歩くの大好き!

Category : 南東北を歩いた -宮城県・山形県・福島県

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.26[月] 御三階 ◆会津若松







家全体が和室の家って怖かったんですよ。 暗いし、寒いし。
予期せぬ部屋が予期せぬ場所にあって、その意味が理解できなくって怖いんですよ。
必要とも思えない空間があったり…
一筋縄でない例が多くて、来訪者を迷わす為の仕掛けとしか思えない家も多いですよ。
未だに民宿などで家全体が和室の家に泊まると、夜中起きた時に、少し怖かったりします。
「怖い」って感じるコトは、ソコに見えないナニか有るんですよ。

御三階は、若松城(鶴ヶ城)の本丸にあったそうですが、阿弥陀寺の庭に移築されたそうです。
へそ曲がりのボクには、「観光対象の分散でしょ?」って思っちゃうんですよ。
外観は三階ですが、内部は四層ってあたり、一筋縄ではないですよ。





阿弥陀寺には新撰組斉藤一のお墓があります。

御三階
スポンサーサイト

2008.05.25[日] 若松城・鶴ヶ城・会津若松城 ◆会津若松



若松城は、落城理由が「糞尿がたまり、その不衛生さから。 by TBS」が正解だった城です。

今回の旅は、福岡から両親を呼び、東北大学で教鞭を執っているらしい弟を仙台から呼び、久々の家族旅行であったのですが、オヤジは「鶴ヶ城」と呼びます。

Wikipediaに拠ると…

若松城(わかまつじょう)は、福島県会津若松市追手町にある城である。観光名所として及び地元では一般的に鶴ヶ城(つるがじょう)といい、地元以外では会津若松城と呼ばれることも多い。文献史上では黒川城(くろかわじょう)、会津城とされることもある。国の史跡としての指定名称は、若松城跡(わかまつじょうあと)という。


…というコトで、よくある複数の呼称を持つ城です。
TBSの説を採用するならば、「糞まみれ城(Scatolo castle)」という名称も追加されるかもね。







城内南部に荒城の月碑があります。
「荒城の月」は改めて聞いてみると、昭和という「影」のある詩です。


小林 旭 - 荒城の月

春高楼の花の宴 巡る盃影さして
千代の松が枝分け出でし 昔の光今いづこ

秋陣営の霜の色 鳴きゆく雁の数見せて
植うる剣に照り沿ひし 昔の光今いづこ

今荒城の夜半の月 変わらぬ光誰がためぞ
垣に残るはただ葛 松に歌ふはただ嵐

天上影は変はらねど 栄枯は移る世の姿
映さんとてか今も尚 ああ荒城の夜半の月



荒城の月碑の裏の城壁に上がってみると、絶景ポイントでありました。











城内駐車場近くの水飲みです。 昭和な宇宙船のカタチです。



本丸前の水飲みです。 城壁です。 親子で飲むのでしょうか? 子供は水など飲みたがらないと思いますが…





若松城・鶴ヶ城・会津若松城

2008.05.21[水] 会津と言えば… 蕎麦 ◆会津若松



喜多方と言えば「ラーメン」。 会津と言えば「蕎麦」。
隣り合う市で、異なる麺で競争。
福岡なんか、博多と久留米はちょっと違うけど、同じ「とんこつラーメン」だし、博多と熊本もトッピングなど違うけど、同じ「とんこつラーメン」。 よく言えば「一本気」。悪く言えば「芸がない」。
ただ、博多ラーメンは新興ブランドを除けば、600円ぐらいなもんで、庶民の日常の味。
会津の蕎麦は、東京のそれと変わらないお値段で、上の写真のセットで2000円ぐらい。
確かにオカズ多いけど… 高いよ。
函館の海鮮丼が東京のそれと値段が変わらないがごとく、「現地」っていう「ありがたみ」が薄いよ。
しかもお酒も飲んじゃって散財…



ネットで評判の店を調べて行った店は、前回入った店と同じでした。 芸がない。
あいづ桐屋(http://www.kiriyasoba.co.jp/

桐屋夢見亭



もう一軒、評判も何も知らず、駅の近くの蕎麦屋にも入って、同じく天ぷら蕎麦 1000円ぐらいを頂きましたが、蕎麦はまあまあですが、天ぷらが… でした。



風味堂 - ナキムシのうた


風味堂 - 愛してる

2008.05.17[土] さざえ堂◆会津若松



「さざえ堂」はその姿を雑誌の白黒写真で知って、すごく惹かれていたのだけど、その場所まで覚えていなくて、2003年12月31日に初めて会津若松を訪れた際、意図せず辿り着いて興奮したのだけれど、当日携行していたメインのニコンは電池が切れ、予備に持っていたけど調子が悪くなっていた京セラのデジカメで撮影できただけだったので、ずっと未練が残っていました。
今回は、パナソニックの広角を持って行ったので、その姿をシッカリ収めるぞ。と意気込んでいました。





上が今回撮った写真で、下が5年前に撮った写真。
季節も違うけど、石碑が増えたりしている。



さざえ堂は、その螺旋形状がアヴァンギャルド。







400円の入場料を払って中に入ります。









最上階の天井。

木造なので、補修など大変でしょうが、こんな異質な建築物は末永く残して欲しいものです。






さざえ堂

2008.05.16[金] 如来堂(新撰組殉難の地)◆会津若松





土方歳三は会津を去り、残った斉藤一一行がこの如来堂に宿陣し、奇襲を受けたとのこと。

会津若松の観光地は駅の東側に集中しているし、このお堂は逆側で、駅から遠く、更に見つけづらいしで、よっぽどの新撰組ファンでないと、行かないような場所ですが、ボクは2003年の年末に会津若松の観光地を廻っているので、違うトコロに行きたかっただけなのです。

新撰組を題材に扱った小説はほとんど読んでいますが、こんなトコロで斉藤一に会おうとは…
ヒョウタンからコマでありました。
ヒョウパン(ヒョウ柄パンティー)からコンマでした。 (←セーフセーフ)







如来堂(新撰組殉難の地)

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。