歩くの大好き!

Category : NHK大好き

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.31[火] NHK LOVE



実は「東京都の自民党支部長」のくせに「完全無所属」と偽装をした過去の芸能人が千葉県知事に当選した。
日本名で日本を闊歩する在日三国人の振る舞いと酷似している。


一方、民主党推薦の候補者が落選した件を受け、鳩山幹事長は…
「国民の皆さんに対して、われわれがきちんとね、説明をしさえすれば必ずわかっていただけると」
「麻生政権の非というものをしっかりと訴えるということが大事だと」
…と発言した。

民主党は、「麻生政権の非」を「しっかりと訴えるということ」が「大事」だそうだ。

自分たちのメリットを訴えるより、相手のデメリットを訴えるコトが、政治家には有利だというコトなのだろうか。


先日の、関西女優と関西芸人の離婚に至る情報も、関西芸人の父親が「目に見える部分だけじゃなくてね。裏側の部分もあるわけです。それは今は言えないし、何年かしたらわかることじゃないですか」という反論が有る以外は、全て関西芸人の方が悪い。と報道されている。
この発言の「裏側の部分」は関西芸人の浮気のコトで、何年も経たず明るみに出た次第で、反論でさえないかもしれないが、報道では「反論」の体で表現された。


対象者の「功」を報道するより、「非」を報道する方が、「受ける」し「売れる」のだろう。
「商売」としては当然「売れる」方を選ぶ。
偏向・着色報道をする「マスコミ」をボクも「マスゴミ」と表現してしまうが、「商売」としては当然の選択かもしれない。
批難されようが、売れた方が勝ち。
こういった報道を受け取るだけのボクらは「釈迦の手の中」なのか?


共産主義国家に生きているワケでないボクらは、できるだけ真実に近い情報を知りたい。
従って、ニュースソースを選ぶ必要が出てくる。

結論から述べると、テレビではNHKを選ぶほかない。
モノ足らない部分も多いが、着色が一番少ないのがNHKであると考える。
NHKは強制的な受信料が入るので、スポンサー探しをする必要が無く、「売れる」必要がない。

しかし、気を付けないといけないコトがある。
NHKは、政府の意に背いた報道はしない。
「国営放送局」だから当然である。
従って、現在は自民党と創価学会党の足を引っ張るソースは出て来ない。

NHKは、政府の言葉足らずの部分を補足し、代弁する機関である。
もしかしたら、政府のシンクタンクか、広告代理店であるかもしれない。

さらに、不景気などの状況を受け、国民に対し、いかに生きるべきか?というコトを教育している機関でもある。
大河ドラマのテーマを見ていればよく分かる。

「功名が辻」:上司を信じ尽くせ、誠実に生きよ。
「風林火山」:状況を判断、分析し、アイディア次第で物事はうまくいく。
「篤姫」  :苦難な局面を乗り切る振る舞いや精神の持ちよう。
「天地人」 :「功名が辻」とほぼ同じ。

…といった具合である。


一応平時の現時点でNHKのこういった性格をよく理解しておけば、いざ戦時下など異常事態になった時に、NHKがどのような「意図」を持った報道をするのか、判断することができる。

スポンサーサイト

2008.02.18[月] 「篤姫」の為に買ったテレビ



いやいや、現代のテレビは、まっこと素晴らしいのぉ。
「篤姫」の為に買ったテレビであるが、日曜日は、午後6時にデジタル衛星ハイビジョンで、午後8時から総合・デジタル総合で、午後10時からは衛星第2で、一日に3回も見ることができる。
土曜日が来れば、午後1時過ぎからもう1回… と週に4回も同じ放送を見ることができる。
で、今日は見比べてみたが、うちの環境では、1位同着で、衛星ハイビジョンと地デジ、2位BS、3位地上アナログ放送の順に画像が美しい。
画面も横に広い。
逆に言えば、地上アナログ放送は横が切れとる。 端っこに居る人が映ってなかったりする。

「篤姫」は毎回毎回、泣かせられる。
先週、菊本の死は謎のまま終わったけど、今週の種明かしで泣き、尚五郎の涙に泣き…
同じ放送を3回見ても、同じトコロで泣く。
尚五郎泣くな! オレは泣く。

女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます。
男の道も一本道にございます。が、「さだめ」は自分で決めとうございます。

しかし、キャスティングが上手いよな。
出演者は多いものの、ストーリー上無駄なキャストには、ちゃんとセリフが無いものね。



3回見たけど、空耳ストのボクにはよく聞き取れない部分があった。
結果的に、それぞれのお守りを交換することになるシーンで、宮崎あおいは…
「尚五郎さんにはショーツがよろしいですわね。」
…と聞こえた。
ショーツって… パンツと言うか、パンティーのコト?
時代的におかしいよね。
御姫さまだから、「琉球より贈られました、ショーツなるものでございます。」などとプレゼントされ、持っていたのか?
何かと血気盛んな殿方に対し、最高のプレゼントをしようとしたのか?




あの素晴らしい愛をもう一度 - フォーククルセイダーズ

2007.09.27[木] バニラ



ガクちゃん演じる長尾景虎のマネで、「バニラ」と言おうとすると、「ヴァギナ」になるはず。

2007.04.20[金] NHK「カーペンターズ・スーパースターの栄光と孤独」記念カラオケ大会

NHKのプレミアム10で「カーペンターズ・スーパースターの栄光と孤独」やりますね。
練習練習。


The Carpenters - Top Of The World


Carpenters - Yesterday Once More

2007.01.04[木] NHK 年末~新年の番組

政府の犬NHKではあるけど、個人的には最近再評価している。
犬のくせに現在の政策の悪さへの皮肉ぶりなど、なかなかにするどい部分もある。
様子見しながらもNHK応援団をやっていこう。
アナログ放送しか見れない環境なれど受信料も2倍払おうぞ!(←ウソ)



第57回NHK紅白歌合戦
12月31日19:20~

いやぁ~、白組が勝つか、赤組が勝つか、ホント最後までドキドキしましたね。でも、あんなに差が開くとは思ってもなかったなぁ。(←ウソ)
終わってみれば白組の勝利などということより、DJ OZMAの件で記憶に残る回となったみたいね。
ボクは酒を飲みながら、PCで何かやりながら番組を点けていて、たまたま振り返ったら女の人のオッパイが映っていたので、慌ててRGBの点々が見えるほどにTVに近寄った次第。
2chなどでもOZMAもNHKも叩かれてて、確かに家族で見ている人たちは、ギョッ!としたのだろうけど、ボク的には「おもしろい!」といった感想。
2曲目に鳥羽一郎の「兄弟船」が流れた時もニヤリとしたよ。
視聴率が最低だったかもしれんけど、エンターテイメントとしてデキはよかったと思うよ。
いつか見に行くぜ。



http://www3.nhk.or.jp/kouhaku/index.html
DJ OZMAのバックダンサーが裸と見間違いかねないボディスーツを 着用して出演した件について、NHKではこのような姿になるということは 放送まで知りませんでした。 衣装の最終チェックであるリハーサルでは放送のような衣装ではありませんでした。 今回の紅白のテーマにふさわしくないパフォーマンスだったと考えます。
視聴者の皆さまに不快な思いをおかけして誠に申し訳ないと考えております。





NHKスペシャル「ふるさとからのメッセージ」
1月1日 19:20~

地方の惨憺たる現状と再生事例のドキュメントで、コメンテーターの聖人的コメントが鼻についたけれど、友人のIさんと温めている構想のヒントが散在していてタメになった。
今年は構造から実施計画に移さんといかん。とりあえず群馬と福島に行って人に会わんといかんのぉ。



正月時代劇 「堀部安兵衛」
1月1日 21:00~

紅白のOZMAのエロさが問題になっている最中、この時代劇もなかなかエロいシーンが散在していてヘラヘラしてしまった。
なんで、そこでチュ~せんといかんのよ? そんなに長くやらんでよかろうもん! ってな感じでTV画面に突っ込みぱなしで、安兵衛役の小澤征悦の下膨れな顔に伊佐子(新妻聖子)が惚れる理由が分からん。とかケッコー入り込んだ。
中津川祐見(宇梶剛士)の豪快さもよかったし、勝村政信 (鳥羽又十郎)のクールさもよかった。
この手の時代劇は、師匠的存在の言葉に得るところあり。




青海チベット鉄道 ~世界の屋根2000キロをゆく~
1月2日 21:00~

NOVAのCMに出てくる「Can I help you?」程度しかしゃべれないものの、カナダには一人旅で半月以上滞在したことはある。
英語圏なので部分的には理解でき何とかなった。(モントリオールからケベック側はフランス語圏で地元の人との会話は成立せんかったけど)
中国にはいつか行かんと!と思いながら行かず仕舞。
中国語は見た目には漢字だけど、聞く分にはチンプンカンプン。いよいよ気が引ける。
昨今の反日ぶりを見て、To Do Listの優先事項からもどんどん順番が後ろにいっているものの、この番組を見てこの電車に乗りたくてしかたなくなった。
青海チベット鉄道は、青海省の西寧からチベット自治区のラサまでのおよそ2000キロをつなぐ鉄路。
高所を通るため客車に酸素供給の設備があるのも過酷で面白いし、街と街の間に何も無い世界が広がるあたりもいい。
ラサとはチベット語で、「聖地」の意味があり、ポタラ宮がある。
ラサの駅から宮殿まで五体投地したら危ないオッサンに見られるかしら?

4CHNLXAC0001.jpeg

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。