歩くの大好き!

Category : レインボーブリッジを歩いた

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.17[水] 虹の橋を歩いた 8







風景自体はレインボーブリッジのどちら側を歩いても面白いのですが、台場側から歩くとGL(地面)から歩くので、上り道が長く疲れる。
それと当然ながら日本の車道は左側通行なので、右側を歩けば正面から車が走って来るし、左側を歩けば後ろから車が走って来る。 ボクは見えないと不安なので、行きも帰りも右側を歩いたのは正解でした。(だって走る車が速くて轟音たてて走るんだもん)





ついに芝浦アンカレイジ到着。



下か見るとあの部分です。



エレベーターに乗ります。
2階と7階のボタンしかありません。



この季節、ホント日が暮れるのが早いです。

いやぁ~、楽しかったですわ。
お台場住みたくなりましたわ。
毎日歩いてレインボーブリッジ渡りたいわ。

あまりにテンション上がったので、新宿まで歩きたい気分でした。
が、次の予定があったので、涙を飲んで電車で帰りました。
次の予定で飲み散らかし、帰りの電車で遙か遠くまで旅しました。

---------------------------

ここから余談です。



田町に戻る途中の不動産屋に空き室情報がありました。
広いけど、ソコソコの賃料です。
礼金の2は、無いでしょ? 強気だな? 誰も借りるな。



芝浦の高そうなマンション

つづかない



Love Spy - Mike Mareen




スポンサーサイト

2008.12.16[火] 虹の橋を歩いた 7



晴海埠頭が見えます。





汐留のビル群です。
なかなか見ることが無いアングルです。



こちらは面白いアングル。
港区も新宿区も遠近感なし。



三田のNECのビルと六本木ヒルズが並んで見えます。



泉ガーデンタワーと東京タワーも並んで見えます。


つづく


Expose- Come Go With Me


Expose - Point Of No Return

2008.12.15[月] 虹の橋を歩いた 6



ここが台場側の入口です。











ここが分かれ道。
さっきは左の道を歩いたので、今度は右の道を行きます。



車道の下を渡ります。



今度は日陰を歩きます。



船から見慣れた風景です。



さっきの物騒な船です。
奥は聖路加です。



カーブの内側なので、レインボーブリッジの構成がよく見えます。



しかし、アンカレイジはデカイ。





台場アンカレイジ到着。



こちらもエレベーターは不通。




つづく


Sophie Ellis Bextor - Another Day

↑最近見つけた曲で琴線にブルブル。しかしながら古い曲みたい。 そして残念ながら、PVもオリジナルじゃないし、i-tunes storeでも売ってないのよ。 UK amazon でCD買うしかない?


Murder on the dancefloor - SOPHIE ELLIS BEXTOR

↑こちらは i-tunes store で売ってます。

2008.12.14[日] 虹の橋を歩いた 5













お台場到着。
ここはクルドサックになっています。









お台場海浜公園は、波が無く穏やかな公園です。(夏場を除く)
オシッコだけ済ませます。
レインボーブリッジからレインボーを見せてやってもよかったのですが…

お台場海浜公園





ブリッジの下から港区のビルが見えます。



物騒な船もいます。


つづく


Culture Beat - Mr. Vain

2008.12.14[日] 虹の橋を歩いた 4



ヒミコはお台場と浅草を結びます。









このデッキは最高の開放感 …って言うか、ここからだと飛び降りれるじゃん!?
人生に絶望感を感じている人はココからGO! 水が冷たい季節にGO!









長ひょろい鳥島が見えます。




こちらは第三台場。
陸続きなので、アクセスできます。













脇道が有りました。
逆の歩道に渡ることができます。









この道の意味ってどうなんだろう?
あまり意味が無いような…



渡ってしまうともったいないので、元の道に戻りました。


つづく


横断


Paul McCartney - Driving Rain

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。