歩くの大好き!

Category : 伊豆七島を歩いた

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.26[水] 地獄岬

サタドー岬

三宅島はガスが発生すれば、夜中でもサイレンと放送が鳴ります。
慣れない身としては、放送の度起きてしまいます。
朝起きても朦朧としています。
噴火後に避難していた島民もケッコー戻って来ているみたいですが、地獄は続いています。

サタドー岬

サタドー岬

昼食を終えて、次の予定まで少し時間があったので、途中気になっていた「サタドー岬」に寄り道しました。
案内板を読むと…
この灯台が、ヒンズー語の「地獄」に由来するといわれる岬にあって(後略)
…とありました。
「サタドー」は「地獄」なんや?

三宅島は、1085年以降、1154年、1469年、1535年、1595年、1643年、1712年、1763年、1811年、1835年、1874年、1940年、1962年、1983年、2000年に噴火があったそうで、岬の周囲の木々は枯れたままで、ある意味「死の光景」~「地獄絵図」。

サタドー岬

サタドー岬

サタドー岬

サタドー岬


元ちとせ - 語り継ぐこと
スポンサーサイト

2008.03.14[金] テトラポット


三宅島の阿古港近くにそれはありました。


この金属の枠にコンクリートを流し込んで…


大きなテトラポットができます。


Jenifer-Comme un hic

2008.02.06[水] さるびあ丸を満喫




昨夜22:30発の「さるびあ丸」で竹芝港出港ですよ。
ロビーに居る時から見ていた「あしたの、喜多善男」を点けたまま、特2等に行きましたよ。
22時発の「かめりあ丸」に乗った連中と、焼酎を2本空けていたので、ドラマを見終わった後は、グースカピーですよ。

夜中の3時に揺れが酷くて、起床ですよ。
4時頃放送ですよ。
三宅、御蔵、八丈の3島とも港の状況が悪いので接岸できません。本船は只今から竹芝へ帰ります。
5時半着ですから、三宅島の直前だったはずですよ。


夜明けは東京湾の中ですから、波は穏やかなもんですよ。




レインボーブリッジの下辺りで、「おがさわら丸」が方向転換中につき待機ですよ。
小笠原はこの季節も半袖ですよ。 うらやましい… けど、しばらく行きたくない。

竹芝到着10時半ですよ。
12時間ただ船を満喫しただけの旅ですよ。


オレの青春返せ…


三宅島

三宅島

三宅島
前回三宅島に行った時は、このようにあっぱれな夕陽だったのに…


山下達郎 蒼氓

2008.01.13[日] 三宅島 三池港

三宅島

三宅島は航空路線が塞がったままなので、「かめりあ丸」という大型客船で行ったのですが、この「かめりあ丸」が働き者なのです。
時刻表は以下のとおりで…

東京  22:30 発
三宅島  5:00 着
御蔵島  6:05 着
八丈島  9:30 着
八丈島 10:10 発
御蔵島 13:20 着
三宅島 14:10 着
東京  20:40 着

22:30に東京を出港した船は、八丈島に翌朝 9:30に到着し、40分停泊した後折り返し、戻ってきた船は20:40に東京に着き、2時間弱停泊した後また出港なのです。

ボクが乗った便は、御蔵島着は条件付きで、風や海の状況によっては着岸しないというものでした。
三宅島も場合によっては条件付きになる日もあるみたいで、その時は、上陸できないまま船に乗ったまま22時間後東京に戻って来るハメになることもあるそうです。

三宅島は基本的に三池港を利用するみたいなのですが、状況によっては島の反対側にある阿古の方を利用することもあるそうなのですが、なにしろ一回しか行ってないので、詳細は分かりません。


「かめりあ丸」の着岸はなかなかダイナミックです。
三宅島
三宅島
三宅島
三宅島
三宅島
三宅島
三宅島
三宅島

いやいや、上手いもんです。

三池港

2008.01.13[日] 三宅島 大路池

三宅島
大路(タイロ)池は島の水瓶であり、同行のおじさんの話では、絶対に水が枯れることがない不思議な池…ということでした。 単に海岸線に近いから、と思うのですが、この手の不思議っぽい話は深く考えず「不思議」のままの方が面白い。

三宅島

三宅島

三宅島

三宅島

三宅島
大路池へのアクセス道路の途中に「迷子椎」という大木があります。
この木を見た時、ボクは「あ!」と声が出そうになりました。
サイボーグ009の最終回だかで出てきた「やどりき」にそっくりだったからです。
石ノ森章太郎、当時の石森章太郎は、この木をスケッチしたのだと確信しましたが、マニアでないので真偽は不明です。

三宅島

大路池

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。