歩くの大好き!

Date : 2006年04月

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.29[土] 尾道で中華そばを食らう

尾道にて
広島は尾道に行った。
街の様子はいつかの機会にということで、尾道ラーメンのことについて。
尾道について大した知識があるわけでもなく、単純に尾道といえばラーメンという発想程度。
会津若松に行けば、一日中“蕎麦”ばかり食べていた芸無しの二人組みで、今回は尾道ラーメンというワケだ。

朝から何も食べてなかったので、尾道に着いてすぐ、まずは駅横のうどんとかも置いてある言ってみれば立ち食い蕎麦屋みたいな店「櫻屋」で、まず一杯目のラーメンをいただいた。
本当はこの手の何でもありの店ではなるべく食べたくないのだが、着いた時間が他の店が開いてないぐらい早いこともあって、とりあえずの腹ごしらえ程度で入った。
揚げた背脂が“こく”となってて気に入った。450円。
尾道にて
尾道にて
尾道にて

櫻屋

スタンダードな観光コースを歩いているつもりが、どうも人と違う道を歩いてしまっているようで、志賀直哉の居宅など数箇所パスしてしまう。
坂道を上下、上下と非効率的なコースになってしまい、かなり疲れる。
尾道にて
尾道にて
途中、有名なガイド犬ドビンを撮っている(はずの)写真屋(館)があって、あの犬いないかな?と思って坂を上ると、こんな案内が。
「子どもが嫌いなのか…」
と知った矢先、社会科見学か、遠足か知らんが、中学生がギャーギャー騒いでいる。その走っていった先に… いた!
中学生だから毛も生えてきて、子どもとは言えないかもしれないが、もみくちゃになっている。嫌いな子どもに…
尾道にて
明日からのゴールデンウィーク、観光客が増えてさらにうんざりする日々を送るのだろう。
ボクも触りたかったけど、かわいそうなのでやめた。
尾道にて

商店街は、お寺の多い坂とは鉄道を挟んだ平らな地域にある。
休憩がてら、駅前の観光センターで手に入れたグルメマップを開きながら、どこに行くか喋っていると、おばちゃんから「どこ探しとるん?」と聞かれた。
「ラーメンのおいしい店ないですかね?」と聞くと、「そこの○○さんはいつも長い行列ができてるし、その先の○○さんも人気みたいですけどね」と教えてくれた。
このおばちゃんもそうなのだが、“親切なじーさん、ばーさんの多い街「尾道」”とネーミングしたいぐらいアチラコチラで年寄りに親切にしてもらった。

ばーさんに教えてもらった一軒目。「朱華園」に行く。
490円。他の店より40円高い。
味はあっさりとしてて、麺は… 平らだった。
脂が刻んだか割ったように大きな形を残していた。
知らない場所のパッションを求める者にとっては「櫻屋」ほどの味気なかったが、日常的に食べるならこのくらいの上品な感じの方がいいのかもね。
やきそばもいけてるらしい。
尾道にて
尾道にて
朱華園

次にばーさんに教えてもらった二軒目。「つたふじ」に行く。
カウンターのみの店で、客で一杯だったが、詰めてもらって、二人分の席を確保してもらう。
ボクらの体格を見て、店のオバちゃんが「並と大盛りとあるけど?」と聞いてきたが、ボクらはもう2杯食べているので、並にした。
なんだか麺がおいしい気がした。
中華そば(尾道ラーメン)の他に中華うどんというのがあって気になった。
今度の機会には中華うどんを食べてみたい。
尾道にて
尾道にて
つたふじ

後から改めて調べてみると、後の2件、「朱華園」と「つたふじ」が2トップらしく、地元のおばちゃんが教えてくれたおかげで、抑えるべくを抑えられたワケで、計画性がないオッサンたちにしては上出来の旅になった。
この2件とも、「中華そば」という表記をしており、「尾道ラーメン」という呼び名は邪道だと書いているサイトもあったが、旅行者の立場からは「中華そば」は全国標準語であり、オリジナルの呼び名の方が嬉しい気がする。
夕方相棒と別れ、ボクは自家のある福岡へ向かったワケだが、博多駅ホームのラーメン屋のコピーが面白かったので写真を撮った。
尾道にて
スポンサーサイト

2006.04.26[水]  おもいっきり… (BlogPet)

きょうは、柴田くんが俳句を詠んでみようと思うの

 「あのカップ なったところで 騒ぎかも」


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「柴田くん」が書きました。

2006.04.26[水] おもいっきり…

昨年末、伊勢までバスで行くつもりが、呑み過ぎて遅刻し乗れなかったので、長距離バスは人生二度目ぐらいのはずだ。
子供の頃は車に酔いやすく、家族旅行などは途中必ずゲーするし、学校の社会科見学のバスの席も前から一番か二番の席だったし、一度、路線でもゲーしたことがあるぐらいだったのに…
今やバスに酔うどころか、他のオッサンがせいぜい持ち込んだビールをちびちびやっている斜め後ろでワンカップをツーカップ、スリーカップやって、日本酒の香をプンプン放つまでに成長した。
一人暮らしで普段あまり我慢というものをしないせいか、バスの中の不自由さはちょっと困ったもので、酒を呑み当然、放尿意向が発生したが、ボクの席は出にくい。トイレはそこにあるのに、隣の人に申し訳なくて…
いつか行くにせよ回数は最少限度にせねば。と我慢した。
しかし、当然我慢にも限界がある。膀胱が久々にパンパンになったところで、トイレに行った。
すると、まぁ、出るわ出るわ!これいつ止まるのよ!?ってなぐらい出てびっくり。
おもいっきり出してやった!って感じだった。

その後、ちょっと寝て起きて、また寝て…としているうちに、放屁の意向が発生した。
オッサン体質まっしぐらのせいか放屁回数が増えた気がするが、普段は我慢せずガスが出たいと言えば出しているのだが、流石にこの広いとは言えない車内ではいかがなものか?と我慢してた。だって食べたものによっては大惨事。今の世の中ではテロ騒ぎになる可能性もある臭いになる。幸いゆで卵は食べてない。
しかし、当然我慢にも限界がある。お尻の弁の仕事をしてる筋肉の限界が来たところで、薄~く放屁開始すると、まぁ、出るわ出るわ!これいつ止まるのよ!?ってなぐらい出てびっくり。
家庭用の子供用プールぐらいだったら膨らませるぐらい出たんじゃないかな?ってなぐらい、おもいっきり出してやった!
こんなに出るなら、オシッコもオナラも小出しにした方がいいのでは?と思った。

2006.04.25[火] 聞き方が悪かった

松山に行く。訳あって今回はバスにした。
切符は買った。
新宿発のバスは数ヶ所から出ている。
何も調べてなかった。あれ?乗り場はどこだ?
そこにいた案内の人に聞いた。
「松山はどこですか?」
何のためらいもなく回答があった。
「四国ですね」

ありがとうございました。

2006.04.25[火] 経県

今朝来たメールのリンクを辿ると、某ストリーミングサイトで、ラスカルの変わり果てた状態を知ってしまい、ガクゼンとした。
これはラスカルではない。こんなラスカルならボクはスターリングになりたくない。
アライグマ飼うのが夢だったのに! アライグマにお茶碗とか洗ってもらうのが夢だったのに! …とは言っても、「大好きなラスカルの部屋」←コイツのラスカル好きには負ける。 気軽に三択クイズをやってみるかな?と思ったら252問もあると書いていたので、その時点で断念したんねん。

経県」というページがある。 ここで自分の経県値を測ってみたら、こう→経県値&経県マップだった。
連日OG氏と呑んだ後なので、少々記憶違いがあるかもしれないが、歩くのが趣味の身としては、なかなか面白い結果だった。
北海道なんて広いし、このシステムの市町村レベルのヤツとか、県境なんて無視して、グリッドで分類とかもう少し細かいヤツがあって欲しい。と思った。
こんな感じね。↓
mapp1.jpg

2006.04.23[日] 竹島をめぐる件に関して-3

竹島周辺海域の海洋調査計画で日韓が対立している問題が、協議で合意した件で掲示板などの書き込みは、なんとなく「害務省」という表現に代表されるように否定的なものが多いように見える。
しかし、ボクの考えは「とりあえず、いいんじゃないの?」だ。
理由は、合意項目は以下の3項目だが…

A.韓国側は6月の国際会議小委員会に竹島周辺の海底の独自地名を提案しない。韓国側は必要な準備を経て、適切な時期に推進する
B.日本は予定していた海洋調査を中止する
C.日韓両国は排他的経済水域(EEZ)境界線を確定する協議を5月中にも局長級で再開する

Aは、韓国がやろうとしていたことを、とりあえずだが中断させた。
Bは、日本がやらなくてもいいことを中断した。
Cは、逃げ回っている韓国を席に着かせた。
…以上の判断から、日本の“利”が多いと読んだ。

測量船が竹島周辺で行動することにより、韓国の予想される非常識な対応ぶりが全世界に配信され、韓国が世界の嘲笑対象とならないのは残念極まりない。
しかし、子供に喧嘩宣言までされながら、拳を下ろす前に喧嘩を止めさせたのは大人の喧嘩だと思うけどな。

2006.04.22[土] 竹島をめぐる件に関して-2

また別の観点から竹島問題を考えてみた。

竹島には韓国の軍事施設などがあり、兵隊が駐留し、島を占拠しているワケで、この状況言い換えると…
Aさんが持っている別荘地に、別の土地所有権の証書を持ったBさんが勝手に別荘を建て住んでいるようなものだ。
ところがこのBさんにとってもそこは別荘であり、本宅からは“交通費”をかけて通い、“滞在費”をかけて滞在している。
さらに、Aさんが近寄って来ないように、被害妄想を持って四六時中監視して緊張し続けている。
すなわち、「費用」と「精神」を消費し続けているワケだ。
もしAさんとBさんの二人だけの社会だと考えると、Bさんは使わなくてもいい「費用」と「精神」を消費し続けて、長いスパンで見ると、Aさんより疲弊していくことは明白である。
参勤交代で経済が圧迫される地方の藩のようなものだ。
庶民レベルで考えれば、一台車を持っているのに、レジャー用の車を買い足して、意地で持ち続けるようなものだ。

もちろん、下手すると実質的既得権になりうることもありえ、よろしくない状況であることは事実で、Bさんの所有権が確定してしまえば意味がないのだが、のんべんだらりと時間が経てば経つほどAさんの方が生き残る。…と考えた。

2006.04.21[金] For unhappy people

ざっくりした試算である。

カローラでもサニーでもファミリアでもシビックでもランサーでもいいのだが、1,500,000円で車を買ったとしよう。
この車を5年乗ったとすると、1年当たり、1,500,000円÷5年=300,000円。
燃費がリッター10kmとし、ガソリン代を130円とする。 1週間に50km乗るとすると、1年間で、50km×52週=2,600km。 2,600km×130円=338,000円
自動車に乗るというだけで、1年に300,000円+338,000円=638,000円かかるのだ。
取得税、消費税、重量税などといった税金、高速料金や駐車料金、タイヤ代や修理代などは計上していなくても年間64万円使ってしまうのだ。

一方、公共交通機関を使うとすると、1日1,000円かかるとして、1年では、22日/月×12ヶ月×1,000円=264,000円で済む。

(自動車を所有)638,000円-(公共交通機関のみ利用)264,000円=374,000

地方都市に住んでたりすると、日常の「足」なので、持たざるをえないことは承知しているし、自動車の自由さも知っているし、自動車でないと行きにくい場所も多いのは重々知っているが38万円の差がある。
38万円といえば…
ベルリン旅行に行ける。時期によってはヨーロッパ一周もアリ。
デートで、そこそこリッチなディナーに7回~9回行ける。
吉原の高級ソープに5~6回行ける。
以上、「1年で」の話。

どうですか? あなたたちは財政的にはリッチで、精神的には貧乏だと思いませんか?

2006.04.21[金] 竹島をめぐる件に関して

日本の測量船を竹島周辺海域への派遣することを報道する新聞などの表現で気になる部分がある。
竹島(韓国名・独島)
…という部分である。誰が出版して、誰が読むのだ?ということを考えるまでもなく、カッコ内の表現は必要ない。
あの島は、「竹島」という名前以外の呼び名はない。

この件に対する韓国政府の発言などを聞いたり、読んだりして、「チョンはやっぱりバカだ!やっつけちゃえ!」などと言ったり、書いたりするのは簡単だと思う。 正解だし。 しかし…
現在、そして近い将来の日韓関係は、攘夷運動中の薩摩と長州や、鬼畜だったアメリカと日本の関係かもしれない。
そうだとしたら、“その後”をちゃんと考えておく必要があろう。
西郷と桂が交渉すればいいが、視野の狭い下っ端の爆竹どもが交渉に当たれば、お互いに悲劇が起こり、下手すれば、中国が汚く干渉し、イスラエルとパレスチナ的な関係にならないとも言えない。(かなり確率が低いとは思うけど)

今のボクらは、未来の人たちが、この事象をどう捕らえるかを考えるべきだ。
末代までの恥の思い出を作ってしまい、日本人が自虐的な気持ちを持ち続けるようなことは、もう繰り返してはいけない。
将来自虐的になるべきは歴史を忘れた相手方である。それが彼の地のよい戒めになろう。

上:海洋、下:明洋
上:海洋、下:明洋
今回の測量は「こんごう」が行けばいいのにね。地形変えちゃったりして…

2006.04.20[木] Bookmark (デジカメ)

デジカメ撮影・加工テクニック
 ●プラスディ
 ●スタジオグラフィックス
 ●デジテク(ELECOM)
 ●デジタルカメラ実践講座(FinePix.com)

新製品情報など
 ●デジカメ Watch
 ●カメラマンWeb

2006.04.19[水] 「ナルニア国物語」を観た。



「ロード・オブ・ザ・リング」を仕事の合間や寝る前に途切れ途切れ見続け、やっと最近見終わった。
監督の趣味と視聴者の趣味が合う合わないで違ってくるのだろうが、ディレクターズエディションで観て正解。
時間が長いこともあって、フロドたちの旅の苦しさがコチラまで伝わってきた。
まったくもって機を逸しているのだが、素晴らしい映画だった。と思うと同時に、映画館に観に行かなかった自分を呪った。
しかし、この手の連載ものは、その一話一話でも成り立っているのだが、ちゃんと順を追って観ないと面白さが半減すると思う。
今回「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」を観たのは、「ロード・オブ・ザ・リング」の世界観に似ているような気がしたし、映画館で観るべきと思ったし、白い魔女役のティルダ・スウィントンにヒトメボレしたからでもあった。
ナルニア国物語
たしか「めざましテレビ」だったと思うけど、インタビュー映像で、そのストイックな顔立ちに見入ってしまったのだ。こういった女性にぐうの音も出ないくらいに叱って欲しい。と思った。(別のインタビューだがこちらも素敵。→Movie Walker TV
さて、映画はと言うと、合格です。料金分は充分に楽しめた。
映像的には、CGも実写とのつなぎ目がほとんど不明で、感心するばかりだった。
ストーリー的には、所詮ディズニーなので何事もホドホドで、ジャンクな部分はなかった。ただ、○○○○のバカさがイライラ来て、オレが代わりに殺してやる!とまで思わせた。

チケットを買う際に、徳仁(なるひと)殿下のお名前とダブってしまい、「ナルノミヤ国王物語」などと言ってしまったが、すんなり買えた。

ナルニア国物語

この手のファンタジー映画は、いつもと違った部分の脳に刺激を与えるみたいで、なんだか新しいことを思いつきそうな自分がいる。


↑こんな映画館で観た。

2006.04.19[水] Web翻訳ページの比較

メジャーサイトで(使える)WEB翻訳を始めたのは、検索サイトのexciteが最初だったと記憶している。
それで、ボクのブックマークにもexciteのページが入っているのだが、不都合に出会った。
対象ページの文字数が多くて翻訳できないというのだ。
そこで同様のサイトを比較してみると…
exciteは半角英数文字で4,000文字なのに対し、infoseeklivedoorso-netniftyは、exciteと同じエンジンを使っておきながら、16,000文字までOKみたいなのだ。
おいおい。どういうことなのだ?無料サービスなのでモンクはないけど、これではブックマークの変更をせざるをえない。
しかし、同じエンジンを使って芸が無いなぁ。と思っていたら、Yahoo Japanはエンジンが違うようだ。
翻訳結果の比較をしてないので優劣は付けられないし、どこもワンストップポータルサイトを志向しているのであろうからしょうがないかもしれないけど、同じサービスをするならYahooのようにエンジン変えてもらう方がありがたい。

その他、ボクのブックマークには以下の翻訳サイトがある。
● altavista
● SDL International
● Google 翻訳 BETA

2006.04.19[水]  mixi の管理 (BlogPet)

その後のフォローがない
管理もしているあのコミュニティーは、ホントを違反したかったの♪
素材はよかったのにもったいないコミュニティーと、もったいないコミュニティーと、もったいないコミュニティーとないのだろう?
最近始めたあのことも続けばいいけど…
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「柴田くん」が書きました。

2006.04.19[水] 厚木基地に行ってきた。




前もって言っておくが、ボクは、雑誌「丸」はごくごくたまに立ち読みすることはあっても買って読むような軍事マニアではない。(しかし、「丸」を出している光人社は軍事関係に特化した出版社なんだな。)
そんなボクだが、今日は厚木基地に行ってきた。数時間歩いて。
どうして行ったか? たまに変わったモノを見ようと思っただけだ。
少しは予想していたが、マニアさんたちが数人いた。
平日だというのに!何してんの?この人たち! …とは言えない。その一人だから。
しかしね、ボクだけだよ。ポケットに納まるカメラで写真撮ってたのは。みんな何か長いレンズ着けたカメラだもんな。
飛んでくる飛行機のたぶん型だと思うけど、メモ取ってる人もいた。騒音問題の市民団体の一人か、北のスパイか、単なる軍事マニアか、だろう。




しかし、改めて面白いと思ったのは、この基地があるのは、大和市と綾瀬市にまたがっているが、厚木市からは離れているのに「厚木基地」なのだ。
ちなみに、マッカーサーが糞生意気に降りた空港として有名。
たしか、厚木基地は空母に着艦するための練習をする施設だったと思う。
ちゃんと着陸するモノもあるし、着陸するふりして、また飛び立つモノもある。(タッチ・アンド・ゴー?)
強そうな戦闘機もあれば、プロペラの大きなヤツもあるし、ヘリコプターも飛んでいる。P3Cだけは分かる。
しかし、相手が速いので、戦闘機をアップで撮ろうとすると至難の業だなぁ。ほとんど見切れちゃって、イメージどおりの写真は撮れなかった。







「メーデー。メーデー5月1日はメーデー。」
などといった連絡をしていないことぐらいは、「トップガン」を2回見たボクにも分かる。











いやいや、しかし、やっぱりすごい騒音だ。
こりゃ~、テレビの音大きくなるよ。
こんなトコで愛は語れないよ。







いろんな飛行機が次々に離発着するためか、戦闘機がいつしか列になっていた。順番待ち?
やっぱりさ~、こういったモノってワクワクするね。
なんだかずっと居たくなってたよ。





軍用犬だって。
なつかないんだろうな。


厚木基地
↑地図のポイント位置は、撮影ポイント。
ここぐらいしか飛行機が大きく見える位置ないんじゃないのかな?


話は全然変わるが、厚木基地に向って歩いている途中、「北向庚申神社」という神社を見つけた。
社自体はトタンでできたツマラナイ姿だったので、写真を撮る気にはならなかったが、立札の内容が面白かった。
以下はボクが見た立札のままではないけど…
「庚申信仰」について
「虫の居所が悪い」「腹の虫が治まらない」などと言うことがあるが、実は人間の体内には、生まれながらにして三匹の虫がいるらしい。
四天王寺庚申堂(大阪市)など各地に伝わる『庚申縁起』には、以下のように説かれている。
「庚申日」の夜、人々が眠っている間に体を抜け出た三匹の虫が天に昇り、その人の善悪を天帝に告げる。
そして、報告を聞いた天帝は、罪の軽重に応じて寿命を縮め、時には命をも奪うとされる。
その災いから逃れるためには、「善をなし悪をやめ、庚申の夜には、香華や百味の飲食を供え、真言を唱えて仏を念じて眠らない。さらに、六度の庚申の夜を無事に勤めれば、願いが成就する。」と。
国東半島の庚申塔」から抜粋。

こういった日常なにげなく使っている言葉の意味が分かると面白い。

2006.04.18[火] 充電池の寿命について

2時間とか携帯で電話することもあるのに、充電メンドーマンであり、話の途中で充電が切れないかヒヤヒヤすることが多い。
ご多分に漏れず、いつもデジカメを携帯しているのに、いつも電池の残量が不確かである。
そのくせ急に行ってみたいトコができたりするものだから、たまにバッテリー切れを起こして、写真が撮れないことがある。
なぜ、充電をあまりしないのかと言うと、意味なし貧乏性のせいで、“充電池は空になるまで使ってから充電しないと長持ちしない”という記憶のためだ。
でもってよくよく調べてみると、「メモリー効果」というものがあって、電池を完全に使い切らずに繰り返し使用することで、電池を放電(機器駆動)する際の電圧が通常より一時的に低下し、通常より使用時間が極端に短くなることがある。…とのこと。
しかしこれは、ニカド電池やニッケル水素電池に限ったことであって、リチウムイオン電池には無関係であるとのこと。
デジカメも携帯もリチウムイオン電池なので、メモリー効果は関係ない。
それで、さらに調べてみると、「満充電」と「過放電」が電池の寿命を短くしてしまうとのことで、以下のことを守ればいいらしい。

満充電状態にしない=充電器にセットしたまま放置しない。
過放電状態にしない=使い切った状態で放置しない。使わなくてもたまには充電する。

なるほど、使わなくなって、久しぶりに充電して使ってみたデジカメがすぐにバッテリー切れになるのは、過放電が悪いようだ。


パナソニックの充電池は、充電中に緑のランプが点いて、充電完了で消える。
オリンパス(コニカ、ニコンなども)の充電池は、充電中に赤のランプが点いて、充電完了で緑に変わる。
面倒臭い!

2006.04.18[火] vodafone のメールアドレス変更なし

vodafoneがSoftBankになったことによる懸念材料の一つだったメールアドレス名の変更だが、無いようで一安心。

http://www.softbank.co.jp/news/release/2006/060414_0001.html

1. メールアドレスの継続
 現在「ボーダフォンライブ!」で提供しているメールサービスのEメールアドレスのドメイン名(「@」記号より後ろの部分)について、既存のお客さまはブランド変更後も引き続き「vodafone.ne.jp」を利用してメールの送受信ができるようにします

2006.04.17[月] 首都圏機能の移転について

栃木県も国会等の移転を誘致運動をしている。
http://www.pref.tochigi.jp/shuto/index.html
首都圏機能の移転の是非論は分かるが、既存の交通網を見ての通り、全て東京に集まっている。
(余談だが、子供の頃のなぞなぞで、「日本で一番高いとこどーこだ?」という問題があったのだけど、答は「東京」。 “上り電車が集まって来るのが東京だから”という理由だったぐらいだもんね。)
東京以外の土地に移転した場合、例えば栃木に移転したら、九州の人がアクセスしようと思ったら、一発で行く方法がなく、どうすりゃいいのよ?って感じなのだが、当然空港建設など土木工事の発生で、地元民が潤う要素たっぷり!だからこういった活動を行うのだろう。

さて、下記のような記載があった。

 【日本における主な時代の変遷】
  794年 平安京(京都) 仏教勢力との決別・水陸交通の利便性・人心の一新
  1192年 鎌倉幕府   武家勢力の台頭・公家勢力からの独立・源氏ゆかりの地
  1603年 江戸幕府   武家勢力の確立・関東平野の開発

ははは。わざわざ表記されるまでもなく、歴史的に都は東上しているので、次は更なる東(北)上で、栃木や福島という理屈が見えて来る。

ボクからの提案なのだが、昨今の道州制の議論もあるし、自立できなそうな都市が炙り出されているので、いっそ、首都圏機能は全て北海道に持って行ってはいかがだろうか?
地域が自立できる起爆剤になると考えるのだが?
場所も札幌跳び越して、旭川という北海道の中心を候補地とすればいいだろう。
ボクが旭川に行ったのは年の暮れで冬の真っ最中で、街が雪に埋もれ見ることはできなかったのだが、噂では、あの雪の下にそこそこの街があるということらしいし、郊外ともなれば、キタキツネを頂点とする食物連鎖のピラミッドが持続している社会だと聞いているので、ここに人間様が行って、「ルルルル~。ルルルル~。」と言ってキタキツネを手なずけ、ピラミッドの上に立てば統治は簡単である。
もし、「ルルルル~。ルルルル~。」で、キタキツネが落ちない場合は、政治家連中を送り込めばよい。キツネとタヌキのだまし合い戦争を勃発させるのだ。

…しょうもないオチでした。

2006.04.17[月] 広島人の感覚

ねえねえ、東京ドーム何個分って言われてもイメージしにくいから、
原爆ドーム何棟分で言ってくれる?

2006.04.17[月] 新しい朝が来た。

いやいや、すっかり夜が明けるのが早くなった。

夜はなかなか暮れず、朝もなかなか明けないというパターンの福岡という裏日本で育ったので、表日本の夜が明けるのが早い様は、なんだか得した気分になる。
(しかし、この「裏日本」とか、他にも「山陰」とか命名した人は絶対嫌味が込められているな)

新しい朝が来た。
希望の朝
…かどうかは知らんけど、いよいよ夜明けが早い季節が来た。
なんだかワクワクするね。


2006.04.17[月] 「情熱大陸」にリリーフランキーが出てた




レム睡眠時には、仕事をしている夢を見て、
ノンレム睡眠時には、泥の様に数時間寝て、
無理やり起きて、
時間に追われて、ぶっ続けで緊張したまんまで、
異常に喉が渇いたり、異常に便意を覚えたり、
たまにフラっと立ちくらみなどをしたりしながら、
たまに仕事の発注者などを呪いながら、
また徹夜。
…ってな生活を送りながらも、
逆に人が働いてる時に、プラプラ行きたいトコに行ったりしてるせいか、あまり今の生活が嫌にはならない。
まあ、いつまでも続くものではないと思いながら、サラリーマンを超早期退職してから、そろそろ10年。

昨夜、TBSの「情熱大陸」を見た。
リリーフランキーがこんなこと言ってた。


  例えば絵描きでも物書きでも
  ディレクターでもそうかと思いますけど
  まともな仕事が
  できなかった人がやってる
  結局なんかそういう人たちの
  吹き溜まりじゃないですか
  だったら他人が寝ている間に
  仕事をしなきゃうけない人なんですよ


そっか。そうかもね。
ある意味、協調性がないからドロップアウトしたんだもんね。
寝ずに仕事するのはしょうがないのかもね。





  なんかプロフェッショナルになることが
  すごい素晴らしいことだって
  いうふうになってるけど
  俺はそうは思わないんですよ
  スゲー奴はいっぱいいるし
  それはプロとかアマチュアとか関係なくて
  凄い奴はいっぱいいますよ
  そういう奴に怯えて生きていくっていうのは
  すごい幸せだと思う
  もっと凄くなりたいとか
  もっといいもの描きたいとか思えなかったら
  だって何かつくるハリがないっていうか
  オレはそんなプロになりたくない


以前は何でも人に勝たなくちゃ気が済まない性格だったんだけど、最近は「何でも勝てるわけじゃないし、上には上がいる。」ってあまり勝負しなくなってたんだけど、得意なことは更に精進しなくちゃね。と考えさせられたよ。


2006.04.16[日] image









2006.04.16[日] mixi の管理

mixiは管理者によってコミュニティーの盛り上がりが異なると思う。

Aというコミュニティーは、管理者がホント細かく、ルール違反チェックがすぐ入る。でもスレが荒れない。

Bというコミュニティーは、全く放置。たぶん管理者に芸がないのだろう。素材はよかったのに、中身がない。思いつきで始めたが、その後のフォローがない。
管理もしてないみたいで、結果、「はじめまして」の文字違いが6コあって、その他は2コぐらいしかないんじゃないかな?いやいや全く意味なしコミュニティー。人数は集まったのにもったいない。


そういえば、友人が主催しているあのコミュニティーはどうなったんだろう?
最近始めたあのことも続けばいいけど…

2006.04.13[木] 赤坂の番傘

昨日12日水曜日の話。
東京は前夜からの雨が午前中まで残っていた。
月曜日いっぱい続いたバタバタした時間の反動で、火曜日はグッタリしてしまった。
いやいや流石に疲れが溜まっていたようで、水曜日になっても放心状態に近かった。
いくらでも寝ていられる気がするが、そうもしてられないので、無理やり用事を作って出かけた。
赤坂の事務所に行って、東京都などに電話をかけたが、年度明けで担当が替わったばかりだったりでなかなか連絡が取れない。
無駄な一日になりそうなパターンだったので、しばらく行っていないあの場所を思い出したので、見切り発車で新宿に出かけた。

赤坂は政治家やお偉いさんたちの夜の社交場。
ある料亭にはこんな風に番傘が干されていた。



新宿に着いて都庁を通過し、着いた場所は初台の東京オペラシティ
ICCに行きたかったのだ。

オペラシティは都庁からも見えるのだが、新宿からはちょっと距離があって、歩く人は少ない。ちょっと不便な場所にある。
立派な新国立劇場があるのだけど、まだ縁がなく入場したことはない。
高層ビルの方は、アップルコンピュータの本社があるので、Macユーザーにはそこそこ有名かも。

東京オペラシティの向かいにあるNTTのビルは1/4円の形をしていて、見る方向によって別のビルのようなデザインをしている。





サンクンガーデンという広場がある。
横浜のドックヤードをホウフツさせる石を使った意匠。



今回新たな発見があった。
この人ガタのオブジェだ。
昨年夏に行った直島のベネッセハウスで見たアレと一緒だ。
いやいやこんな所で再会しようとは!



オペラシティは、アトリウムがいい。
テレビドラマやCMでよく使われる。
最近ヘビーに流れていたのは、エッセンシャルシャンプーのCM(「仕事依存」編)で使われていた。
ちなみに使われている曲は、YUKIの「メランコリニスタ」で…
  ラーイドオーン!
  コーラス渋いビートきざむ さあ 逆さになって 裸足になって
  めそめそしてる君に歌う
  今 転がるように 夢中になって
  シスタエンドプラザ さあ ここへ集まれ
  退屈けどばせ ベースのリズムに あわせ
  オンエンドオーン ループオンタイム
  君には愛を そう 小さく 誓うよ
…と唄っているらしいが、「ライドオン」が「うまいラー」に聞こえる。






で、肝心のICCは休みで入れなかった。
ここはワケあって、絶対平日に来たいんだよなぁ。
また、いつか来るさ。






初台から都庁はこんな感じ。

2006.04.12[水] 日枝神社に参る。



4月3日の話。
4月は週末から始まったので、実質的な新年度の初日。
スーツ姿が多い。
景気のいい頃、4月の東京はホント人が多かった。
研修などで本社に集まっているのだろう、体に馴染んでいない真新しいスーツを着た若者が溢れており、ホント迷惑していた。
どうせゴールデンウィークが明ければ、地元に帰る人も多いし、辞めていく人も多いみたいで、徐々に減っていき、ボクらにとっての日常が戻る。
独立してからはあまり関係ないのだが、赤坂に朝からいたせいか、今年は新年度を感じた。
昼休みに日枝神社に行ってみた。




お昼ごはんを食べる女性がたくさんいて驚いた。
お参りをする人も次々に来た。
少し並んだ。
いつも人のお参りスタイルを見るが、あまりかっこのいい人を見ない。
ボクの番になった。いつものように少々大振りで参る。
隣の二人の女性たちはお参り中なのに、コチラをじっと見ていた。
スムーズに短くお参りを済ませて戻った。





桜が舞っていた。もう桜も終わりだ。
新しい年がいい天気で明けてよかった。気分がいい。
何かと今年は変化せざるをえない。不安ばかりだが、まずはやりかけの仕事を全部済ませて、とりあえずどこかへ旅に出ようと思う。



奥にTBSが見える。

日枝神社

さて、我ながらお参りばかりしている。
3月27日(月):大宮の氷川神社
3月31日(金):増上寺
4月1日(土):明治神宮
4月3日(月):日枝神社
…といって、特に何もお願いしていない。

2006.04.12[水] 年度の変わり目の出来事-4

年度の変わり目の出来事-3」からのつづき

気が付いたのは田園都市線、梶が谷ぐらいで下り電車の中だった。
鼻の下が痛い。触ってみると傷。血が固まっている。
頬も痛い。ここにも傷。
昨夜少なくとも2回何かが顔に当たったのを覚えている。
2回目は何か硬い金属のものが当たって、すごい音がしたのを覚えている。
自滅なのか誰かから殴られたのかは分からない。
2回目の金属が当たった後は、面倒くさくて立たなかったはずだ。

鞄が無い。
何度目かで倒れた時、面倒臭くて鞄を拾わなかった。
大したものは入ってないが、気持ち悪い。
そもそも自分がどこをどう歩いたのか覚えていないのだが、なぜか見つかるような気がして電車を上りに乗り換えた。
パスネットを見ると、青山一丁目で乗っている。
まずはここまで戻ろう。携帯電話で時間を見るとAM9:30だった。

青山一丁目まで戻り、駅員にこのパスネットで何時に入札したのか?と聞くと6:30だという。
3時間ぐらい電車に乗っていたのか?一体何往復したのか?
駅から上がると、キコさん家(赤坂御用地)角の交番があったので、早速オマワリに鞄を失くした。と伝える。
紛失届なるものに自分の素性や鞄の特徴、中身などを書く。
このオマワリがふざけたヤツで、届けのボクの名前を読んだのだろう。
人が記入中だというのに…
「あ~ら、清明くん(実際は苗字)!鼻の下ケガしちゃって~。 呑み過ぎ? 喧嘩? どう懲りた? 呑んでも飲まれちゃダメよ。」
…とノタマイやがった。
おいおい。そもそも、「くん」付けかよ!?
たぶんアンタの方が年上だろうが、交番勤めだったら、オレとそんなに変わらないと思うよ。
この糞公僕め!…と内心思うのだが、鞄を見つけて欲しいし、意地悪されたくないので、「いや~~、覚えてないんですよね~」と愛想を振りまいてやった。
それで、西麻布はどっちですか?と聞いて、「おい!探すのかよ?」みたいな顔をされながらも、頭を深く下げて、西麻布方面に歩いてみた。
たぶん歩いたのだろうけど、全く覚えていない。 こりゃ無理だ。
探すのやめた。昨日は2つデジカメを持っていたのだが、鞄にはその一個、オリンパスが入っている。縁が無かったのかな?買ったばかりのパナソニックがポケットに入っていたのが不幸中の幸い。

さて、どうしたものか?
帰って寝た方がいいのだろうが、天気がすごくいい。
桜の季節の東京の名所、青山墓地を歩いてみよう。





夜は人の墓の前でアホみたいな人数が酒を飲んでいるのだが、一部を除いて信じられないほど人がいない。
ボクは2~3回青山墓地で夜に花見をしたことがあるけど、寒かったこともあってあまりいい印象がない。
確かに見事な桜であった。いつか昼間にここで酒を飲み、死者の話を聞いてみようと思う。
青山墓地
渋谷方面に向う。
ふと以前から考えていた行きたい場所を思い出す。
善光寺に寄り道する。
たぶん初めて足を入れた。歴史など全然知らないのですぐに出る。



善光寺



表参道ヒルズを通過する。

ラフォーレ原宿
ラフォーレ原宿は原宿以外にも、ラフォーレ原宿小倉、ラフォーレ原宿新潟、ラフォーレ原宿松山と支店がある。それって原宿じゃないじゃん!?って感じだし、かなり恥ずかしい。
なんだか金沢にもあった気がするのだが、記憶違いか?

ラフォーレ原宿は早朝バーゲンが名物だと思う。1~2度行ったことがある。
当時はゴルチエを集めていたなぁ。今も好きだけど、ここ2~3年は買っていない。
ゴルチエのスーツって水商売だったよなぁ。


JR原宿駅。
この先に皇室専用ホームがある。葉山とかに行く時に使うホームだ。
東京に来たての時は知らなくて、使わなくなった駅なんだなぁと呑気に思っていた。
原宿は、タレントショップブームの時も知ってるし、竹の子族も見たことがある。


ボクの目的は明治神宮
久しぶり~~。
お正月の参拝者日本一の神宮だ。
お正月には2回ほど来たことがある。参宮橋近くのデザイン事務所に通っていた時、お昼ごはんをよく食べに来ていた。

いやいや久しぶりに歩いたが、広い広い!
歴史が圧倒的に浅い分、伊勢神宮の神聖さにはかなわないものの、参道は長い長い。(地図
なお、オフィシャルサイトのQ&Aが面白い。
「明治天皇さまはあんパンがお好きだったのですか?」って何その質問?って感じ。
「神社・神宮・宮・大社の違いは何ですか?」は短い説明で分かりやすい!


大鳥居を抜ける。
参拝者は少ない。半数は外国人だ。








しかし、東京のど真ん中にこのような深い森があるのだ。
永久に残ってもらいたいものだ。



代々木方面から出る。
出口には「定」があり、「車馬ヲ乗入ルコト」を禁じている。馬事公苑が近いが面白い。この手のモノは時代とともに書き換えないものなのだろうか?
明治神宮


小田急サザンタワーが道路の正面に見える。薄っ!
サザンタワー


さすがに疲れた一昨日は時間に追われながら徹夜して、昨夜は呑み過ぎてボロボロ。
家に戻って自分の体を調べてみた。
右足のスネに打撲および出血。
左足のヒザから出血。
右手の中指から出血。
鼻の下に大きな傷。
目の下に傷。
そして、頭頂部に大きなコブがあった。
坊主頭なので、頭の形が歪んでいた。


翌日、日曜日昼頃、非通知の電話あり。
普段だったら取らないのだが、何となく出た方がいい気がして、出ると、オマワリからの電話で、鞄が見つかったとのこと。
早速、交番に行き、奇跡的に鞄が返って来た。
話を聞くと、某所某お宅の前に鞄が置いてあり、丸一日そこにあったという。で、気持ち悪いので、オマワリが呼ばれ、オマワリが回収したとのこと。
従って、オマワリ以外誰も鞄を開けなかったらしい。
諦めていたオリンパスも戻って来たし…、いやいや何ともスーパーラッキーでした。

2006.04.12[水]  enjoy Korea (BlogPet)

多くは韓でいかがと思う
ネットで散見する隣国に文句がある
これはいかがか?
まあ、やれるぐらいなら掲示板程度で興奮するなよ
と思うのよ
当然、主観も入るでしょうけど、面白いことをいやいやを限定された情報にコントロールされるだけのスレが噛み合っておらず、両者とも自国に、日本の状況を伝えること

やっている
翻訳掲示板が噛み合っておらず、せいぜい掲示板でギャーギャー言ってオナニーしてろ
って感じで、事象は何色にも着色できる
と、柴田くんが考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「柴田くん」が書きました。

2006.04.11[火] bogusnews

ある研究中に、bogusnews なるを発見。そこそこ目に止まったニュースをご紹介。
「もったいない」クリスマスに浪費される精子
生産過剰の巨乳「貧乳援助に」中川農水相

2006.04.10[月] 「自分の感受性ぐらい」 茨木のり子 作

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性ぐらい
自分で守れ
ばかものよ

             詩集『自分の感受性ぐらい』より

2006.04.10[月] 「祝婚歌」 吉野 弘 作

二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと気付いているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで
疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと 胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい


             詩集『風が吹くと』より

2006.04.08[土] 久々の焼肉

住むトコ、働くトコ、通るトコなど生活圏で、「食べ物」って変わる。
ボクのように外食ばかりの人間はもちろん、最寄のスーパーマーケットなどの意識によっても「食べ物」って変わる。
博多にいた頃、街を歩けば、博多ラーメン、博多ラーメンって、そう博多ラーメンばかり食べてられるか!って感じで、いわゆる博多ラーメンが好きではなく、味噌ラーメンなど他のラーメンを探して食べていた。
しかし、ここで素直に博多ラーメンばかり食べていたら、ボクの体を流れる血はトンコツ型になっていたはずで、ちゃきちゃきの博多っ子はトンコツ型であるはずだ。
うどんとそばは大きく、西日本と東日本とではつゆも違うし、そもそもうどんがメインか、そばがメインか入れ替わる。
インド人を引き合いに出すまでもなく、食べ物で体質は変わり、体臭、口臭、糞の香りが変わる。

…と大きな話をしたが、昨日、焼肉屋に行ったが、久々な気がしたのだ。
大久保周辺はコリアンタウンと呼ばれることもあって、韓国料理が多く、当然焼肉屋も多い。そして焼肉に行く機会が増える。
最近は、赤坂にいる時間が長いのだが、赤坂も実は、中国や韓国料理が多いし、コンビニやチェーン店で中国語を喋るアルバイトが多い。
大久保との違いは、焼肉の値段が高い。当然ボクの経済状況ではランチは行けても夜は行けない。
そういったこともあって、最近はごくたまに肉を買ってきて家で焼いていた。
モノも違うだろうが、自分で買ってくるのと、お店で食べる肉とは、値段が違い過ぎるものね。
ちなみにボクは、肉を食べる時、「これは死肉だ。」と想像しながら食べる。
ベジタリアン連中の気持ちが分かりたくてやっているのだが、馴れてしまって平気で喰える。

…で、昨日、初めての店に夕方行ったのだが、幾らかかるのか分からないので、財布の中の実弾を再確認して入店した。
さて、いつも何を何グラム食べているのだろう?と思いながら席に通されると、ランチメニューも出された。
17時までランチをやっているというのだ。
それはいいアイディアだよな。15時とか16時とかに焼肉食べたがる人って少ないもんね。それなら少しお得なランチをやっていた方がいい。
事実、ボクの他には一組しかお客いなかったし。
それで、一番量が多い、ダブルカルビランチなるものを注文してみた。
板状の焼肉プレートが多く、針金を編んだような焼肉プレートはホント久しぶりで、焼くのに苦労した。
小さい破片は落ちてしまう、脂の多いカルビは炎に包まれてしまう。
いやいや忙しい。忙し過ぎるよ!!とバタバタしていたら、途中で気が付いた。
焼いた肉を食べてしまう寸前に次を焼けばいいんじゃん。
ついつい癖で、焼く場所が空いたら次の肉を乗せていたのだ。
腹が減っていたせいか、久々だったせいか、新しい店だったせいか、美味しかった。
そこで、追加をしようと思ったが、ごはんも食べ足らないので、考えたのはランチのお替り。
しかし、考えたのだ。ランチを2つ食べるっていうのはいかがなものか?
●中学生や高校生ではない。
●テレビチャンピョンの大食い大会の候補者ではない。
●テレビ東京の食べ歩き番組に出るマイナーな芸能人でもない。
恥ずかしいよな。恥ずかしいよね。自問自答する。
お店のアルバイトの女性達はこの時間暇なので、絶対話題になるよ。
「お肉の追加じゃなくて、ランチセットの追加よ!だから、太るのよ!だから坊主頭なのよ!だから眠そうな目してるのよ!」
なんでもランチのお替りのせいにされそうだ。
15分考えて、止めた。

でも次は最初っから、「ランチ二つ!」って注文してやる!
それが男ぞ!

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。