歩くの大好き!

Category : 九州を歩いた -福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.08[水] NHK福岡放送局 @福岡県福岡市









NHK福岡放送局の建物のカタチが面白いので、写真をパシャパシャ撮っていたら、警備員に声を掛けられました。
「何屋さんですか?」(「で」にアクセント)
“何屋?”
何屋と聞かれても、何と答えるのが正解?
とっさに出た答え「普通のオッサンですが…」
なんとも間抜けな答えでした。

しかし、敷地に入っても問題ないハズだが?と思って数時間後気がついた。
2月22日にNHK福岡放送局の玄関で、カセットこんろ用のガスボンベが爆発する事件も起きたばかりだったんだ。
ファッションも人相も怪しいからな、警戒されてもしょんなかですたい。






NHK福岡放送局


A-Ha - Summer Moved On

スポンサーサイト

2009.04.08[水] 福岡縣護國神社 @福岡県福岡市











十年ぶりぐらいに福岡縣護國神社にお参りしました。

日本各地行った先々で、なるべく護国神社にお参りするコトにしていますがそこそこ都会に配置されているので、静寂とした都会のオアシスになっています。
そして、護国神社は敷地デザインの妙でしょうか、どの神社も気持ちが引き締まります。







「祝いめでた」というお酒が見えます。
「祝いめでた」は博多っ子が「〆」に謡う唄です。
ボクも宴会の終わりには必ず唄っていました。









猫発見!



近付いても



視界に入っても

無視…

福岡縣護國神社



Ohm Guru - Please Please Please, Let Me Get What I Want

↑ The Smiths の曲がジャジーに

2009.03.30[月] 天神の自転車事情 @福岡県福岡市





1月に福岡に行った時、散々思い知ったのですが、天神周辺の自動車交通量は異常に多いんですよ。
路線バスなんか、わざわざ遠回りして、お金払って首都高速を通ったりするぐらい動かない。
バスの他に地下鉄もあるのですが、久々に天神界隈を歩いてみると、自転車がやたら増えていました。



大濠公園近くは、歩行者と自転車レーンが完全に分かれています。
これは安全。



自転車の放置は禁止です。







駐輪所が散在しています。


基本的に繁華街の自転車利用は反対だったんですよ。
池袋なんか特アなど残念な人たちの自転車がいっぱいで見苦しいし歩きにくい。
でも、最近考え方変わって、車道を一車線潰して自転車専用道路にすれば、自転車利用者はさらに増えて、逆に車は減って、『エコ』じゃん!? と考えるようになったんですよねぇ~


Shall We ダンス? - Trailer

以下その他町の光景。



福岡で地価が一番高い「天神コア」

天神コア



スパイラルエスカレーターが面白い「イムズ」

イムズ



西鉄福岡駅の上は、「三越」です。
簡単な話、「線路」の上なので、幅が無くて細長い

三越



紳士服の「フタタ」本店は黒くなっていました。



博多といえば「からし明太」
「ふくや」



「やまや」
その他「からし明太」さんたくさん有りますけど、高いよな?



ん?何か変だぞ!?



なんだかせっかくの開口部にプレハブ住宅が…



福岡市中央区役所前の時計です。
噴水が文字になっています。







福岡市中央区役所



福岡銀行です。
この建物ができた時、なんちゅー贅沢な空間や?と思ったけど、今のご時世に見ても贅沢。







福岡銀行本店



ホークスとは別にセミプロみたいな野球チームができていました。
バスケットチームもできてたり、福岡はスポーツが活発です。
(サッカーはアビスパ)





「めし丸くん」 福岡のごはんキャラです。

めし丸くん
めし丸くんの日記




ソフトバンクホークスのキャラ。

2009.03.22[日] 旧志免鉱業所竪坑櫓 @福岡県志免町









旧志免鉱業所竪坑櫓(きゅうしめこうぎょうしょたてこうやぐら)は地下430メートルからトロッコを巻き上げる機械を設置するために作られた建物とのこと。
即ち、トロッコを出したり入れたりしてたワケですな。

即興! 竪坑音頭

志免の竪坑櫓はぁ~~(河内屋菊水丸の声で)
とろ とろ トロッコうぉううぉうお~
出したり 入れたりしてたのよぉ~~~

出したり 入れたり~~
ズッコン バッコン(コーラス)
入れ~~たり~~~
あうっ! あうっ~!(色っぽいコーラスで)
出~し~たり~~
いや~ん いや~ん (大阪のオバちゃんの声で)

差したり 抜いたり~~
ズッコン バッコン(コーラス)
差した~~~り~~
あうっ! あうっ~!(色っぽいコーラスで)
抜いた~~り~~
抜かな~~いで~~ (大阪のオバちゃんの声で)



ボクが子供の頃は、単なる廃墟だったような記憶があるのですが(近くを通りがかった時見た)、すっかり公園化されてて、ライトアップもされるぐらい志免町の象徴的モニュメントと化していました。





経年劣化により、触れたりすると危険というコトでしょう。フェンスで囲まれています。どこか、高いトコから見たい!



お! 背の高い遊具発見!
子供やその親などが楽しそうに遊んでいる!
ボクは子供いないけど、地元じゃないし、勝手に登っちゃお!





なかなかいい眺めやね。

さて、登ったら降りなくては…



滑り台を降りたら、下で数人の親が待っていて、すごく居心地が悪かった。









遺産とな!?

旧志免鉱業所竪坑櫓が国の有形文化財に登録されます





炭坑は、往々にしてアレな人が集まるコトもあり、ウチの親に言わせると「志免は柄が悪い」というコトで、ヤンキー類が多く、親がヤンキー類ならば当然子供もヤンキー類で、ファッションがアレなのは確認しましたが、飲みに行ったりDEEPに入り込まなかったので、同和集落にあるような独特の空気は感じませんでした。(部分的に残っているみたいやけど見つけられなかった)



旧志免鉱業所竪坑櫓脇は、入浴施設も持つ「シーメイト」という総合施設があり、「町」なのにリッチだな。と思いました。



「斜坑」も公園内にあります。

廃墟フェチをジュンジュワーとさせるアイテムが揃っているのですが、どうもキレイに収まり過ぎて、グッチョリってトコまではいきませんでした。



旧志免鉱業所竪坑櫓


Freeze - I.O.U.

2009.03.11[水] 万日山 @熊本



現在、姜尚中(かんさんじゅん)著『在日』を読書中。

姜は「朝まで生テレビ」に出演しているが、「朝まで生テレビ」に出ている日本人よりもよっぽど冷静であり、自分の意見を他の連中に聞かせる不思議なオーラがある。
あの番組で、エキサイトした時の日本人の姿は朝鮮人と何ら変わりなく、朝鮮人である姜の方が日本人的でさえある。

さて、姜の文章は何しろ修飾語が多く、漢字が多いので、ボクのスペック的には集中して読まないと頭に入らない。
最初は美化された「在日」の姿に少々ムカつきながら読んでいたのであるが、読み進める内に、「在日」の視点による「在日」のポジションを理解するに至った。
まあ、しかし、在日のネガティブな面は取り上げられていないからなぁ… 片手落ちでは?(←アホが騒ぐ単語)



ボクは、今年の一月にJR熊本駅に行ったのだけど、駅裏にある山に建つ仏舎利塔が気になった。
あれ?この様式はどこの国のものだっけ?
その後追求せずにいたのだけど、『在日』を読んでいて、かつての姜がこの山にあった朝鮮人の集落に住んでいたことを知り、「万日山」という名称だと知った。
歴史的背景を知って、その土地を訪れるのも面白いけど、予め知っていた土地の歴史的背景を後から知ることも面白い。



読み物としては面白くも何ともないので、買ってまで読まなくていいと思う。
内容的には、次のURLに有るようなコトが一部書かれていた。
http://plaza.rakuten.co.jp/bluestone998/diary/200802040000/

また、Wikipediaの「コリア・タウン」の項に「万日山」が出ていた。
コリア・タウン(Wikipedia)

万日山

さて、全然話は変わる。
最近の町中の電車は7人掛けの車両が多いと思うけど、最初はフラットシートが多かったので、7人掛けに6人とか5人とかしか座れない場面が多々有った。
次に登場したのは、フラットシートの真ん中一人分だけ色違いにして、座る位置を認識させる方法が採られた。しかし、所詮はフラットシート。やはり7人全員座れない場面が多かった。
その次に登場したのは、3人分のトコロにポールを建てる方式。このポールは混雑した車内で立っている人にも便利だし、横柄に座りようがなく。結構効果的。
同時(?)に登場したのは、座面を凹ませる方法。このシートは凸の部分は座りにくいので、7人座らせることに効果的だ。
最後の2通りが7人掛けに7人キッチリ座らせる方法として限界かな?と思っていたけど、熊本を通るJRの車両はもっと極めていた。
これはいよいよ座以外で座りにくい。 全部独立している。







S.Y.P.H. - Zuruck zum Beton

↑ ドイツのテクノユニットと聞いたがよく分からん。 (http://www.syph.de/)
ホワイト・ライオット辺りのザ・クラッシュの音に似ている。

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。