝」におきまして、6月3日発生いたしましたエレベーター事故により、前途ある高校生の方がお亡くなりになりました。
ご本人様並びにご家族の皆様に対しまして、心から深くお詫びを申し上げると共に、ご冥福をお祈り申し上げます。

 併せて、当公社が管理を行っております同住宅にお住まいのご入居者の皆様にも、多大なるご心配とご不安をお招きいたしましたことに対し、深くお詫びを申し上げます。

 当公社は、皆様の貴重な生命と財産を守ることが使命でございます。
二度とこのような事故が起こることのないよう万全に管理を期してまいりますので、今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

平成18年6月8日
財団法人 港区住宅公社
理事長 永尾 昇





あるツールで調べたら、アップされたのは8日18時15分。
どうりで8日の昼間は無かったはずだ。

2006.06.08[木] 港区住宅公社の役員名簿

以下は、港区住宅公社の役員名簿である。
備忘録として…

理事長:永尾 昇
 ○港区助役
 ○株式会社みなと都市整備公社社長
 ○2005年に学会賞「泉ガーデンにおける交通結節点及び歩行者空間整備によるまちづくりへの貢献」で、計画設計賞を受賞。

副理事長:小関 尚久
 ○東京都住宅供給公社理事
 ○財団法人ベターリビング理事
 ○財団法人東京都防災建築まちづくりセンター理事長(2004年)

常務理事:廣井 誠一郎
 ○財団法人港区住宅公社事務局長
 ○港区都市計画課長(2004年)
 ○4日、記者会見で「(不具合が)多発しているという認識はあったが、修理で直っていると判断していた。安易な考え方で管理をしていた」と述べたうえ、「報告書に書かれた分かりにくい専門用語を調べることもなかった」と調査報告書の精査をしていないことを認めた。

理事:今中 昭一
 ○国際短期大学勤務

理事:笠井 六男
 ○港区しんきん協議会代表幹事

理事:五味原 康
 ○港区教育委員

理事:長尾 武次
 ○港区商店街連合会副会長

理事:坂東 和男
 ○港区産業団体連合会会長

理事:森 千恵
 ○無職

理事:山田 憲司
 ○港区街づくり推進部長

監事:石井 健一
 ○東京税理士会芝支部長

監事:渋川 典昭
 ○港区収入役
 ○港区街づくり推進部長(2005年)
 ○財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団監事
 ○みなとNPOネットワーク会長
 ○経歴…住民戸籍課長、予算課長、区議会事務局長、政策経営部長等を歴任

2006.06.08[木] 死んでら~エレベータ

シンドラーエレベータ社の日本でのシェアが1%にもかかわらず、公共施設でのシェアは高い(12%)とのこと。
価格競争入札という「安いが勝ち」で、品質うんぬんが二の次ルールなので、殺人エレベータでも対公共には売れてしまうのだ。
今日現在、シンドラーエレベータ社に批難が集まっているが、これは大間違い!!
全責任は、港区住宅公社にある。
ここが全ての責任を持っていることは、否定しようのない当たり前のルールである。
シンドラーエレベータ社を選んだのは港区住宅公社である。
港区住宅公社が管理の大元締めである。
テレビや新聞などの報道は、シンドラーエレベータ社に集まっているが、港区住宅公社をもっと吊るし上げるべきである。
港区住宅公社が人を殺したのだ。

財団法人 港区住宅公社
〒105-0003
東京都港区西新橋2丁目10番19号
電話:03-3593-5688
ファックス:03-3593-5685

2006.06.08[木] シワを洗うということ (雑感)

ガラスのコップはちゃんと洗ったつもりでも、カドとかミゾとかがたまに洗えてないことがある。
両手で包めるぐらいのあの程度の大きさのものを洗うのも難しい。
なのに、自分の体はコップ30コ以上の大きさがありながらペロリと洗えてしまう。
個人のクセで、洗えてない場所があるかもしれないけど、本人的には隅から隅まで洗っているつもりなのよね。
今朝、体を洗いながらフト思った。
ガラスのコップのカドとかミゾが洗えてないパターンを当てはめると、自分の体では、カドといえば首周りぐらいで、ミゾといえば足の指の間とか、耳とか、キンタマのシワぐらいだな?と。
歳をとってシワが増えると、洗えていないミゾが増えるんだなぁ。と。
さらに思った。
キンタマのシワは伸ばすと、ビロ~ンと広がるけど、シワシワの年寄りも伸ばすとモモンガみたいに広がるのかしら?


広がらないよね。

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。