歩くの大好き!

Category : 物欲

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.10[土] サイドビューサポートミラー

ホンダのステップワゴンが新しくなって、スタイリング以外の機能面で、何か新しいモノ無いのか?と見てみて、目にとまったのが「サイドビューサポートミラー」だ。
単純なのに画期的。

サイドビューサポートミラー

サイドビューサポートミラー

単なる反射鏡。
電気的テクノロジーを使ってない辺りが新鮮。

http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

スポンサーサイト

2009.09.18[金] Acer ASG7710-A41とASUS Eee Keyboard





PC関連グッズの中で今欲しいのは、Acer ASG7710-A41とASUS Eee Keyboard 。
エイサーの方はもう発売されているみたいだけど、アスースの方は近々発売されるみたい。



アスースはネットブックで一気に来たメーカーだけど、なんとも言いにくいブランド名だと思う。
アスースがもっとメジャーで、博多弁のメジャーなお笑い居れば(博多華丸・大吉?)、ロケット団のような笑いが取れると思うんだけどなぁ~
「あ~、すーすーする」を使って。


ロケット団

2009.08.20[木] Endeavor NP11-V

epsnp113.jpg

epsnp112.jpg

Endeavor NP11-V。
最近流行のネットブックのデスクトップ版でしょ。
ネットブックって用途の幅が限定されている気がして触手が伸びない。
でも、こうやって机の上に立てられると… ちょびっと欲しくなる。
でも、再度性能を考えると、用途の幅が限定されるよなぁ… ってコトで、やっぱり触手は伸びないのだけど…
XP搭載で2万6千8百円から
…だったら、ちょびっと欲しくなる。
…けど、買わない。

epsnp111.jpg


2009.07.10[金] リラックマのPC



オレはいらん!

http://lalabitmarket.channel.or.jp/site/feature/rilakkuma_pc.html

2009.06.17[水] OLYMPUS PEN



一般的なデジタル一眼レフカメラの撮像素子サイズは、面積比較で、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)の約14倍有り、この差が、階調など画質の差につながると思うんだけど(レンズ性能を無視)、その結果がカメラ本体サイズの差につながる。
一眼は大きく重いのでオレ的には気軽に持ち出す気にはならない。

オリンパスの E-410 が出た時、一般的な一眼と比べると本体は薄く、さらにパンケーキと呼ばれる薄いレンズと組み合わせると、女性にも気軽に持ち運べるというコトで、ケッコー好評だったと記憶している。
しかし、いくら薄いとはいえ、その外観は所詮アリガチな一眼スタイルなので、オレ的にあまりカッコイイとは思わなかった。

E-410+パンケーキ


携帯電話に入っている撮像素子やレンズの性能が高いハズないのだが(最近のカメラを売りにしている携帯を除く)、画質をあまり気にしないヒトもケッコー多いみたいで、観光地での記念撮影を携帯で済ませるヒトも多い。
さらにオレらの業界でも、現地調査の写真も携帯電話で済ませるヒトも居るぐらいのだが、撮影している光景として、携帯電話のカメラで撮影している姿というのが一番カッコ悪いと思う。
オレがモデルであったとすれば、携帯で撮られるよりは、一眼で撮られる方が嬉しい。
でも逆に一眼を持ち歩く姿は、なんとなく「がんばりすぎ」に見えたりもする。

キレイな写真も撮りたい。
かさばるモノは持ち歩きたくない。
モチモノとしてオシャレ。
…でありたいなぁ、と思っていたオレ的に、シグマとライカが選択肢として残るのだけど、シグマはカッコ悪いし、ライカは高い。
中身がパナソニックだったりするのに、ライカのバッチが付いているだけで、パナソニックの何倍もするモノに出費できるような余裕は無い。
って感じだったのよ。
そんな状況の中、オリンパスから発表されたのが「 OLYMPUS PEN 」ですよ。



普通の一眼に比べれば撮像素子は小さいし、そもそも「一眼」ではないので、撮像素子至上主義者からはクソ呼ばわりされるでしょうが、たぶん「 PEN 」を使うヒトから見れば、普通の一眼を持ち歩く様はオシャレでなく、無骨に見える時代になるハズですよ。



フラッシュの形状もノスタルジックで、なかなかよろしいのですが、ズイコーレンズの青いリングがスゴク気になる。
そこはズイコー色使わなくていいんじゃないの?

プロフィール

清明

  • Author:清明
  • プロの歩行者。
    ハイハイをやめてから現在に至るまで歩きっぱなし。
    「本業は何ですか?」と聞かれることが多い。
    答えは時期と気分で異なる。
    貧乏人でもできる“遊んで暮らす”ことを実践中。

ぶつぶつ…

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



全記事表示

Copyright © 清明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。