歩くの大好き!

Category : 鋸山に往く

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.07[日] 帰り道 -- 鋸山7





昭和14年11月登山者のタバコによる失火によって本堂、仏像を失い、その後も戦争時に要塞化されたりして、現在ようやく復興中で、お堂はどれも新しい。









新しいお堂ができる前まで使われていたお堂。



さて、本格的な石段開始。







目が血走っています。





とにかく降りまくり。
歩きまくりで、すでに足がヘコヘコ。 ゆっくり歩きます。



石段終了。



保田駅までの推奨道路は有るのですが、海を見ながら歩きたいという思いの元、国道127号まで降りてきました。



国道127号



国道は歩道が無い。
しかも房総半島は高速道路を除き、ほとんど一本道路なので、交通量が多い …のに、歩道が無い。 千葉県のダメなトコ。
往々にして、新人の県知事などは目に付きやすいトコにしか目が届かない。
ボクの家の近くにも、通学道路のくせに歩道が無い道路が有る。
しかし、庁舎周辺の整備ばかりで、庁舎から遠いその道路なんかほったらかしなんだ。
道路拡幅には土地買収の費用も掛かるし…
構想は有るのかもしれないけど、整備されるのは無限に先のコトだろう。



「夢のカレー」日本一うまいらしいです。
腹が減っていたので、喰ってみるか?と思ったけど、夕方で、売り切ったのか…



犬が一匹、オレを見ているだけで、店内は暗いし客は無し。店員も見えない。
引き戸を開けて、犬が逃げても走って追っかける気力が無いので入店を諦めた。
店を後にし、歩きながら…
オレ的に一番旨いと思う田町のあのカレーより旨いのだろうか?
あの犬、実は、「こども店長」のごとく「ワンコ店長」であったのではないか?
…などと店の扉を開け、閉店かどうかチャレンジしなかった自分の腰抜けぶりを後悔した。

夢のカレー



保田駅到着。
密でないダイヤなのに、運良く上りの汽車(ホントはたぶん電車)が来るので、慌ててホームへ。

保田駅





JRで帰ると時間もお金も掛かるので、一駅隣の浜金谷駅に到着。
看板以外先ほどの保田駅と同じ造り。
フェリー乗り場へ戻ります。

浜金谷駅



すっかり夕焼け。
帰りのフェリーは夕日に向かって帰ります。
ボクは目が悪いので見えませんでしたけど、富士山も見える場合も有るらしいです。


終わり



Boys With Girlfriends - Meiko

スポンサーサイト

2009.05.23[土] 千五百羅漢と日本寺大仏 -- 鋸山6



なにしろ日本寺的には頂上からスタートしたので、後は下る一方です。





道中、石の壁をくりぬき、そこに石仏たちが鎮座しています。
その数 1,553体! らしい。














Mike Oldfield - Moonlight Shadow











うんざりする程の石仏を見て、うんざりする程の階段を下り、ついに平地へ。
そこに日本最大の大仏。









たぶんタイ人と思われる男がいて、その男は大仏の前で裸足になって拝んでいました。



お願い地蔵だそうで…



足下には小さな地蔵。
そして…



お願いの絵馬。
自ら「オワタ」と書いているあたり、釣りか?

2009.05.13[水] 地獄のぞき -- 鋸山5



百尺観音を後にし石畳を歩きます。



地獄のぞきを体験すべく、階段を上がります。



展望台到着。


The Carpenters - Top Of The World



しょうがないのでしょうが、柵は先っぽからケッコー引いたトコまでしかないなぁ。



金谷港はこんな感じで見えます。



いよいよ地獄のぞきに向かいます。
手前に一回上り坂があるのですが、ココの足場が悪い。
その後先っぽまで下がるのです。





予想通り、あまり怖くない。





先っぽ手前の一番高いトコの方が景色がいいです。
百尺観音側です。
地獄を覗くとソコに観音さまが居るっていうのも… どうなの…









削り残しのようなこの小山の上が景色がいい。

しかし、ここも足場が悪い。

鋸山の鉄則2: (デートだろうが、)山に登る人はヒールやゾウリはNG



南房総側の保田海水浴場です。





2009.05.11[月] 百尺観音 -- 鋸山4





平らな道が続いて、日本寺の入口ですよ。



そして

いきなり

日本寺の

一種、メインイベント…



Junior Senior - Move Your Feet





百尺観音!

戦没者供養と交通犠牲者供養が発願だとか。



そして…





地獄のぞき!



日本寺をメインに見ると、裏口から入ったワケで、出落ちというか、最初に、気持ちの準備ができてない内に、横綱が出て来た! みたいなイメージです。

だって、他に何が有るか知らんもんね。


つづく

日本寺北口

2009.05.10[日] 鋸山登山道 -- 鋸山3



遠くに石切場を眺めながら住宅街を抜けますよ。



鳥居を発見したので寄り道しますよ。



左側の家屋が人の家っぽいので、離れたトコから神様に挨拶ですよ。



人家がぐっと減りましたよ。



登山道の分かれ道。



橋を渡って細い道を行けば、安兵衛井戸・沢コース。



ボクは道なりに行きますよ。 登山道最初の目標、観月台までたった 500mですよ。



誰も歩いていませんよ。 右側の土手の上は線路なので…



上がってみますよ。 列車は鋸山の下を走るみたい。



再び登山道の分かれ道。 3本の選択肢?

四差路





左に行けば、車力道。 なんとなく汗臭いイメージ。



ボクは尾根スジの階段を選びます。



笑いが出るぐらい、階段が続きます。
階段にしなくちゃいけないぐらい、急な坂ってコトですよ。
なまった体にこたえます。



階段が終われば、岩場ですよ。



平らな道になっても岩場ですよ。 石切場があるぐらいの山ですから、山のほとんどが「石」みたいですよ。





最初の目的地の展望台にやっと到着ですよ。
たかが 500mとなめていたのですが、ケッコー急な上り坂だったので息が切れました。



金谷港が見えます。



コンクリートの古っぽい休憩舎が有ります。
幼稚園児や小学校生の軽い遠足などではココで休憩するのかしら?


Sublime - Wrong Way



今度は下り坂です。





石切場が近くなってきました。



今度は石のちゃんとした階段ですよ。



あれ? たった海抜 150mですよ。



今度は岩を削った階段。



階段になってない部分もあります。 雨の日は滑りそうです。









「段」が無くなっています。
案内板で見た時は、フレンドリーな山道と思っていたのですが、なかなかタイトな箇所がありますよ。





またまた立派な階段。







石切場と視点が同じになりました。
しかし、あの凹み部分は何の意味があるのかしら?
住んでいたのかしら?





この辺りは石を抜いた道なんでしょうな。



道を反れた部分に柵がない平場を発見。







金谷港の見える角度が高くなりました。



最後の階段ですよ。


つづく

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。