歩くの大好き!

Category : 北関東を歩いた -茨城県・栃木県・群馬県

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.03[日] 蛍光グリーンの美しい水





蛍光グリーンの美しい水。
また中国クオリティか… と写真を眺めていて、昨年9月に行った水戸の千波公園を思い出した。
中国江蘇省南部に位置する無錫市の太湖水域は5月29日、深刻な汚染により、水道水から異臭を放ち、飲用できなくなったため、住民たちはスーパーのミネラル・ウォーターを争って買いあさった。情報筋によると、水道水の異臭発生は、気温の上昇および雨が降らなかったため、太湖の水位が急激に下降し、藻類の過剰繁殖がもたらされ、水道局の取水口が汚染されたからだという。この状況は数日間続くとみられる。

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/06/html/d68967.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000018-scn-cn





千波公園自体はきれいな公園なんだけど、その水質が…





取水関係がどうなっているのか知らないし、今は改善されてるのかもしれないけど、「これ何の冗談?」って思った。
早目早目に改善しないと、広域的にはこんな迷惑な国になるよな。


千波公園
スポンサーサイト

2006.09.11[月] 青春18きっぷ使い切りの旅

今年の夏も青春18きっぷを使った旅をした。
青春18きっぷが、5回ぶんで11,500円で、途中下車を細かくカウントしなくても、東京~岡山間の乗車券代が約1万円、岡山~北九州間の乗車券代が約7千円で、これが往復なので3万4千円は充分使っているので、モトは取っているのだけど、もう1回分残ってて、これが9月10日までしか使えない。
9日土曜日より10日日曜日の方が天気がよさそうだとは知っていたのだけど、10日は朝から地域活動に参加しなくてはいけない。
8日深夜3時に「よし。明日行こう。」と決めた。
目的地は、ある3点セットの残りの1箇所と決めた。


【1.町田駅】
町田駅

横浜駅
まず、自宅から小田急線に乗って、JRの乗車位置は町田駅にした。
横浜線に乗って、横浜駅に出た。
海側に出て駅を振り返ると、「慶祝 親王殿下ご誕生おめでとうございます」のバナー。
一百貨店などがこういったバナーを出すのは構わないのだけど、駅という公共の場がこういったバナーを出すことに噛み付く人や団体が居るだろうな、と想像した。 ボクは全然OKなんだけどね。

【2.横浜駅】
横浜駅

駅に戻り、湘南新宿ラインに乗りたかったのだけど、本数が少なくすぐに来ない。
ホームに停まっていた京浜東北線に乗った。
品川あたりから強烈な便意を覚え、括約筋の限界が近づいてきたので、東京駅で下車。
「用」を済ませ、ついでと言ってはナンだが駅から出て、皇居に向って「おぼっちゃんでよかったですね。」と念を送った。
東京駅
東京駅

【3.東京駅】
青春18きっぷの旅

中央郵便局
中央郵便局
郵政民営化の時などによくヤリダマに上げられた駅前の中央郵便局。
是非はともかく、壁に時計があるあたり歴史を感じる。
この時代の建築は、公に向って時間を教えてくれていたのだ。
今の建築で時計が付いている場合、カラクリ時計だったりして注意を引こうとする。
このくらいさりげないのが奥ゆかしい。

上野
上野駅
山手線で上野駅に出た。
ちょっと煙草を吸いたくなったので、駅の周囲で喫煙場所を探すべく歩いたら、結果、駅を半周したものの、明確な喫煙場所を見つけることができず、ついに吸わないまま駅に戻った。

上野公園
奥が上野動物園。

【4.上野駅】
上野駅

常磐線の特別快速なるモノに乗って北へ。
「Go West」という曲はあるけど、「Go North」というのはない。 「北」に憧れる人は少ないのかしら? …どうでもいいけど。
常磐線特別快速
乗った車輌の座席を見ると、脚が無かった。掃除がしやすそうだし、吹き溜まりもできないので、清潔感が高い。

東京から放射状に伸びる路線の中で、常磐線は、パンチパーマ率と飲酒率が高い。
場末のチンピラみたいなのがケッコー多い。
ボクの隣に座ったジィさんも手には缶酎ハイを持って、プンプン酒臭さを撒き散らしていた。
かつてボクも出張からの帰りで常磐線に乗る時は、普通電車に乗ってもなぜか缶ビールを飲んでいた。酒を飲みたくなる何かオーラがある。

土浦
土浦
土浦駅(茨城県)到着。
ここで昼食を取った。

【5.土浦駅】
土浦駅

牛舎
牛舎のある光景などを見ながら、さらに北上。

水戸
水戸
水戸
水戸
水戸
水戸駅に到着。 今回の目的地の最寄り駅。
コンサルに成り立ての頃の担当が水戸にある某公社だったので、当時よく通った。
水戸の役所関係は、山側に集中しているので、山側にしか下りたことがなかったのだが、今回の目的は海側にある。
立派なデッキができててビックリした。人が少ないこともあって、ただただ広く感じた。

【6.水戸駅】
水戸駅

某神社
今回の目的地については、また後日たぶん書くと思うけど、その目的地の隣にある某神社でも親王誕生を祝っていた。

車窓から
目的を果たすと、もう日が暮れかかっていて、水戸線に乗ったのはいいけど、車窓がつまらなくなってきた。
青春18きっぷの旅にとって、ウルトラCの技が“ムーンライトながら”で、確かに移動距離は稼げるのだけど、夜中に走るので道中がつまらない。
風景がつまらないので、隣のボックス席に座った女の子たちの会話をそれとなくアヴァンティーする。
「卒業旅行行くっぺ。」
「お金貯めっぺ。」
SMAPの中居くんが使う「っぺ」は、彼が育った地域から判断して嘘なのだが、彼女らが使う「っぺ」はホンモノだ。

【7.小山駅】
小山駅
小山駅(栃木県)で乗り換えがてら駅の外に出てみる。
一応、駅の両側を見てみたけど、新幹線が停まる駅でもあるのに、なんとなく整理されていない感じ。街づくりが大失敗しているんじゃないの? 再開発中かもしれないけど…

この辺りの女子高生にはTシャツが流行っているみたいで、グループとか友だち同士で同じデザインのTシャツを着ていた。

【8.大宮駅】
大宮駅
大宮駅(埼玉県)でどうしたものか?と思った。 新宿に向うのがいつもの帰り道なのだけど、今日は青春18きっぷの旅なので、できる限りJRに乗りたいのだ。
vodafoneの他にwillcomを持っているのだけど、こちらで契約している「駅すぱーと」はホント便利で、電車の中で路線図を見て、プランを立てられる。 八王子経由で帰ろうと決めた。
埼京線に乗った。

武蔵浦和
武蔵浦和
武蔵浦和駅で下りて夕食を取る。
入った店の注文を取った女の子の笑顔が素敵だった。
ボクが「黒い太陽」の立花(永井大)だったら、自分の店「レッドフェニックス」にスカウトする。あの笑顔は訓練してできるものではない。…などと妄想するのは楽しい。

【9.武蔵浦和駅】
武蔵浦和駅

武蔵野線に乗り換える。
この路線は、都内を通りたくない時に使う。
例え時間がかかろうと、人が少ない分、なんとなく気楽に移動できるのだ。

西国分寺駅で中央線に乗り換える。
この駅は馴れるか、よく案内を見ないとなかなか大変だ。
武蔵野線と中央線が立体交差してて、武蔵野線から中央線に乗り換える場合、ホームにある下りのエスカレーターに乗るのだが、手前のエスカレーターと先のそれとで、行き先は中央線の上りのホームか下りのそれか目的地が違う。
よく間違う人を見る。

【10.西国分寺駅】
西国分寺駅

八王子
八王子
八王子駅で下車した。 煙草が吸いたくなったのだ。
ちょっと駅周囲をウロチョロしたけど、上野と同様明確な喫煙場所を見つけられなかった。
コーヒーを飲む気分でもなかったので、喫茶店にも入らなかったので、吸わず仕舞いだったのだが、道行く人たちはみんな歩き煙草だった。 な~んだ。ガラの悪い糞の街の一つか。と思った。

【11.八王子駅】
八王子駅


八王子駅からは横浜線に乗って、朝乗った町田駅に戻って、見事、関東を大回りしたことになった。
行き当たりばったりのワリには上手くいったと思った。

2005.07.17[日] 宝川温泉で露出せよ

日光、中禅寺湖の後、宝川温泉に行った。

宝川温泉宝川温泉は、秘境とも呼べる群馬県利根郡水上町藤原にある。
チケットを購入して、脱衣所までのガラクタが並んだ雑然とした細道を下る。
よく見るとここに置かれた木の車輪や篭は売り物だったりする。
ちょっと狭い脱衣所で服を脱ぎ出るとそこは川沿いのかけ流し混浴温泉。
女性専用もあるのだが、混浴にも予想以上に女性が居る。更に予想以上に若い。
カップルが多いのだが、明るい昼間の野外で見る女性の裸体(タオル付き)を間近で見るというのは新鮮だった。
そして、唖然としたことがある。
普通のタオル(バスタオルではない)を腰に巻いただけの女性や何も巻かない女性もいたのだ。
いやいや、あっけらかんとしていて、おかしくなった。
男性でスッポンポンなのはたくさんいるけど、混浴で…
そいうえばスッポンポンの30代ぐらいの男性が、いろんな人が行き来する通り道でストレッチしていたのを見つけた時は噴き出してしまった。
露出し過ぎ!

2005.07.17[日] 日光東照宮の営業

vfsh0030.jpg仕事で知り合ったK氏とミステリーツアーへ。
K氏が自分の行きたい場所を全てプランし、連れて行ってくれるのだが、ボクは寸前まで知らないというか、聞かないのでミステリーツアーなのである。
朝の5時に車でやって来たK氏は、「東名に行く」と言った。
東名を経て首都高で日光に行くと聞いた。
日光は何年ぶりだろうか?と考えたが、行ってみると東照宮は記憶にないので初めて見た。
http://www.toshogu-koyoen.com/toshogu/

東照宮に入場するの為の拝観料がまず1300円かかる。
ここで躊躇する人が出る。
中に入っても数箇所のオプションがあって、それらを廻るならば、それぞれ数百円ずつの出費になるが、オプションを利用しないならば、この1300円だけで済む。
その豪華さと見て廻れる広さ、量は充分に1300円の価値がある。

しかしである。建物の装飾やお宝について、周期的にお坊さんが説明してくれて、その話を聞くと聞かないとでは、ありがたみが違うのだが、説明の最後に「営業」が行われる。
それぞれの建物の中で、お守り、線香、数珠など、「ここでしか手に入らない」というお決まり文句と共に販売される。
世界中の観光地で行われていることで、なんとはないコトなのだが、話に聞き入ってしまい、気が付けばいつも自分一人だけになってしまうボクにとっては、気を抜けない時間なのだ。




プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。